お正月のために 小豆を煮る練習を本をみながらやっていました。
それから おしるこ作ってみたり 饅頭作ってみたり。

イロイロな本をみてると みんなマイ・ウェイ。
色々なチョイスする材料や方法があったりしますね。

うちは菓子商売だったので
まさか自分で小豆を煮たり 饅頭を作ってみることになるとは
あんまり考えたことなかったです。

ええっと 子どもの頃は
いつ 作ってたんだろ?あまり見た事無いのですが
まるでぐりとぐら。おおきなボールで 熱い小豆を練る。
ジュウ
ジュウ
と でかいヘラを使って 煉ってラストを迎えるのですが
あんこがはねるから危ない
と あまり近寄らせてもらえなかった。
最後 水分がなくなってきた時の
あんごが焼き付く様な音、あのジュウというあんこの音。なつかしい。

業務用の大きなばんじゅうに冷めて
表面固くなったあんこ。仕事場に行くとあれがあった。

ある日 近所の人が「最近 菓子を作っているけどわからないことが」
と 仕事場に遊びに来ました。
仕事で作っているのに まだ 他のマイ・あんこメソッドもあるのか?
そういうつっこみもありながら
何人かの老若男女達が「マイ あんこ」について語った一時。

小豆と言っても種類とか入れる糖分も違う訳ですよね。
そういう話をしていました。
グラニュー糖の人もいれば 黒糖とか水飴とかきび糖。その他イロイロ。

作ってみると 結構はまります。素人のおいしさ。
今時期 新豆の季節のようです。早く煮えて香りもいいようですよ。


p.s.NASA、有人月面探査再開とか 火星探査など 最近宇宙の話題を耳にする
のが多い気がします。「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」も公開中ですね。
(20180110)

( 無断転載禁止 )
山口由起子 プロフィール:
東京に生まれる。主に雑誌や本の装画、挿絵イラストなど。1993年、初個展。水族館やおかしの缶をイメージした魚のイラストレーションと共にシルクスクリーン版画も発表。Tシャツデザインは好評で、1994年にはピエブックス「Tシャツプリント&ロゴ」にTシャツが掲載される。Tシャツデザイン制作は多数。2000年画家・赤木仁とStudio Ris pa irka 結成。2002年ファッションブランド20471120デザイナーLICAとのコラボTシャツが話題に。同年には、Journal standardLUXの広告。注連野昌代さんとのコラボレーションTシャツやバンダナを販売。作品は夢の中にいるような静かな作品と言われ、現在に至る。

[web]:2005年より BreakTime系インスタレーションメディア・アートの一環としてwebmagazinekimbou:on line free paperをはじめる。
アートやおやつ情報、インタビュ-を進行中。
ウェッブマガジンきんぼう TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka