2017.02.10 号 について(Japanese and English)
今月のおすすめの「バレンタイン・スイーツ」情報は
ベージュ アラン・デュカス 東京 「バレンタイン特別デザート "マ・デクララシオン"」
[期間限定] :2月10日(金)-12日(日)
「ベージュ アラン・デュカス 東京」では、2017年バレンタインのための特別メニューをご用意。ランチ、ディナーとも、コースには限定デザートが含まれます。シェフパティシエ、シルヴァン・コンスタンによる今年のバレンタインデザートは、チョコレートにグリオット・チェリーを合わせたハート形の一台。「デクララシオン」はフランス語で「告白」を意味します。さらにおみやげには、お一人様ひと箱ずつチョコレート・マカロンをご用意しています。

・Bubbles Bar_ストリングスホテル東京インターコンチネンタル「バブルズナイト」
[期間限定] :2月12日(日)、13日(月)、14日(火)
ストリングスホテル東京インターコンチネンタルの「バブルズバーィ」では、シャンパーニュとスイーツブッフェがお楽しみいただける『バブルズナイト』を2月12日(日)−14日(火)の3日間限定で開催いたします。厳選されたカカオ豆を使用したチョコレートスイーツ、その他パティシエ特製スイーツ全10種類を、ルイ・ロデレールのシャンパーニュやオリジナルカクテルとともにご提供いたします。チョコレートだけでは飽きてしまった方、バレンタインデーは友人や恋人と一緒にワイワイ楽しみたいという方は、ぜひ『バブルズナイト』へお立ち寄りください。

・ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー_ANAインターコンチネンタルホテル東京
「バレンタイン・チョコレートボックス」
[期間限定] :2 月1 日(水)-2 月14 日(火)
今年バレンタイン・チョコレートのテーマは「甘い香りのメッセージ」。使用素材の甘い芳香が明確に異なる6種類または12種類の芳醇で奥深い風味のチョコレートを取り揃えます。ビターなカカオを使用した口どけのよいガナッシュに甘酸っぱいカシスが香る「カシス・ルージュ」や、ミルクチョコレートに爽やかなオレンジとシナモンの絶妙な香りのハーモニーが楽しめる「シナモン・オレンジ」、ナッツのプラリネとカカオの両方のアロマが最大限に生かされた香ばしい「ロシェレ」のほか、12個入りには、ビターチョコレートに甘い栗のペーストを混ぜ合わせ、ラム酒で香り付けした大人の味わい「アルデショワ」など、すべてが異なる味わいを詰め合わせにしました。口に含んだ瞬間に驚き、味わうごとに感動が深まる「ピエール・ガニェール」のショコラの世界を恋人や大切な方へおとどけください。

・ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー_ANAインターコンチネンタルホテル東京
「クール・ショコラ(プチガトー)」
[期間限定] :2 月1 日(水)−2 月14 日(火)
世界9ヶ国に13のレストランを展開する3ツ星シェフ「ピエール・ガニェール」がプロデュースするパティスリー「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」にて、大切な人へ、甘い香りと真っ赤なハートがメッセージを運ぶ、プチガトーを販売いたします。ホワイトチョコレートのムースにバラの香りのペーストを混ぜ合わせました。 口どけのよいムースの中央には、フランボワーズのジュレが入り、ミルキーな甘みの中にほのかな酸味を感じる逸品です。ご自身へのご褒美や 女性同士で贈り合う、感謝の気持ちを込めたギフトにも。バレンタインデーをより一層盛り上げます。

・ペストリー&ベーカリー GGCo._東京マリオットホテル「コスメ デ ショコラ」
[期間限定] :2 月1 日(水)-2 月14 日(火)
まるでコスメポーチから抜け出したような遊び心あふれるアソートメント。コンパクトケースにはナッツやオレンジピールをトッピングしたマンディアン、リップスティックにはホワイトチョコレート、セクシーなリップを型どったいちごのコンフィチュールとシャンパンガナッシュの3種からなる、鮮やかなマリオットレッドが印象的なセット。男性から女性への感謝をあらわすプレゼントとしてもおすすめの一品です。

・ペストリー&ベーカリー GGCo._東京マリオットホテル「チョコレート バー」
[期間限定] :2 月1 日(水)-2 月14 日(火)
アクセントにドライフルーツを使い、ライスパフにスタイリッシュなチョコレートコーティングを施した東京マリオットホテルオリジナルのチョコレートバー。キュートでカラフルなデザインは、ご自分へのご褒美としてもおすすめです。

・BROWN'S STORE_スヌーピーミュージアム 「バレンタインアイシングクッキー」
[期間限定] :2月14日(火)まで ※ストア自体は2018年9月まで
スヌーピーミュージアムのバレンタイン・ウィークは、「ピーナッツ」のエピソードにちなんで、「手紙」をコンセプトに来場者をおもてなしします。 館内にあるミュージアムショップ「BROWNユS STORE」では、バレンタイン期間限定のオリジナルグッズを販売します。バレンタインアイシングクッキー全2種類やマーブルチョコは要チェック。ショップ内もハートマークがあふれるバレンタインモードです。

・Cafe Blanket_スヌーピーミュージアム 「スウィートマシュマロショコラ」
[期間限定] :2月14日(火)まで ※ストア自体は2018年9月まで
スヌーピーミュージアム内「Cafe Blanket」のバレンタイン限定メニューとして、「スウィートマシュマロショコラ」が登場。甘いホットショコラに、マシュマロとハートのチョコをトッピング。溶かして飲んでも、スプーンですくって食べても美味しい!ハートをいっぱいちりばめたバレンタインらしいマシュマロショコラです。

・PASTRY BOUTIQUE_パーク ハイアット 東京 「パリ ヴェニス」
[期間限定] :2月1日(水)− 2月14日(火)
恋人たちが集うロマンティックな2都市、パリとヴェニスから名付けられたケーキは、濃厚なマスカルポーネムース、コーヒーの風味が豊かなクリームとスポンジ、食感が心地よいヘーゼルナッツクランチをチョコレートシューで挟んだ贅沢な一品です。なめらかな口あたりのフィリングと、さっくり焼き上げたシュー生地が、幸せな想いを伝える円を描きます。

・PASTRY BOUTIQUE_パーク ハイアット 東京 「ローズマカロン」
[期間限定] :2月1日(水)− 2月14日(火)
バラの花びらをあしらったマカロンで、ローズエッセンスを混ぜ込んだクリームをサンドしています。バレンタインデーにふさわしいキュートなピンク色も印象的でティータイムのテーブルが華やぎます。

・PASTRY BOUTIQUE_パーク ハイアット 東京
「白州 シングルモルトウィスキー アラグアニ マルキューズ」
[期間限定] :2月1日(水)− 2月14日(火)
国産ウィスキー、白州を使ったチョコレートケーキは、甘さ控えめで洗練された大人の味わい。ベースのチョコレートサブレと上にあしらったシャンティクリームが、濃厚なチョコレートを引き立てます。コーヒーやウィスキーなどのお供にもどうぞ。

・資生堂パーラー「バレンタインコレクション2017/ラ・ガナシュ」
[期間限定] :2月14日(火)まで ※数量限定
ココアクランチを加えた口どけのよいチョコレートを、香り高いチョコレートで包み込み、仕上げにサクサクのココアクランチをまぶした今だけの限定アソートメント

・資生堂パーラー「バレンタインコレクション2017/マンディアン」
[期間限定] :2月14日(火)まで ※数量限定
色とりどりのナッツやドライフルーツを贅沢にトッピングした、宝石のようにきらめく、ひと口サイズのショコラ

・A.Lecomte/ルコント「オランジェット 」
[期間限定] :2月1日(水)− 2月14日(火)
オレンジピールの砂糖漬けをチョコレートでコーティングしました。男女問わず人気があるオランジェットは、ティータイムはもちろんのこと、お酒にもよく合います。明るいオレンジ色のパッケージが、華やかです。

・papabubble「パパブブレのバレンタイン」
[期間限定]:2月14日(火)まで
職人技で生地を17層にも重ねてつくる「チョコレートキャンディ」は、クーベルチュール・チョコレートを使用し、チョコレートとキャンディの層がほぐれる、他にはない食感に仕上げました。ストライプ柄で、フレーバーはイチゴ、ピスタチオ、バナナ、オレンジ、ジャンドゥーヤの全5種。初めての試みで、焙煎したナッツ類のペーストと混ぜ合わせたジャンドゥーヤも使用し、味のバリエーションも揃えました。また、両端から食べていただきたい2つのハートと、手紙の代わりに渡していただきたいレターでメッセージを伝える2種の「ロリポップ」や、人気のチョコレート菓子「ロッキーロード」もパパブブレのバレンタインです。

・J.S. PANCAKE CAFE「ブラックスモアパンケーキ」
[期間限定]:2月28日(火)まで
ブラックココアを練り込んだビターな生地をベースに、ダークな見た目に仕上げています。オーブンで焼き上げたマシュマロと、生地の中のラズベリーガナッシュが、ナイフを入れた瞬間にとろけ出します。グラハムビスケットやホイップクリーム、アクセントとして忍ばせた4種のベリーソースと一緒にお召し上がりください。スモアの語源にもなっている、「Some More」と言いたくなるような、病みつきになるパンケーキです。フェア期間中、水曜日は「Black Wednesday」と名付け18時以降は半額になるキャンペーンを実施。さらに、2月末は"プレミアムフライデー"として、店内のパンケーキメニューが食べ放題となる、限定プランも展開予定。

・J.S. PANCAKE CAFE「ホワイトスモアパンケーキ」
[期間限定]:2月28日(火)まで
ホワイトチョコレートとクリームチーズを合わせたクリーミーな甘さのソースを、生地の間にたっぷりと挟み込んでいます。トッピングしたオレンジポーレの、すっきりとした後味をお楽しみください。スモアの語源にもなっている、「Some More」と言いたくなるような、病みつきになるパンケーキです。フェア期間中、金曜日は「White Friday」と名付け18時以降はそれぞれのメニューが半額になるキャンペーンを実施します。さらに、2月より始まる"プレミアムフライデー"として、店内のパンケーキメニューが食べ放題となる、限定プランも展開予定。

・通販ディノス「シャポン/コフレ12 ボール」
[期間限定] :売切れ次第終了
ホワイトチョコレートに花柄がプリントされたボールショコラ。プラリネの香ばしいナッツの香りと口溶けのよいショコラの甘さが際立ち、アートのような美しさでギフトとしてもおすすめです。

・Pastry Shop_ハイアットリージェンシー東京「バレンタインスイーツ」
[期間限定] :2月14日(火)まで
「ペストリーショップ」では、ペストリー・ベーカー料理長 佐藤浩一が手掛けるショコラスイーツの数々が楽しめる"バレンタイン スイーツ"を提供中です。サブレをペーストにした新感覚のスイーツやフロランタンに、サブレ、ショコラを重ねたショコラバーなど、プレゼントはもちろん、ご自分用にもおすすめの新商品2種をはじめとした8種のショコラを取り揃えました。最高峰のショコラを使いこなし、フルーツやカカオの味わいの違いも感じられる佐藤のショコラマジックをお楽しみください。


今月の職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー_ANAインターコンチネンタルホテル東京
「ストロベリーフェア/エクレール・オー・フレーズ」
[期間限定] :3月14日(火)まで
世界を舞台に三つ星シェフとして名高い美食の巨匠、ピエール・ガニェールがプロデュースするパティスリー専門店「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」では、季節のフルーツ「苺」をお楽しみいただけるストロベリーフェアを開催中。素材の持つ美味しさを最大限に引き出した、見た目にも色鮮やかな苺のスイーツをお楽しみください。

・アトリウムラウンジ_ANAインターコンチネンタルホテル東京
「ストロベリーフェア/ストロベリーハイティーセット」
[期間限定] :3月14日(火)まで
アトリウムラウンジでは、季節のフルーツ「苺」をお楽しみいただけるストロベリーフェアを開催。「苺」の持つ美味しさを最大限に引き出した スイーツと、23種から選べるドリンクがセットになったストロベリー ハイティーセットをご用意。ラウンジで優雅なデザートタイムをお過ごしください。

・ザ・ダイニング ルーム_ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
「アフタヌーンティーセット 『冬菓の重(とうかのじゅう) 〜苺のアフタヌーンティー〜』」

[期間限定] :2月28日(火) まで
ストリングスホテル東京インターコンチネンタルの「ザ・ダイニングルーム」にて、季節感を表現したアフタヌーンティーセット「冬菓の重」(4000円、消費税・サービス料別)を2月28日(火)までご提供いたします。今冬のテーマは「苺のアフタヌーンティー」。球体のお重の蓋をひとつずつ開けると、そこには赤やピンクの可愛らしい"苺のスイーツ"たちがぎっしり。甘さと酸味が絶妙なスイーツたちをお楽しみください。

・ SATSUKI LOUNGE_ホテルニューオータニ大阪
「スイーツ&サンドウィッチビュッフェ〜ホテルでいちご狩り」
[期間限定] :3月31日(金) まで
ホテル開業30周年を記念し、新たに、ピエール・エルメの世界初となるいちごパフェ「ソフトクリーム セレスト」がメニューに登場!好評開催中のいちごのスイーツビュフェ、今年新作テーマは、「いちごの舞踏会」!ヨーロッパの伝統スイーツをいちご仕立てにアレンジした新作は、バターの風味といちごの酸味が絶妙なメいちごのフィナンシェモや、香ばしく、濃厚でとろりとした甘いクリームが口の中で広がるメいちごのブリュレモ、キュートに着飾ったカップケーキなど、まるで舞踏会に出席するメお姫さまモのように華やかでドレッシーなスイーツが大集合。スイーツだけでなく、ブリリアントなフォトスポットも出現、思わずシェアしたくなるような空間が広がります。

・イッタラSHOP「Arabia/24h アベック ブルー」
[発売予定日] :2月24日(金) 松屋銀座のみ2月21日(火)より先行発売
映画「かもめ食堂」の劇中で使われていたことでも有名なAvecシリーズ。独特の模様は洋食はもとより、和食との相性も抜群です。特にお問い合わせの多いブルーのカラーが、約2年ぶりに再登場いたします。

・イッタラSHOP「Arabia/アラビア フィン100 マグ」
[発売予定日] :3月末頃
フィンランドが独立をした1917年から、各年代を代表するアラビアのパターンを1つずつ選びプリントした、10種類のマグカップが登場します。現在のARABIAでは珍しいクラシックなパターンから、2017年の最新デザインまで、アラビアのこれまでのデザインの変遷を感じられるコレクションです。また、バックスタンプにも、パターンのデザイン年と名前がプリントされた特別仕様となっています。

・ミュージアム カフェ&レストラン ザ サン&ザ ムーン カフェエリア ザ サン_六本木ヒルズ森タワー
「チェブラーシカのオレンジパフェ」
[期間限定] :3月18日(土)- 3月31日(金)
ビスキュイで作ったチェブラーシカをトップに飾った、かわいらしいパフェです。抱き起こしてもすぐ倒れてしまうチェブラーシカを支えられるように、たっぷりのオレンジと、香り豊かな柚子のシャーベットをグラスに詰めました。

・資生堂パーラー 銀座本店ショップ「ココット ドゥ フレーズ」
[予約販売限定数]:5個/日
[ご予約承り期間]:11月23日(木)まで
[お引渡期間]:11月30日(木)まで
真っ赤な大輪の花が咲き誇るように苺をデコレーションした、このうえなくソフトな仕上がりのココットスタイルのケーキです。やさしい口あたりになるようにスライスした苺、極々薄くスライスしたきめ細かなスポンジケーキ、生クリームには自家製苺ジャムをあわせ、苺の醍醐味であるみずみずしさと甘酸っぱさを存分に感じられるよう仕立てました。その時期に最もおいしくなる貴重な品種の苺を全国から選りすぐり月替わりでご用意。全てこだわりの苺で作った自家製で、1台で約50個相当※の苺を使用しています。8名?10名さまでお楽しみいただけるサイズで、大きなスプーンですくってお皿に取り分けてお召し上がりいただくのがおすすめです。※苺の大きさにより、数が異なる場合があります。

・PATISSERIE KIHACHI「とちおとめ苺のショート 9cm」
[期間限定] :5月9日(火) まで
甘さと酸味のバランスがよい"とちおとめ"を使った、直径約9cm(3号サイズ)のホールケーキ。

・PATISSERIE KIHACHI「テ・ノワ」
[期間限定] :5月31日(水) まで
しっとりとした紅茶のシフォン生地で、紅茶とマスカルポーネのクリームと 3 種のナッツ(アーモンド、ヘーゼルナッツ、くるみ)を巻き上げました。ひと口運べば、紅茶の芳醇な香りとナッツの豊かな香りが口の中いっぱいに広がります。トップにもたっぷりとナッツを飾り、上品な味わいの中にもナッツの香ばしさと食感が楽しめるロールケーキです。

・PATISSERIE KIHACHI「季節のロール ストロベリー&シトラス」
[期間限定] :2月28日(火)まで
旬の苺と柑橘を組み合わせた季節のロールケーキ。酸味と甘味のバランスがいい"とちおとめ苺"、柑橘、濃厚なカスタードクリーム、甘酸っぱいオレンジマンゴークリームをしっとりとしたシフォン生地で巻き上げました。トップにはしっとり食感のシュトロイゼルを飾りました。

・レストラン KIHACHI「KIHACHIのナポレオンパイ」
[期間限定] :5月31日(水) まで
熊谷喜八がパリ・マキシムで修業をした時に、美味しさに感銘を受け、毎年苺が美味しくなる時期に作り続けている、知る人ぞ知るキハチの人気デザート。薄い層が重なることでサクッサクッに焼き上げられたパイ生地に、パイの食感を活かすようにふんわりと合わせたクレーム・シャンティー(生クリーム)とカスタードクリーム、酸味と甘味のバランスがいい栃木県産"とちおとめ"をあわせた「ナポレオンパイ」。青山本店では、単品でのご注文以外にも、ランチタイムのコースのデザートでもご用意させていただきます。シンプルな作りながら、華やかで、レストランならではの美味しさが楽しめる期間限定の苺デザートです。

・Fiorentina Pastry Boutique_グランド ハイアット 東京 「シャウムキュッセ」
[期間限定] : 3月1日(水)− 14日(火)
柔らかくふわふわに仕上げたギモーブ(マシュマロ)とライスパフを重ね、チョコレートでコーティングしました。ギモーブのふわふわな食感に、ライスクリスピーのサクサク感がマッチした、新感覚スイーツ。

・Fiorentina Pastry Boutique_グランド ハイアット 東京 「苺のミルフィーユ」
[期間限定] :4月末まで
パイ生地に苺と生クリーム、スポンジをサンド。さっくりとしたパイに、甘酸っぱい苺となめらかな生クリームがマッチした一品。ホワイトチョコレートとフリーズドライストロベリーでコーティングした苺をトッピング。

・Fiorentina Pastry Boutique_グランド ハイアット 東京 「桜パンナコッタ」
[期間限定] :3月上旬 − 4月中旬
トップに生クリームと桜の花びらの塩漬けが飾られた桜ゼリーと2層のパンナコッタ。

・A.Lecomte/ルコント「ショコラマカロン」
[期間限定] :2月1日(水)−3月14日(火)
5種類のチョコレートを使ったマカロン。フランボワーズやキャラメル、ナッツなどをあわせて、おつくりしました。それぞれの素材とチョコレートとのハーモニーをご堪能ください。

・カフェ&ブックス ビブリオテーク「ストロベリーピンクスノーショートケーキ」
[期間限定] :3月30日(木)まで
やさしい苺のホイップクリームの中にはフレッシュ苺たっぷり。旬の苺を堪能してください。

・カフェ&ブックス ビブリオテーク「ストロベリーパステルピンククリーミームース」
[期間限定] :3月30日(木)まで
さっぱりとした酸味の苺を使い、ふんわり軽い口当たりのムースの中に濃厚なガナッシュをいれた苺づくしのデザートです。

・カフェ&ブックス ビブリオテーク「ストロベリーレッドパンケーキ」
[期間限定] :3月30日(木)まで
ストロベリーの甘酸っぱいソースをたっぷりかけたパンケーキ。濃厚カスタード、バニラアイスとの相性もパッチリ。

・カフェ&ブックス ビブリオテーク「メニーベリーパンケーキ ミルクソース」
[期間限定] :3月30日(木)まで
苺、ブルーベリー、ラズベリーをふんだんに使用。甘酸っぱいフルーツとフワフワのパンケーキ、アイス、生クリームの相性は抜群です。お好みでミルクソースをかけてお楽しみください。


今月の展覧会・イベント情報は
・三鷹市美術ギャラリー「根付 〜江戸と現代を結ぶ造形〜 展」
[会期]:3月20日(月・祝)まで
江戸時代から続く小さな彫刻(細工物)、根付(ねつけ)。明治以降、人々の生活様式の変化から徐々に姿を消していきましたが、今現在も多くの根付作家によって様々な作品が生み出されています。本展覧会では、「京都 清宗根付館」が所蔵する江戸から近代にかけての伝統的な根付と現代根付約300点をご紹介します。新しい素材や現代性を盛り込みながら今も息づくその魅力と、江戸と現代をつなぐ造形の妙をご堪能ください。

・ozasakyoto マルセル・デュシャン生誕 130年記念「瀧口修造・岡崎和郎二人展」
[会期]:2月12日(日)まで
現代美術の開拓者であり、20世紀の最も重要なアーティストの一人、マルセル・デュシャン。1930年代から、瀧口修造はデュシャンに深い関心を寄せ、後半生の瀧口にとって最も重要な課題の一つとなっていたといっても、けっして過言ではないでしょう。また、岡崎和郎もデュシャンに触発されている美術家の一人です。50年代から岡崎の仕事を評価していた瀧口が、前出『マルセル・デュシャン語録』の製作協力者の一人に岡崎を加え、前出「檢眼圖」の実際の製作を岡崎に委ねたのも当然と思われます。本展は『マルセル・デュシャン語録』「檢眼圖」をはじめ、瀧口、岡崎のデュシャンに関連する作品など約40点を展示し、生誕 130年の幕開けを慶賀するとともに、改めてデュシャンに対する二人の傾倒ぶりや、二人の絆の深さを辿ろうとするものです。なお、展示作品はいずれも土渕信彦氏のコレクションであり、本展は2009年から継続されてきた「瀧口修造の光跡」展の第5回に当たるものであることを申し添えます。

・Bunkamuraザ・ミュージアム「ゴールドマン コレクション これぞ暁斎! 世界が認めたその画力」
[会期]:2月23日(木)-4月16日(日)
河鍋暁斎(1831-1889)は、時代が大きく揺れ動いた幕末から明治を生きた絵師です。幼い頃に浮世絵師の歌川国芳に入門したのち、狩野派に学び19歳の若さで修業を終え、さらに流派に捉われず様々な画法を習得しました。仏画から戯画まで幅広い画題を、ときに独特のユーモアを交えながら、圧倒的な画力によって描き上げた暁斎。本展は、世界屈指の暁斎コレクションとして知られるイスラエル・ゴールドマン氏所蔵の作品によって、多岐に渡る暁斎作品の全体像を示します。

・IZU PHOTO MUSEUM 「ヨヘン・レンペルト|Fieldwork−せかいをさがしに」
[会期]:4月2日(日)まで
10年以上にわたる生物学研究を経て、ドイツを拠点に写真家として活動するレンペルトは、動物や植物、昆虫、人間といった多様な生きものと自然現象をモチーフとして、これまで一貫してモノクロフィルムを用いて作品制作を行ってきました。写真表現を牽引してきたドイツで新たな表現を確立したレンペルトがつくり出すユーモアあふれる構成と独特の直貼り手法により、作品たちが展示空間で有機的に絡み合い、私たちの暮らす地球の成り立ちにおける複層的な「せかい」と「つながり」を自由に連想する楽しさを教えてくれます。本展では、絶滅した海鳥を記録し続ける代表作の《オオウミガラスの表皮》(1990-2016)、生態系でのつながりと視点を示唆する《ベラドンナ》(2013)、さらに生きものの多様なフォルムを収めた《対称性と身体構造》(1995?2016)まで、最新作も含めた100点を超える作品を展示します。

・国立西洋美術館「シャセリオー展19世紀フランス・ロマン主義の異才」
[会期]: 2月28日(火)-5月28日(日)
本展はフランス・ロマン主義の異才テオドール・シャセリオー(1819-1856)の芸術を日本で初めて本格的に紹介するものです。アングル門下の異端児テオドール・シャセリオーは、 11歳で入門を許された早熟の天才ですが、ロマン主義の潮流の中でしだいに師の古典主義を離れ、独特のメランコリックな情熱と抒情を湛えた作品世界を作りあげていきました。本展では、ルーヴル美術館所蔵品を中心に、絵画、水彩・素描、版画、写真や資料などによってシャセリオーの画業全体を紹介するとともに、師や仲間、そしてこの画家から決定的な影響を受けたギュスターヴ・モローやピュヴィス・ド・シャヴァンヌ、オディロン・ルドンらの作品もあわせて総数約 110点を展示し、ロマン主義から象徴主義への展開、そしてオリエンタリスムの系譜のなかでその芸術の意義を再考します。

・寺田倉庫G1ビル 「DAVID BOWIE is|デヴィッド・ボウイ大回顧展」
[会期]: 4月9日(日)まで
世界9都市を巡回し、イギリス・ロンドンのヴィクトリア・アンド・アルバート博物館の巡回展における最高動員記録150万人を超え、現在総動員数160万人を突破し記録更新中。類まれな表現者として今もなお音楽のみならず、全世界的にアート、ファッション、文化そして社会に影響を与え、人々をインスパイアし続けるデヴィッド・ボウイの世界観やキャリアを多面的に総括した本展は、アジアでは日本が唯一の開催国です。会場では厳選された300点以上に及ぶ重要かつ貴重な品々が、音楽と映像による演出効果を用いて展示。来場者は入り口でヘッドフォンを手渡され、音楽やインタビューと共に立体的に展示品を鑑賞することでデヴィッド・ボウイの世界に没入します。

・森アーツセンターギャラリー
「大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち」(東京展)
[会期]: 3月18日(土)−6月18日(日)
女帝エカテリーナ2世(在位1762-1796)がベルリンの実業家から317点の絵画コレクションを取得したのが、エルミタージュの始まりといわれています。その後も歴代皇帝が国家の威信をかけて美術品を収集し、エルミタージュは、世界でも類を見ないほどの質と規模を誇る美術館となりました。本展覧会では同館の17,000点に及ぶ絵画コレクションの中でも特に充実している、16世紀ルネサンスから 17-18世紀のバロック・ロココのオールドマスター、巨匠たちの名画85点を国、地域別に紹介します。これらのなかには、エカテリーナ2世が1764年に取得した作品をはじめ、在位中に収集された作品が数多く含まれています。美術館の歴史そのものともいえる、絵画コレクションの背景を知ることも展覧会の楽しみのーつとなるでしょう。

・Bunkamura Gallery「ジェシカ・ウォッツ初個展 Flower & Birds−春を呼ぶ声−」
[会期]: 2月18日(土)-3月5日(日)
豪州出身のジェシカ・ウォッツは、ニューヨークの広告代理店で数々の賞を受賞する敏腕ディレクターとして活躍。その傍ら独学で静物デッサンを学び、画家としてのキャリアをスタートさせました。現在はオーストラリアに帰国し、フルタイムの画家としてその多彩な才能を昇華させています。1940年代の壁紙デザインに魅了されたジェシカは、様々なモチーフを描いたコラージュ風の背景に、個性的な鳥のポートレートや純美な花々を携えた表情の見えない女性の姿を数多く描きます。時に背景と同一化している女性の佇まいはミステリアスでありながらも上品さが漂い、更にオーストラリアの太陽を思わせる鮮やかな色彩で描かれた植物や動物たちが、自然体の女性美を際立たせています。スタイリッシュで洗練された画面と空間に華やかさを添えるジェシカの絵画で、一足早い春の訪れをご体感下さい。

・サントリー美術館
「サントリー美術館新収蔵品 コレクターの眼 ヨーロッパ陶磁と世界のガラス」展
[会期]:3月12日(日)まで
近年コレクションに加わった作品のうち初めて一括公開する、陶磁器とガラスのコレクション、あわせて約200件が展示される展覧会。エミール・ガレやドーム兄弟などアール・ヌーヴォー期を専門に、美術商として優れたガラス芸術を数多く日本へ紹介してきた野依利之氏の、ヨーロッパの豊かな陶磁文化の香り高い品々を、展示室で楽しめる。一方、辻清明氏は、9歳の頃から轆轤を回し始め、信楽をはじめとする焼締を中心に作陶し、侘びた風情と華やかな明るさの共存する「明る寂び」という独自の美意識を打ち立てた陶芸家で同館に収蔵された辻氏のガラスのコレクションも、他素材と同様に、直感的な共感によって見出されました。その分野は、古代ローマから、オリエント・中国・ヨーロッパ、そして和ガラスに及びます。新しく同館のコレクションに仲間入りした、作り手・辻清明氏のガラスを通して、それらが元あった場の風情に想いを馳せていただくとともに、進化し続ける当館のガラス・コレクションのさらなる可能性も感じ取っていただければ幸いです。

・東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 「フランス絵画の宝庫 ランス美術館展」
[会期]:4月22日(土)−6月25日(日)
フランス北東部シャンパーニュ地方にある、ランス美術館のコレクションをご紹介する展覧会です。ランス美術館は、歴代のフランス国王が戴冠式を行った大聖堂で知られる古都ランス市に位置し、初期ルネサンスから現代まで、幅広いコレクションを有するフランス絵画の宝庫として世界に知られています。本展覧会はランス美術館の所蔵作品から、17世紀のバロックに始まり、18世紀のロココ、19世紀のロマン派、新古典派、印象派、ポスト印象派まで約70点で構成する、フランス絵画の歴史をたどる展覧会です。また、ランス市に縁の深いレオナール・フジタ(藤田嗣治)の作品群も併せてご紹介いたします。

・ギンザ・グラフィック・ギャラリー
「ギンザ・グラフィック・ギャラリー第357回企画展 仲條正義 IN & OUT, あるいは飲&嘔吐」
[会期]:3月18日(土)まで
「IN & OUT, あるいは飲&嘔吐」という、またしても仲條節炸裂のタイトルのつけられた本展では、「MOTHER & OTHERS」をテーマに、スイスサイズという少し大きめのポスター新作22点に挑戦します。御歳83にして放つ若々しい感性は他の追随を許さず、模倣すら寄せ付けない圧倒的な存在感を示します。 生みだす苦労はあれど、それでも創造を止めることなく作り続け、仕事はもちろん、精力的に個展を開くなど、まだまだ氏のデザインライフは続きます。ギャラリー地階では、そんな過ぎ去った日の個展作品と、仲條と言えばの『花椿』がところ狭しと並びます。40年前の『花椿』エディトリアルデザインが色褪せることなく、今もほとばしる瑞々しいデザインの数々とともに、現代に違和感なく存在し得る奇跡を目撃してください。

・名古屋市美術館「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」
[会期]:3月7日(火)-4月16日(日) 
アドルフ・ヴェルフリ(1864-1930)は世界的に最も有名なアウトサイダー・アート/アール・ブリュットの芸術家の一人です。スイスのベルン近郊で生まれ、人生の大半をヴァルダウ精神科病院で過ごしました。そこでヴェルフリは『揺りかごから墓場まで』と題する、45巻25,000ページにわたる壮大な自叙伝を描き、その創造力の根源をも感じさせるような作品は、戦前のシュルレアリスムの画家たちをはじめ多くの芸術家に影響を与えました。今もなお高い評価を受けているヴェルフリの日本初の回顧展をベルンのアドルフ・ヴェルフリ財団の協力で開催します。

・国立新美術館 「国立新美術館開館10周年 チェコ文化年事業 ミュシャ展」
[会期]:3月8日(水)-6月5日(月)
アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャ(チェコ語発音ムハ※、1860-1939)の集大成が、晩年の17年間を捧げた画家渾身の作品《スラヴ叙事詩》(1911-1928年)です。巨大なカンヴァスに描かれた20点の油彩画は、古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大なスペクタクルであると言えます。本展はこの《スラヴ叙事詩》をチェコ国外では世界で初めて、全20点まとめて公開するものです。プラハ市のために描かれ、1928年に寄贈された《スラヴ叙事詩》は、1960年代以降、モラヴィアのクルムロフ城にて夏期のみ公開されてはいたものの、ほとんど人の目に触れることはありませんでした。その幻の傑作が、プラハ国立美術館ヴェレトゥルジュニー宮殿(見本市宮殿)にて公開。そしてこのたび国立新美術館では、パリで活躍したミュシャが《スラヴ叙事詩》を描くに至るまでの足跡を約100点の作品を通じて辿りつつ、これら幻の最高傑作の全貌を一挙、紹介します。

※パリでその名を広く知られるようになったため、日本では「ミュシャ」というフランス語の発音に基づく表記が用いられてきたが、本展ではチェコで制作された《スラヴ叙事詩》に関してはチェコ語の発音に基づき「ムハ」と表記する。


以上 
ご紹介させていただきます。
くわしくは webmagazine kimbou HOMEページヘ いこう!


About our articles of this Month, January, 2017:
[Exhibition] Informations:
Netsuke: Forms that Connect the Edo Period and the Present time
Venue:Mitaka City Gallery Of Art
Period : Under holding to Monday・Holiday 20 March

・"Shuzo Takiguchi and Kazuo Okazaki"
Venue:ozasakyoto
Period: Under holding to Sunday 12 February

・The Israel Goldman Collection This is Ky?sai! Celebrated Japanese artist
Venue:Bunkamura The Museum
Period: Thu. February 23 - Sun. April 16, 2017

・Jochen Lempert:Fieldwork
Venue:IZU PHOTO MUSEUM
Period: Under holding to Sunday 2 April

・Theodore Chasseriau Parfum Exotique
Venue:The National Museum of Western Art
Period: Tuesday, 28 February - Sunday, 28 May

・DAVID BOWIE is
Venue:Warehouse TERRADA
Period: Under holding to Sunday 9 April

・Old Masters from the State Hermitage Museum
Venue:Mori Arts Center Gallery
Period: Saturday, March 18 - Sunday, June 18

・Jessica Watts first exhibition Flower & Birds
Venue:Bunkamura Gallery
Period: Saturday 18 February - Sunday 5 March

・The Collectors` Eye: Suntory Museum of Art Recent Acquisitions Ceramics from Europe and Glass from Around the World
Venue:Suntory Museum of Art
Period: Under holding to Sunday 12 March

・Chefs-d'oeuvre du Musee des Beaux-Arts de Reims
Venue:Seiji Togo Memorial Sompo Japan Nipponkoa Museum of Art
Period: Saturday 22 April - Sunday 25 June

・The 357th Ginza Graphic Gallery Exhibition Masayoshi Nakajo IN & OUT, Or 飲&嘔吐 (Imbibing and Vomiting)
Venue:ginza graphic gallery
Period: Under holding to Saturday 18 March

・Adolf Wolfli: A Kingdom of 25,000 Pages
Venue:Nagoya City Art Museum
Period: Tuesday 7 March − Sunday 16 April

・10th Anniversary of the National Art Center, Tokyo The year of Czech culture 2017 Alfons Mucha
Venue:THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO
Period: March 8 (Wed.) - June 5 (Mon.), 2017


[Work's]
Sweets Informations:
・THE DINING ROOM/THE STRINGS BY INTERCONTINENTAL TOKYO_Afternoon tea set 'Multi-tiered Sphere Box - Winter'
・PIERRE GAGNAIRE PAINS et GATEAUX /ANA InterContinental Tokyo_Strawberry Fair/Eclair aux fraises
・ATRIUM LOUNGE/ANA InterContinental Tokyo_Strawberry Fair/Strawberry High Tea Set
・ SATSUKI LOUNGE/HOTEL NEW OTANI OSAKA_Sweets & sandwich buffet
・iittala SHOP_Arabia/24h Avec Blue
・iittala SHOP_Arabia/ARABIA FIN100 MUG
・Museum Cafe & Restaurant THE SUN & THE MOON Cafe area "THE SUN"_Cheburashka's Orange parfait
・SHISEIDO PARLOUR GINZA TOKYO _Cocotte de fraise
・PATISSERIE KIHACHI_Tochiotome's Strawberry Shortcake 9 cm
・PATISSERIE KIHACHI_the noix
・PATISSERIE KIHACHI_Seasonal Roll Strawberry & Citrus
・Restaurant KIHACHI_KIHACHI's Napoleon pie
・Fiorentina Pastry Boutique_GRAND HYATT TOKYO_Schaumkuesse
・Fiorentina Pastry Boutique_GRAND HYATT TOKYO_ Strawberry Mille Feuille
・Fiorentina Pastry Boutique_GRAND HYATT TOKYO_Sakura Panna cotta
・A.Lecomte_chocolat macaron
・ cafe&books bibliotheque_Strawberry pink snow shortcake
・ cafe&books bibliotheque_Strawberry pastel pink creamy mousse
・ cafe&books bibliotheque_Strawberry red pancake
・ cafe&books bibliotheque_Many berry pancake with milk sauce

WORK'S Informations:
Valentine's Day Selections's Informations:
・BEIGE ALAIN DUCASSE TOKYO_Valentine's special dessert"MA DECLARATION".
・Bubbles Bar/THE STRINGS BY INTERCONTINENTAL TOKYO_ Bubbles Night
・PIERRE GAGNAIRE PAINS et GATEAUX/ANA InterContinental Tokyo_Valentine Chocolate Box
・PIERRE GAGNAIRE PAINS et GATEAUX/ANA InterContinental Tokyo_Coeur chocolat(petit gateau)
・Pastry & bakery GGCo./Tokyo Marriott Hotel_Cosme de Chocolate
・Pastry & bakery GGCo./Tokyo Marriott Hotel_Chocolate Bar
・BROWN'S STORE/SNOOPY MUSEUM TOKYO _Valentine's Icing Cookie
・Cafe Blanket/SNOOPY MUSEUM TOKYO _Sweet marshmallow chocolat
・PASTRY BOUTIQUE/PARK HYATT TOKYO_Paris Venice
・PASTRY BOUTIQUE/PARK HYATT TOKYO_Rose macaron
・PASTRY BOUTIQUE/PARK HYATT TOKYO_THE HAKUSHU SINGLE MALT WHISKY ARAGUANI MARQUIS
・SHISEIDO PARLOUR_Valentine's Collection 2017"La Ganashu"
・SHISEIDO PARLOUR_Valentine's Collection 2017"Mendiant"
・A.Lecomte_Orangette
・papabubble_papabubble's Valentine
・J.S. PANCAKE CAFE_Black s'more pancake
・J.S. PANCAKE CAFE_White s'more pancake
・dinos_CHAPON Coffret 12 ball
・Pastry Shop/HYATT REGENCY TOKYO_Valentine's Sweets

............................................................................................etc

Go to webmagazine kimbou:on line free paper !
TOP URL:http://rispairka.chu.jp/shopindex.html
Moved to 10 September 2016!
TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka