赤木仁ファイルTOPページ 赤木仁ショート・プロフィール webmagazine kimbou 赤木仁ファイル 山口由起子ファイルTOPページ
展覧会特別企画インタビュー:赤木仁がコシミハルさんに聞く動物に関する10の質問
原宿リトルモア地下で2009年8月22日(土)から
-赤木仁 展 「モンパルナスのリス」目で聴くコシミハルの音楽- が開催された。
画家赤木仁が 1987-2008、音楽家コシミハルさんのCDの為に描いた原画展示が
メインのこの展覧会、その動物モチーフについてのインタビューを展覧会を記念して公開します。
質問者:赤木仁 / 回答者:コシミハル{August 13, 2009 / 赤木仁がコシミハルさんに聞く10の質問)

zin AKAKI(question):
コシさんに依頼されて 色んな動物を描いてきました。
コシさんにとっての その動物とはどういうものなのかを
動物ごとに教えてください。

miharu KOSHI(answer):
実は動物のことは何にも知らないんです。
10年以上も前に動物園でカピパラの親子を見たのが最後で、
その後は図鑑で見るぐらい。
でも、いつの頃からか古いビッグバンドを思い浮かべながら
音楽を作るようになってから
演奏者が動物だったらどうかな?と思ったりして、
赤木さんに沢山動物を描いてもらうようになりました。
この前のアルバムでは中世の拷問器具と遊ぶリスを描いてもらいましたが、
どれも独特のユーモアと毒に溢れた可愛い絵でしたね。


昼間のうちは眠っているような振りをして、
草むらのウサギたちに狙いを定めている感じ・・
そのムードはかなり好きなタイプです?!

1)ネズミ

ネズミといえばミッキーマウス。
蒸気船ウィリーで口笛を吹く陽気なミッキーや
ストコフスキーと握手をするシルエットは今も永遠です。

2)クマ

ジャン・ヴィエネル作曲、ロベール・デスノス作詩「30の歌物語」に
「クマ」という曲があり、その超現実的な世界のクマにとても惹かれました。

3)イルカ

フランシス・プーランクがギヨーム・アポリネールの詩に曲をつけた
歌曲集「動物詩集」をコンサートで演奏したことがあるのですが、その中に「イルカ」   
という曲があって、それがとても好きでした。

イルカたちよ、貴方たちは海で遊ぶ
けれども海はいつも苦い
時にはわたしも喜びに輝くだろうか
人生はやはり残酷だ

4)ゾウ

これもまた小説のイメージがあります。
トーン・テレヘンの「誰も死なない」という小説の中にでてくるゾウです。

5)キリン

わたしの舞台には必ずファゴット奏者が出演していますが
キリンにファゴットを吹かせたのは赤木仁さんですね。
あの絵、ジュース飲んでるみたいでいいですね・・・・

6)フクロウ


昼間のうちに眠っているような振りをして、草むらのウサギたちに狙いを定めている感じ・・
そのムードはかなり好きなタイプです?!

7)シカ

「フルフル」という古いジャズのスタンダードやシャンソンを集め たアルバムを作った時に、
パイドパイパーズをイメージしてひとり でコーラスを重ねて作った時に架空のコーラスグループ、
レ・スール・ビッシュ(雌鹿姉妹)を描いてもらいましたね・・

8)ウサギ
 
見ているだけでも、触っても、着用しても、食べても美味しい!

9)ウマ


まさに西部劇・・
パカラン、パカラン、という映画の中で聴こえる蹄の音
あ?っ、あの音、映画の中にしかないあの音に妙に高揚するんです!

10)リス

あの小さな手で木の実を埋めている時の姿、かたち、全部好き!
以前「希望の泉」というアルバムで赤木さんに頼んだときに
「リス描くのは初めてなんですけど・・・」と言われたことを思い出しました。
あのリスは巨大で凄かったですね。




このインタビュー記事は赤木仁 展覧会 「モンパルナスのリス」目で聴くコシミハルの音楽という
2009年8月22日(Sat)から9月8日(Tue)に行われた展覧会を記念してBlogに2009年8月13日
から2010年10月迄公開されたものです。

コシミハル プロフィール :
作曲、作詞、編曲家。オリジナル作品の他、フランス近代音楽やシャンソン、ジャズのスタンダードを
取り上げた作品を発表。'97年よりバレエとダンスで綴られる舞台”Musique-hall"で演出、振り付けを
手掛け、独自のスタイルを確立。'03年ベルリン・ジャズフェスティバル招待作品として”Musique-hall"
を上演し好評を博す。「今宵マドンナ」で広告音楽競技大会作曲賞受賞。

許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.