2017.10.10 号 について(Japanese and English)
今月の職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・焼きたてチーズタルト専門店PABLO「PABLO mini−モンブラン」
[期間限定] :10月31日(火)まで
サクサクのタルトにチーズ生地を流し込み、ほんのり焼き上げました。チーズタルトの上から濃厚で風味豊かなイタリア栗を使用したマロンクリームをたっぷりと絞り、パウダーシュガーを重ねました。口どけがよく上品な香りの渋皮栗モンブランクリームと、とろけるような味わいのチーズタルトが織りなすコンビネーションが抜群の美味しさです。

・LOUNGE PLUS_大阪マリオット都ホテル 「アシェット マロン アヴェック レ テ ヴェール」
[期間限定] :11月30日(木) まで
マロンクリームが絞りたてモンブラン"ヴェルミセル"と、栗のハチミツを使用したアイス、イタリア産のマローニのコンフィ、個性際立つ3種のマロンを満喫できるプレート「アシェット マロン」。それと、丁寧に点てた抹茶とのマリアージュが愉しめるセット「アシェット マロン アヴェック レ テ ヴェール」をご用意します。この時期にしか味わえない贅沢をご堪能ください!

・パティスリーSATSUKI_ホテルニューオータニ大阪「スーパーモンブラン」
[期間限定] :9月1日(金)−2018年1月31日(水)
和栗本来の美味しさを最大限に感じていただくために、一層一層にこだわりをもち、口に入れた時に、栗本来のほっこりとした味を存分に感じていただけるよう、今年の『スーパーモンブラン』が完成しました。主役のマロンペーストには兵庫県産種をはじめ、その時期もっとも美味しい和栗を厳選し、和栗の自然な甘さを活かすため生クリームは最小限に抑えています。きっとスイーツファンを魅了することでしょう。


・資生堂パーラー「秋のチーズケーキ(マロン)」
[数量限定] :限定数量に達し次第、販売終了いたします。
芳醇でまろやかな味わいのマロンペーストを加えた北海道産小麦粉使用のビスキュイ生地で、渋皮マロンソースを合わせたデンマーク産の濃厚なクリームチーズを包み込んで焼き上げました。焼栗のように"こんがり・ほっくり・香ばしい"贅沢な秋のチーズケーキです。

・ニューヨークラウンジ_ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ
「栗とさつまいものクレームブリュレパンケーキ」
[期間限定] :10月1日(日)−11月30日(木)
クレームブリュレと塩キャラメルアイスをのせ、さつまいものチップスをはさみ、食感も風味も豊かなパンケーキに仕上げました。 上品な甘さの和栗と、食物繊維とビタミンCが豊富な鳴門金時を贅沢にあしらい、キャラメルソースで全体をまとめました。 秋の味覚をたっぷりと詰め込んだできたてのパンケーキを提供いたします。

・和光アネックス2階 ティーサロン「マロンパフェ」
[期間限定] :10月1日(日)−12月末
まろやかな甘みの黄栗と渋川栗のクリームを贅沢に使用。2種類の栗をメインに、アイスクリームや香ばしいサブレ生地、栗と相性の良いコーヒーゼリーなどを重ねました。


今月のおすすめの「季節のスイーツ」情報は
・パティスリーキハチ「クリスマスショート」
[ご予約期間] :10月1日(日)-12月18日(月)
苺の鮮やかな赤が美しいクリスマスショート。旬の甘い苺を、口どけのよい生クリームとしっとりきめ細やかなスポンジでサンドしています。シンプルだからこそ、基本素材と製法にしっかりこだわり、丁寧に作り上げました。家族で楽しむ、たっぷりといちごを使ったクリスマスショートケーキです。

・パティスリーキハチ「プレシャスクリスマス」
[ご予約期間] :10月1日(日)-12月18日(月)
「プレシャスクリスマス」は、2017パティスリーキハチのクリスマススペシャルケーキ。ふたを開けると、キラキラと輝く苺とブルーベリー、ラズベリーがぎっしり敷き詰められ、生クリームとしっとりとした生地のショートケーキが現れます。BOXはホワイトチョコで作りました。他「モンブラン・オ・マロン」は、栗とブロンドチョコレートを組み合わせた大人のためのモンブラン。「ベリーエタンセル」は、華やかな赤がクリスマス気分を盛り上げるベリーのケーキ。クリスマススイーツで素晴らしいひとときになりますように。

・パティスリーキハチ「ブッシュドノエル」
[ご予約期間] :10月1日(日)-12月18日(月)
2017年パティスリーキハチのクリスマスのテーマは、"Winter Wonderful Land"。大人のクリスマスケーキ「ブッシュドノエル」は、伝統的なクリスマスケーキ"ブッシュドノエル"をモダンにアレンジしました。ナッツ入りのプラリネガナッシュが食感のアクセント。「ピスターシュロワ」は、グリーンとレッドのクリスマスカラーが美しいピスタチオのケーキ。「ショコラショコラ」は、クリスマスらしい、華やかでリッチなチョコレートケーキ。

・Pastry Boutique "ORIGAMI"_ザ・キャピトルホテル 東急「ルージュノエル」
[ご予約期間] :10月1日(日)−12月23日(土・祝)
ビビットな色合いにこだわった、苺とホワイトチョコレートで作るムースケーキです。トップには苺とフランボワーズをまるでジュエリーであるかのように、きらびやかに飾り付けました。爽やかな口当たりのライムクリームをアクセントに、2〜3名さまで召しあがっていただける小さなサイズでご用意いたします。

・Pastry Boutique "ORIGAMI"_ザ・キャピトルホテル 東急「ノエルショコラ」
[ご予約期間] :10月1日(日)−12月23日(土・祝)
艶やかな輝きが美しく、グランマニエの香りがほのかに広がる大人のケーキです。一般的にコーヒーフレーバーで作られるクラシカルなケーキを、今回はシェフの遊び心で紅茶フレーバーにアレンジしてご用意いたします。ほろ苦いチョコレートのガナッシュと香り豊かな紅茶クリーム、紅茶シロップをしみ込ませたアーモンド生地から成る絶妙なハーモニーをお楽しみください。

・赤坂スクエアダイニング ケーキショップ_赤坂エクセルホテル東急
「クリスマスケーキ "あまおうフレジェ"」
[ご予約期間] :12月15日(金)まで
高級イチゴ「あまおう」を贅沢に使った『あまおうフレジェ』。「濃厚なクリームながら、軽い口当たりで美味しい!」と大変好評で、毎年完売の人気を誇ります。売り切れでお求めいただけない方も出てしまうため、昨年よりさらに個数を増やしてご用意いたします。

・ザ マンダリン オリエンタル グルメショップ_マンダリン オリエンタル 東京
「オレンジとチョコレートのブッシュ ド ノエル」
[予約受付] :11月1日(水)より
冬の森の中に佇む白樺をスタイリッシュに表現。ベルギー産65%ビターチョコレートに自家製オレンジマーマレードを使用したチョコレートクリームでしっとりとしたココアスポンジを包み、バターの香るクッキー生地と合わせたプレミアムロールケーキです。

・パティセリー「FILOU」_ヒルトン東京「ラブ・ストーリー」
[ご予約受付] :11月1日(水)−12月20日(水)
まるで宝石をプレゼントされたかのようなロマンチックなクリスマスケーキ。アーモンドスポンジとクッキー生地のベースにライムをきかせたミントとホワイトチョコレートのムース、アクセントにラズベリーガナッシュを忍ばせました。ホワイトパールチョコときらりと光る銀箔のアレンジが、新しいラブ・ストーリーの始まりを予感させます。

・パティセリー「FILOU」_ヒルトン東京「ポッシュ・ストロベリーショート」
[ご予約受付] :11月1日(水)−12月20日(水)
ふんわりとした食感のスポンジに、ミルキーなホイップクリーム、その上には大粒の苺が艶やかにトッピングされた定番ショートケーキ。ケーキをカットすると、パリッとした歯触りのチョコレートがスライス苺と一緒に層になり、ドット柄のチョコレートと相まって少し気どったストロベリーショートケーキに仕上がっています。

・パティセリー「FILOU」_ヒルトン東京「アルチザン・ログケーキ」
[ご予約受付] :11月1日(水)−12月20日(水)
鮮やかなオレンジ色に、ボタンのような可愛らしいトッピングがユニークなミニ・ログケーキ。濃厚なマロンのババロアに、柑橘系のジュレとクリームを合わせ、ベースにはサクサクとした食感のプラリネフィアンティーヌを配しました。味のバランス、色合い共に職人技が光るクリスマスケーキです。

・ペストリー& ベーカリーGGCo._東京マリオットホテル
「マリオットクリスマス ショートケーキ」
[ご予約期間] :10月1日(日)−12月17日(日)
真っ白なシャンティクリームは、低脂肪かつ甘さ控えめのさっぱりとした味わいで、まるで新雪のように口の中でフワッと溶ける食感が印象的です。ふんだんにあしらわれたストロベリー、ブルーベリー、ラズベリー、ブラックベリーなど甘酸っぱく濃厚なベリーの香りをお楽しみいただける一品です。

・ペストリー& ベーカリーGGCo._東京マリオットホテル「シトラスフロマージュ」
[ご予約期間] :10月1日(日)−12月17日(日)
シンプルモダンなシェイプにリップをあしらった大人の一品は、ガルヴァーニ社のマスカルポーネを贅沢に使用したレアチーズケーキ。オレンジのジュレ、レモンと蜂蜜のクレーム、レモンのコンフィチュール、ダック ワーズとアーモンドクランブルの層に仕上げ、様々な食感をお楽しみいただけます。

・ザ・ショップ N.Y.ラウンジブティック_ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ「クリスマスショートケーキ」
[予約受付] :10月1日(日)から
軽やかな味わいで最もポピュラーな「クリスマスショートケーキ」は、カップルからファミリーまで様々なシーンでお召し上がりいただけるよう3サイズでご用意しました。

・ザ・ショップ N.Y.ラウンジブティック_ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ「ショコラフランボワーズ」
[予約受付] :10月1日(日)から
ラズベリーのチョコレートクリーム、口どけのよいチョコレートムース、さらにチョコレートのサブレを合わせた、チョコレート尽くしの一品です。

・ザ・ショップ N.Y.ラウンジブティック_ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ「チョコレートボール」
[予約受付] :10月1日(日)から
チョコレートでできたボールの中にはアマンドショコラが入っています。

・trattoria sette pastry Boutique_ハイアット リージェンシー 京都「京都ストロベリークリスマス」
[ご予約期間] :11月 1日(水)?12月20日(水)
毎年人気のストロベリーショートケーキ。京都みずほファームの新鮮な卵を使ったスポンジに、京都渋谷農園のフレッシュな苺(紅ほっぺ)と苺のソースを閉じ込め、なめらかな九州産ホイップクリームで仕上げました。

・trattoria sette pastry Boutique_ハイアット リージェンシー 京都「胡桃ショコラ」
[ご予約期間] :11月 1日(水)−12月20日(水)
ホテル自家製胡桃のプラリネクリームと胡桃のダックワーズ生地に、メキシコ産カカオガナッシュのスモーキーな香りを加え、フィヤンティーヌとカカオ豆で豊かな食感に。グラサージュでコーティングし、キャラメリゼしたナッツやチョコレートで飾り付けた大人のケーキです。


今月の展覧会・イベント情報は
・あべのハルカス美術館「大英博物館 国際共同プロジェクト 北斎−富士を超えて−」
[会期]: 10月6日(金)−11月19日(日)
稀代の浮世絵師・葛飾北斎。本展は、日本と英国の第一線の浮世絵研究者が、北斎の70年に及ぶ画業のうち晩年の30年に焦点を当てた企画展。世界中から集めた肉筆画約60点を中心に、約200点を展示。70歳を過ぎて代表作《冨嶽三十六景》を完成させ、80歳を過ぎて小布施を訪れ「濤図」を生み出す。90歳で亡くなるまで、神の領域に至るべく描き続けた画狂老人・北斎の人となりに迫ります。

・横浜美術館、横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜市開港記念会館 地下 ほか
「ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」
[会期]:11月5日(日)まで
現代アートの国際展、ヨコハマトリエンナーレ2017のタイトル[島][星座][ガラパゴス]は、接続や孤立、想像力や創造力、独自性や多様性などを表すキーワードです。今年の「島と星座とガラパゴス」で(トル)は、「接続」と「孤立」をテーマに、相反する価値観が複雑に絡み合う世界の状況について考えます。38組のアーティスト+1プロジェクトが参加し、その多くが複数作品を展示することで、小さな個展群が緩やかにつながり、星座あるいは多島海を形作るように展覧会を構成します。

・東京都美術館「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」
[会期]:10月24日(火) - 2018年1月8日(月・祝)
フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)は、パリ時代とアルル時代前半に、浮世絵や日本に関する文献を集め、日本に高い関心を寄せていました。一方で、ファン・ゴッホの死後、日本の芸術家や知識人がこの画家に憧れ、墓のあるフランスのオーヴェールを巡礼したことが明らかになりました。本展は、ファン・ゴッホの油彩画やデッサン、関連資料などを通して、ファン・ゴッホと日本の相互関係を探り、その新たな魅力を紹介します。

・水戸芸術館現代美術ギャラリー
「デイヴィッド・シュリグリー「ルーズ・ユア・マインド−ようこそダークなせかいへ」

[会期]:10月14日(土)− 2018年1月21日(日)
デイヴィッド・シュリグリーによる日本初の大規模個展。「Lose Your Mind(ルーズ・ユア・マインド)」という本展のタイトルは、「気が狂う」などを意味し、シュリグリー作品に通底する独特のユーモアが現れているといえるでしょう。ブリティッシュ・カウンシルとのパートナーシップにより開催する本展では、人気の高いドローイングを圧倒的なボリュームで展示するほか、思わず笑いがこぼれるアニメーション映像から、剥製の彫刻、芸術を揶揄するコンセプチュアルな作品まで、シュリグリーの多様な活動を国内で初めて包括的に紹介します。

・パナソニック 汐留ミュージアム「表現への情熱 カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」
[会期]:10月17日(火)−12月20日(水)
抽象絵画の創始者ヴァシリー・カンディンスキー(1866-1944)と、20世紀フランス最大の宗教画家ジョルジュ・ルオー(1871-1958)。本展は、色とかたちを軸として、カンディンスキーを中心とするドイツ表現主義とルオーが共鳴するさまを探る初の試みです。本展には、国内有数のカンディンスキーやクレー、ドイツ表現主義絵画のコレクションを誇る宮城県美術館の作品を中心に、パリのルオー財団や国内の美術館などから、油彩画を中心に水彩画、版画、デッサン、書籍など、貴重な作品約130点が出品されます。

・森美術館「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」
[会期]:11月18日(土)−2018年4月1日(日)
レアンドロ・エルリッヒは、国際的に活躍するアルゼンチン出身の現代アーティストで、日本では金沢21世紀美術館に恒久設置された《スイミング・プール》の作家としても知られています。大型のインスタレーションから映像まで、エルリッヒの作品は視覚的な錯覚や音の効果を用いて、わたしたちの常識に揺さぶりをかけます。本展は、エルリッヒの活動の全容を紹介する、世界でも過去最大規模の個展です。

・森美術館「レアンドロ・エルリッヒ展」同時開催プログラム
「MAMコレクション006:物質と境界
ハンディウィルマン・サプトラ+千葉正也」
[会期]:11月18日(土)−2018年4月1日(日)
ハンディウィルマンは「物質」に関心を抱き、彫刻を中心に様々な手法、素材を用いた作品を発表しています。千葉は自作の人形などを含めた不可思議な環境を実際に構築し、絵画のモチーフとする手法で知られています。それぞれの持つ物質、素材、環境、境界に対する視線や態度の違いと共通点に着目します。

・森美術館「レアンドロ・エルリッヒ展」同時開催プログラム
「MAMプロジェクト024:デイン・ミッチェル」
[会期]:11月18日(土)−2018年4月1日(日)
デイン・ミッチェル(1976年生まれ)は、不可視の世界のエネルギーや力学について、芸術的、科学的、歴史的な観点からリサーチをするアーティストです。本展では、日本の伝統的な香の世界から香料の最新技術まで多角的なリサーチを経て、視覚的経験につながる目と不可視の領域へ導く鼻との関係を詩的に探ります。眼球の虹彩、アヤメ属の植物、ギリシャ神話では虹などを意味する「アイリス」という言葉がキーワードとなっています。

・森美術館「レアンドロ・エルリッヒ展」同時開催プログラム
「MAMプロジェクト007:山本 篤」
[会期]:11月18日(土)−2018年4月1日(日)
山本篤(1980年生まれ)は、ドキュメンタリー作品からフィクションや実験的なコントのような作品まで、これまで174本にのぼる映像作品を制作してきました。本展では、初期の短編作品と近年の長編作品を合わせた上映プログラムを組みました。山本は作品制作を通じて目の前の現実に向き合おうとしているといえ、その実直な姿は多くの共感を促すでしょう

・三菱一号館美術館「パリ・グラフィック −ロートレックと アートになった版画・ポスター展」
[会期]:10月18日(水)−2018年1月8日(月・祝)
19世紀末のパリ、版画は新たな芸術表現を切り柘く重要なメディアとなりました。世紀末パリにおいて、「グラフィック・アート」はまさに生活と芸術の結節点であり、だからこそ前衛芸術家たちの最も実験的な精神が発揮された、時代を映すメディアであったと言えるでしょう。本展はこうした19世紀末パリにおける版画の多様な広がりを検証するものです。当館およびアムステルダム、ファン・ゴッホ美術館の貴重な19世紀末版画コレクションから、リトグラフ・ポスター等を中心に、油彩・挿絵本等を加えた計約140点を展覧します。

・静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画〜日本が愛した中国絵画の名品たち〜」
[会期]:10月28日(土)−12月17日(日)
深遠な山水から愛らしい猫まで多様な様相をみせる中国・明清時代(1368~1912)の絵画は、江戸時代以降の日本でも多くの画家たちの憧れの的でした。静嘉堂の明清絵画コレクションは、質量ともに国内有数のコレクションとして知られていますが、本展ではその中から、日本の画家に多大な影響を与えた沈南蘋(しんなんびん)の代表作をはじめ、日本が愛した中国絵画の名品を精選し展示いたします。

以上 
ご紹介させていただきます。
くわしくは webmagazine kimbou HOMEページヘ いこう!


About our articles of this Month, October, 2017:
[Exhibition] Informations:
・Joint international project with the British Museum
Venue: ABENO HARUKAS Art Museum
Period : October 6 (Friday), 2017 to November 19 (Sunday), 2017

・Yokohama Triennale 2017 "Islands, Constellations & Galapagos"
Venue: Yokohama Museum of Art, Yokohama Red Brick Warehouse No.1, Yokohama Port Opening Memorial Hall etc
Period : Under holding to Sunday, November 5, 2017

・Van Gogh & Japan
Venue: TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM
Period: October 24 (Tue), 2017 to January 8 (Mon-holiday), 2018

・David Shrigley: Lose Your Mind
Venue: Contemporary Art Gallery, Art Tower Mito
Period: October 14, 2017, to January 21, 2018

・Painters of Passion: Adventures in Color by Kandinsky, Rouault, and Their Contemporaries
Venue: Panasonic Shiodome Museum
Period: Oct .17 to Dec. 20, 2017

・Leandro Erlich: Seeing and Believingl
Venue: MORI ART MUSEUM
Period: November 18 (Sat) to April 1, 2018 (Sun)

・MAM COLLECTION 006: MATERIALS AND BOUNDARIES -
HANDIWIRMAN SAPUTRA + CHIBA MASAYA
Venue: MORI ART MUSEUM
Period: November 18 (Sat) to April 1, 2018 (Sun)

・MAM PROJECT 024: DANE MITCHELL
Venue: MORI ART MUSEUM
Period: November 18 (Sat) to April 1, 2018 (Sun)

・MAM SCREEN 007: YAMAMOTO ATSUSHI
Venue: MORI ART MUSEUM
Period: November 18 (Sat) to April 1, 2018 (Sun)

・Prints in Paris 1900: From Elite to the Street
Venue: MITSUBISHI ICHIGOKAN MUSEUM
Period: October 18 (Wed) to January 8 (Mon-holiday), 2018

・Admiration For the Ming-Qing Paintings:
Masterpieces of chinese Painting Treasured by Japanese Artists
Venue: SEIKADO BUNKO ART MUSEUM
Period: October 28(Sat) to December 17 (Sun), 2017


[WORK'S]:
Informations:
・Patisserie SATSUKI_Hotel New Otani Osaka_Super Mont Blanc
・LOUNGE PLUS_OSAKA MARRIOTT MIYAKO HOTEL_Assiette Marron avec le the vert
・PABLO_PABLO mini−Mont Blanc
・SHISEIDO PARLOUR_Autumn's cheesecake(Marron)
・New York Lounge by InterContinental Tokyo Bay_InterContinental Tokyo Bay_Creme brulee Pancake topped with Sweet potato and Chestnut
・WAKO ANNEX Tea salon_Maroon parfait


[WORK'S]:
Seasonal sweets Informations:
・Patisserie KIHACHI_Christmas short
・Patisserie KIHACHI_Precious Christmas
・Patisserie KIHACHI_Buche de Noel
・Pastry Boutique "ORIGAMI" _THE CAPITOL HOTEL TOKYU_Rouge Noel
・Pastry Boutique "ORIGAMI" _THE CAPITOL HOTEL TOKYU_Noel Chocolat
・Akasaka Square Dining Cake shop _Akasaka Excel Hotel Tokyu_Christmas cake "Amaou fraisier"
・The Mandarin Oriental Gourmet Shop_MANDARIN ORIENTAL TOKYO_Buche de Noel au chocolat et a l'orange
・Patisserie FILOU_Hilton Tokyo_Love story
・Patisserie FILOU_Hilton Tokyo_Posh Strawberry Short
・Patisserie FILOU_Hilton Tokyo_Artisan log cake
・Pastry & Bakery GGCo._TOKYO MARRIOTT HOTEL_Marriott Christmas Shortcake
・Pastry & Bakery GGCo._TOKYO MARRIOTT HOTEL_Citrus fromage
・The SHOP N.Y.LOUNGE BOUTIQUE_InterContinental Tokyo Bay_Christmas Shortcake
・The SHOP N.Y.LOUNGE BOUTIQUE_InterContinental Tokyo Bay_Chocolat flambooise
・The SHOP N.Y.LOUNGE BOUTIQUE_InterContinental Tokyo Bay_Chocolate ball
・trattoria sette pastry Boutique_HYATT REGENCY KYOTO_Kyoto Strawberry Christmas
・trattoria sette pastry Boutique_HYATT REGENCY KYOTO_Walnut chocolat
............................................................................................etc
Go to webmagazine kimbou:on line free paper !
TOP URL: rispairka.chu.jp/shopindex.html


TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka