OeuvreSaison Exhibition Map | Livre | About | Zin Akaki | Yukiko Yamaguchi | Store | Itw(p)Itw(j) | Itw(o) |
フォーシーズンズホテル京都
[場所]:3階「ザ・ラウンジ&バー」[TEL]:075-541-8288(代表)
[営業時間]:12:00〜15:00(ラストオーダー14:30)15:00〜18:00(ラストオーダー17:30)

[期間限定]:3月16日(土)〜4月14日(日)
[料金]:お一人様  5,300円 、シャンパン付 お一人様  6,800円
表示料金にサービス料15%、消費税8%を別途申し受けます。
[メニュー]:
◇スイーツ5種 さくらパンドジェーヌ、さくらバターサンド、さくらロールケーキ、ラズベリータルト、チェリーマカロン
◇セイボリー4種 桜海老と筍のキッシュ、グリーンピースの冷製スープ、ターキーハムとブリアサヴァランのラップサンド、ミニサクラバーガー
◇スコーン2種 さくらスコーン、バニラスコーン、ホームメイドジャムとクロテッドクリーム
◇ドリンク ドイツ・ロンネフェルト社のプレミアムティー18種類と最高級茶葉「ティースター・コレクション」4種、フォーシーズンズホテル京都ハウスブレンド、エスプレッソ、カフェラテ、カプチーノに加え、ヴァローナ社のチョコレートのみを贅沢に使用したザ・ラウンジ&バーの冬の人気メニュー、ホットチョコレート2種もご用意しました。力強くエレガントな苦さを持つグアナラ70%とミルクとバニラの繊細な香りを持つイボワール35%のマリアージュをお楽しみいただける。「クラシック」、グアナラ 70%と 6種のスパイスを使用した「スパイス」からお選びいただけます。合計28種類のお好きなドリンクをお好きなだけお楽しみください。
フォーシーズンズホテル京都
[場所]:3階「ザ・ラウンジ&バー」[TEL]:075-541-8288(代表)

[期間限定]:3月16日(土)〜4月14日(日)
[メニュー]:
◇さくらマドレーヌ(3ピースセット)900円
◇さくらガレット(3ピースセット)900円 さくらペースト、発酵バター、さくらの塩漬けを使用した焼き菓子です。
◇さくらパウンドケーキ 2,000円 さくらペーストとかのこ豆、春の食材をふんだんに楽しめる一品です。
◇ケーキ各種800円



フォーシーズンズホテル京都について
フォーシーズンズホテル京都は、平家物語にも記され、800年の歴史を紡ぐ名庭「積翠園」が佇む東山の麓に2016年10月15日にオープンしました。ホテルの正面玄関は、約100mの竹林のアプローチからはじまり、ロビーに到着すると、目の前には大きな窓に積翠園の美しい緑が拡がります。

この庭園を囲むように並ぶホテル館内は、ハーシュ・ベドナー・アソシエーツがデザインを担当する123の客室とスイート、57のホテルレジデンスを有し、ゆとりあるスペースを確保。スタイリッシュでありながらも和のエッセンスを秘めた空間が安らぎのひとときを与えてくれます。また、フランス料理をベースとしたモダンキュイジーヌをお楽しみいただけるレストラン「ブラッスリー」、江戸前鮨を提供する「鮨 和魂」、淹れたてのハンドドリップコーヒーやホテル特製のペストリー、スイーツ、夜はオリジナルカクテルが味わえる「ザ・ラウンジ&バー」をご用意しております。庭園の対岸にある数寄屋づくりの茶室「積翠亭」では、日中は抹茶などを使用したスイーツ、夕暮れ時からはライトアップされた庭園を目前に日本酒やシャンパンをお楽しみいただけます。さらにはリゾート気分を満喫できるプールやフィットネス、スパも完備。自然光が差し込むチャペル、そして最大360名の宴会を開催することができるボールルームなどの宴会場施設は、婚礼から会議、各種レセプションまで、用途に応じてご利用いただけるスタイリッシュな空間です。
[関連URL]:www.fourseasons.com/jp/kyoto/94 ※詳細はHPまで※
今月話題のお菓子は? 今月の季節のお菓子は? 今月の展覧会情報は? 連載中「あたまいっぱいの鹿のはなし」









ウェッブマガジンきんぼう TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.