2015.09.10 号 について(Japanese and English)
今月の職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・フィオレンティーナ ペストリーブティック_グランドハイアット東京1F
モンテビアンコ(モンブラン)
[期間限定]:9月1日(火)−10月31日(土)
今年も人気のモンテビアンコは、栗の産地や調理方法を変えることで、色も味も異なる4種類をお楽しみいただけます。「ルーチェ」は、栗の甘露煮のクリームで昔ながらの素朴な味わいに仕上げました。「クラシコ」はフランス産のマロンペーストをつかった、ラム酒の香りが漂う大人の味。「フレスコ」は、フレッシュな栗を煮た自家製クリームで、栗本来の味をお楽しみいただけます。「ジャポネーゼ」は、和栗のペーストをつかったマロンクリームがさっぱりとした味わいです。

・フィオレンティーナ ペストリーブティック_グランドハイアット東京1F
「パタータ フォルマッジョ」「ボンボローネ デ ラ カスターニャ」

[期間限定]:9月1日(火)−10月31日(土)
秋が旬の食材を惜しみなくつかった絶品ブレッドを期間限定でご用意します。スイートポテト、クリームチーズ、そして安納芋をたっぷりつかってデニッシュ生地で焼き上げた「パタータ フォルマッジョ」。マロンペースト、マロンデセール、マスカルポーネチーズ、 クルミを入れて、ふわふわのミルクロールで丸くつつんで揚げたドーナッツ「ボンボローネ デ ラ カスターニャ」など、ワールドクラスのブレッドをフィオレンティーナ ペストリーブティックにて御楽しみ下さい。

・PETIT PARK Cafe_DOMINIQUE ANSEL BAKERY TOKYO 2F
「ベイクド アラスカ」
DOMINIQUE ANSEL BAKERY(ドミニクアンセルベーカリー)2Fに、NYスタイルのモブランチモが楽しめるカフェ・レストラン「PETIT PARK Cafe(プチ・パーク カフェ)」が誕生致しました。デザート・メニューのアイスクリームとスポンジケーキをたっぷりのメレンゲで包み、表面をバーナーで炙る伝統菓子モベイクドアラスカモを、ドミニク氏がアレンジ。中にバニラ・キャラメル・シナモンアイス、青リンゴのソルベが層になり、口にするとアップルパイのような味わい。まるで映画のワンシーンのようなNYスタイルのメブランチカルチャーモ を体験できます。

・デルレイ カフェ & ショコラティエ_表参道ヒルズ本館3F
「マロンショコラムース クリームチーズのアイスクリームを添えて」
[期間限定]:11月4日(水)まで
チョコレートの本場として知られるベルギーの高級老舗チョコレートブランド「デルレイ」が表参道ヒルズで展開する秋の味覚メニューは、マロンペーストの入ったショコラムースに食感のある栗を使用。クリームチーズのアイスクリームには、マダガスカル産バニラを使用したキャラメルソースとナッツの飴細工をトッピング。季節のフルーツ(リンゴと柿)を添えます。大人の舌を満足させる魅力的なスイーツです。

・トラヤカフェ_表参道ヒルズ本館B1F「和栗のパフェ」
[期間限定]:9月15日(火)−11月4日(水)
創業約500年を誇るとらやのカフェ「TORAYA CAFE」の2号店。表参道ヒルズ店では、和栗のパフェを期間限定でご提供します。和栗のそぼろ、渋皮煮、羊羹、豆乳アイスクリーム、あんペースト全てに和栗をふんだんに使用した贅沢なパフェ。シナモン風味のくるみのおこしをアクセントに、白玉、ほうじ茶寒天ゼリーなど色々な食感をお楽しみいただけます。

・アンダーズ 東京 ペストリーショップ「Sweet Jar (スイートジャー)」
アンダーズ 東京ペストリーショップの「スイートジャー」は、全6 種類。メティラミスモやメプリンモのようなクラシックデザートをモチーフにしたものに加え、季節の美味を楽しめるアイテムも展開。この夏は、季節のフルーツを贅沢に使用した爽やかな味わいの"ローズジュレ"、"シャンパンピーチジュレ"、"メロンココナッツゼリー"、"エキゾチックゼリー"の4 種類をお届けいたします。季節のフルーツの絶妙なハーモニーを堪能いただける、新しいシグネチャーアイテムをお試しください。

・LOLA'S Cupcakes Tokyo「Show Girl」
[オープン]:10月3日(土)から
今秋日本初上陸のロンドンのカップケーキショップ「ローラズ・カップケーキ」が、カスケード原宿にオープンする。本場人気カップケーキから12種類のフレーバーをセレクトし展開、オリジナルの味とかわいらしさを大切にしながらも日本人の味覚に合わせ、東京オリジナルのフレーバーも提供します。尚、お誕生日や各種イベントのカスタムオーダーにも対応。中でもSHOW GIRLは、ショーガールのように華やかなカップケーキ。ロンドンでも人気の商品です。様々なフレーバーで展開し、プレート(皿)へのメッセージ入れも可能。バースデーなどパーティーシーンにお勧めです

・KIHACHI Cafe「瀬戸田産レモンを使ったバターケーキ いちじく添え」
[期間限定]:9月16日(水)− 9月27日(日)
[販売店舗]:キハチ カフェ 名鉄百貨店本店、福屋八丁掘、小倉コレット井筒屋
この秋新発売の 「瀬戸田産レモンを使ったバターケーキ いちじく添え」は、レモンの酸味といちじくのジューシーな味わいが楽しめるデザート。広島・瀬戸田産のレモンのすりおろした皮と果汁、リモンチェッロに数日漬け込んだドライいちじく、ぷちぷちとした食感のポピーシードを加えて焼き上げたバターパウンドケーキに、皮の部分を軽く焼いてバニラシロップをからめたフレッシュいちじく、レモンのすりおろした皮と果汁を加えたバニラアイス、マスカルポーネクリームをあわせました。

KIHACHI Cafe「モンブランパフェ」
[期間限定]:9月1日(火) − 11月30日(月)
[販売店舗]:キハチ カフェ 名鉄百貨店本店、福屋八丁掘、小倉コレット井筒屋
キハチカフェでは、毎年この時期にお客様からの問い合わせが増える秋の定番「モンブランパフェ」を期間限定でご提供します。フランス産マロンペーストを使ったモンブランクリーム、 バニラアイス、メレンゲ、ほろ苦いコーヒーゼリー、クッキー を合わせました。旬の素材のおいしさを盛り込んだスイーツで、秋の味覚をお楽しみください。

・東京都美術館 「モネ展×ピエール・エルメ・パリ」
[期間限定]:9月19日(土)−12月13日(日)
?東京都美術館「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展」期間中販売
モネ展と、ピエール・エルメ・パリとコラボレーションしたオリジナルギフトをモネ会期中期間限定で発売いたします。 印象派の巨匠クロード・モネ と、21世紀のパティスリー界を先導する第一人者ピエール・エルメという二人のアーティストが時空を超えて出会った奇跡的なコラボレーションです。 様々なアーティストとコラボレーションすることで、自らのクリエイティビティを新たな領域へと高めるピエール・エルメ。生涯、移りゆく光と色彩の変化を追求し続けたモネの世界に広がる無限の可能性に思いを馳せた彼の3作品をお届けいたします。

・ザ・ダイニング ルーム_ストリングスホテル東京インターコンチネンタル
アフタヌーンティーセット「秋菓の重(しゅうかのじゅう)」
[期間限定]:9月14日(月)−11月30日(月)
[時間]:ティータイム14:30−17:30(17:00L.O)
球型三段重のスタイルのアフタヌーンティーセット。球体のお重を一つ一つ広げると、3つのお皿になり、秋らしい色合いに彩られたスイーツが香り豊かに現れます。「渋皮マロンのパウンドケーキ」、「フランボワーズガナッシュのブラウニー」など、一と二の重では11種類のスイーツをお楽しみいただけます。三の重には、存在感のある「スモークサーモンのアボカドボード」をご用意いたしました。また、焼き立てをお楽しみいただけるよう南部鉄器でご提供するスコーンもご用意いたしました。夏から秋へと移りゆく季節を感じていただけます。

・ソマーハウス ペストリーコーナー_横浜ベイホテル東急2Fラウンジ
ハロウィンスイーツ「ロールポティロン」「クレームカラメルポティロン」
[期間限定]:10月1日(木)−31日(土)
[時間]:11:00− 売り切れ次第終了
横浜の美しい夜景とオーシャンビュー、心を尽くしたおもてなしで皆様をお迎えする横浜ベイホテル東急。大観覧車を間近に臨む2階ラウンジ「ソマーハウス」のペストリーコーナーでは期間限定で、2種のハロウィンスイーツを販売。"ロールポティロン"は、ほんのりとした甘さのかぼちゃの生地でかぼちゃのダイス入りのクリームを巻き込んだロールケーキ。ほろ苦いキャラメルがアクセントです。また、"クレームカラメルポティロン"はゆっくりと時間をかけて火を通し仕上げた、口当たりなめらかなかぼちゃのプリンです。どちらもハロウィンのデコレーションが可愛いスイーツです。

・コンパーテス ショコラティエ「Scull Chocolatier×Happy Halloween」
[期間限定]:9月17日(木)から発売−ハロウィン限定
チョコレートアーティストの革命児ジョナサン・グラムが手掛ける LA発、ハリウッドセレブたちが愛してやまない高級チョコレートの老舗「コンパーテス ショコラティエ 」。スカル柄のポップで人目をひくデザインが"今までに無いチョコレート"と本国アメリカでは大好評。日本でも多方面から注目を浴びています。 ハロウィン限定商品には、コンパーテスらしいイタズラ好きな"スカルショコラ"が勢揃いしました。限定商品が続々と登場します。 秋の訪れを華やかに祝うハロウィン。仮装アイテムの一つとしても取り入れたくなるようなファッショナブルなコンパーテスのスイーツで楽しいひと時を。

・コンパーテス ショコラティエ「ハロウィンアートパレット」
[期間限定]:9月17日(木)から発売−ハロウィン限定
"大人カワイイ"魅力を引き出すコンパーテス ショコラティエから、ハロウィン限定商品が新登場! 今年新登場の一押しアイテム「ハロウィンアートパレット」は、立体スカルやカラフルな焼き菓子、ドライフルーツがデコレーションされた、アーティスティックなパレット。パレットは、プレーンクッキーにチョコレートをディップした「スカルクッキー」と、ミルクチョコレートの「スカルカラー」、ホワイトチョコレートの「カラー」の選べる3種類!"大人カワイイ"上品さを秘めているショコラに仕上がりました。 手のひらサイズの大きさで、気軽に贈れるハロウィンアイテムとしてオススメ!

・ピルエット「秋の大人かき氷 〜 Violeta(ビオレータ) 」
旬の食材の味の深みが増し、食欲を刺激する豊穣の秋。Pirouetteがご提案する、秋の大人かき氷 〜 Violeta(ビオレータ) は、自家製サングリアを氷らせた色にちなんで、ビオレータ=「スミレ色」と名付けられたデザート。南部鉄器の器に、フロマージュブランの ソルベを盛り、その上に甘酸っぱい自家製サングリアの氷と、デラウェア、ピオーネ、巨峰の3種の葡萄をトッピングして仕上げました。 レモングラスなどのハーブの香りをうつした甘さ控えめなシロップをお好みでかけていただく、秋の大人スイーツです。

・銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ「パラディ・ローズ」
[期間限定]:9月20 日(日)−11 月20 日(金)
[提供店舗]:銀座メゾン アンリ・シャルパンティエ、二期倶楽部
仏・パティスリー界の第一人者で、「アンリ・シャルパンティエ」の技術アドバイザーを務めるクリストフ・フェルデールが特別にプロデュースし、「アンリ・シャルパンティエ」×「二期倶楽部」とのコラボレーションデセールが誕生。二期倶楽部が有する4万2千坪の敷地に広がる豊かな自然環境と洗練されたホスピタリティを、フェルデールシェフの感性でお皿の上に表現。秋を代表する食材である栗を使った秋冬限定のデセール。マロンクリームとローズのムースを組み合わせたモンブラン。雪の下に潜む春をイメージしたローズが香る美しい一皿です。


今月の展覧会・イベント情報は
・新江ノ島水族館 「えのすい×チームラボナイトワンダーアクアリウム2015」
[会期]:12月25日(金)まで
今回えのすいとコラボレーションするのはウルトラテクノロジスト集団チームラボ。「夜の水族館」という特別な時間に、新江ノ島水族館が、チームラボのデジタルアートによって、より美しく幻想的な別世界になります。相模湾大水槽がプロジェクションマッピングされ、水槽の中の魚たちや岩などに、美しい花が咲きわたります。そして、魚の動きに反応して、花が美しく散り、ゆっくりと景色が変化し続けます。魚の動きに合わせて変化していく景色は二度と同じ景色になることはありません。夜間スペシャルベントです。

・日本橋三井ホール
「ECO EDO 日本橋アートアクアリウム2015~江戸・金魚の涼〜&ナイトアクアリウム」
[会期]:9月23日(水・祝)まで
日本橋は、江戸時代に金魚観賞の文化が生活に根付いた地。
アーティスト・木村英智はその土地で毎年、新たな形で金魚を現代アートとして蘇らせ、最大の挑戦の場にしています。今年は、アートアクアリウム作品を朱塗りの櫓や江戸切り子など伝統的な技術を用いることで、より和を感じられるデザインに統一する一方で、LEDライティングや音楽、香りや装飾などの演出を近代的かつ宇宙的にすることで、空間演出の妙を感じられる世界を創出しています。毎年、趣向を凝らした演出と新作の数々で、違った表情を見せるアートアクアリウムの展開にご期待ください。

・art space AM 荒木経惟展「淫夏」
[会期]: 10月11日(日)まで
本展は、すべて、未発表。さまざまなテーマを包括しています。まずは、膨大な点数におよぶ、インスタントフィルム作品。あるものはダイナミックにペイントされ、あるものは「結界」に連なり2枚の断片が接ぎ合わされている。登場まもない新世代フィルムや、不思議な試み=シアンのみ、マゼンタのみ、動物柄フレームが群舞するかと思えば、ポラロイド時代の「花」と「卵」が整然と並ぶ。スタジオで撮り下ろされたKaoRiの、相反するはずの妖艶と清純が見事につやめくKIMONO姿。最新のインポシブルインスタントフィルムの作品群は最新作ならではのカラフルな夏の展覧会です。総点数は、ゆうに1000点を超え、作品完成から展示のセットアップまでの間でペインティングフォトの画料が乾ききらなかったほどの最新作が並んでいます。なお、今展記念ステッカーと、作品集を、会場とウェブストア限定で8月13日より販売致します。

・愛知県美術館「芸術植物園」
[会期]:10 月4 日(日)まで
わたしたちは、植物に対して科学的な目線を持つかたわらで、植物は生命力に満ちた存在として、あるいは季節の移ろいを感じさせる風物として、その時々の芸術のなかに独自の表現を生み出してきました。科学と芸術、植物のこれら二通りの描き方は、時に反発し合い、時に混じり合いながら、お互いの表現をより豊かなものにしてきたのです。古代の植物文様から、江戸時代の花鳥画、東西の本草学図譜、近代の植物写真、そして現代美術における植物表現まで、実に多様な、時に現実には存在しない植物までもが、温度と湿度をしっかりと管理した美術館という温室のなかに生い茂っています。メ芸術植物モとでも呼ぶべきこれらの植物たちの魅力的な生態を、展示室を散策するようにお楽しみください。

・国立新美術館 「ニキ・ド・サンファル展」
[会期]:9月18日(金)−12月14日(月)
ニキ・ド・サンファルは、戦後を代表する美術家のひとりです。1950年代に絵画制作を始めたニキは、独自のスタイルを作り上げていきました。1961年「射撃絵画」で、一躍その名が知られることになります。パフォーマンスの先駆例として美術史上高く評価されています。その後「ナナ」シリーズの発表などで、美術家として様々な活動を展開していきました。没後10年を経て2014年秋から、パリのグランパレとビルバオのグッゲンハイム美術館で大規模な回顧展が開催され、再評価の気運が高まっています。本展は、この回顧展の基本構成を踏まえながら、日本独自の展示要素も加えて、ニキの作品が持つ世界観をあますところなく紹介します。それは、私たちの心に強烈な印象を残すと共に、この社会に生きることの意味を問いかける機会となるでしょう。

・松屋銀座8階イベントスクエア
「ド・ローラ・節子の暮らし展」 バルテュス夫人、スイス グラン・シャレで活きる日々
[会期]:9月25日(金)−10月5日(月)
20世紀最後の巨匠と称えられた画家バルテュスの未亡人、節子・クロソフスカ・ド・ローラさん。バルテュスとの西欧での生活でも節子さんは日本の和の心を大切にしてきました。現在は、バルテュスとともに過ごしたグラン・シャレで暮らしています。その暮らしぶりは決して華美なものではありません。祖母からの着物を身につけ、ガーデニングを愛し、友人や来客には食器やお料理など、趣向をこらして、手作りのおもてなしをする。一方、バルテュス財団の名誉会長やユネスコ平和芸術家などの社会活動のみならず、画家、随筆家としても活躍しています。本展では、着物や手作りの品、テーブルコーディネートのほか、手芸の部屋の再現や、絵画作品など約180件を展観し、ド・ローラ・節子さんの美しく豊かな暮らしぶりを紹介します。

・東京都美術館「マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで」
[会期]:9月19日(土)−12月13日(日)
印象派の巨匠クロード・モネは、晩年の作品の多くを最期まで手元に残しました。画家の死後、それらはパリのマルモッタン美術館に遺贈され、同館は世界でも有数のモネのプライベート・コレクションを所蔵する美術館となりました。本展ではこのコレクションを中心に、画家が10代で描いたカリカチュア(風刺画)や、代名詞ともいえる「睡蓮」の連作、さらに晩年に白内障を患ってからも精力的に描き続けた「日本の橋」など約90点をご紹介します。さらに本展には、印象派の初期から作品を収集したド・ベリオ医師のコレクションから、「印象派」という呼称の由来となった《印象、日の出》、《ヨーロッパ橋、サン=ラザール駅》など、滅多に同館を離れることのない貴重な作品が特別出展。世界有数のモネ・コレクションを誇るマルモッタン・モネ美術館だからこそ実現できたメ究極のモネ展モ。

・東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
「もうひとつの輝き 最後の印象派 1900-20's paris」
[会期]:9月5日(土)−11月8日(日)
印象主義や新印象主義といった前世紀のスタイルを受け継ぎながら、親しみやすく甘美な作品を描いたカリエール、アマン=ジャン、ル・シダネル、20世紀初頭のパリで活躍した芸術家たちの展覧会。彼らは見たままに描きながらも自然や事物に潜む詩情を表現した彼らの作品は、商業的にも批評的にも成功を得、20世紀初頭におけるフランス美術界の一端を担いました。また、これら芸術家の作品が大原美術館や国立西洋美術館の母体となった大原コレクション、松方コレクションに含まれていることから、日本近代美術史の背景を知る上で、彼らが非常に興味深い存在であるといえるでしょう。本展覧会では、こうした芸術家たちが所属していた「画家彫刻家新協会(ソシエテ・ヌーヴェル)」のメンバーから、約20名の作家による作品約80点を展示し、20世紀幕開けのパリへ皆様をご案内いたします。

・島根県立美術館「伊藤若冲と京(みやこ)の美術−細見コレクションの精華」
[会期]:9月18日(金)−11月3日(火・祝)
細見美術館(京都市)は、江戸時代を代表する画家・伊藤若冲の絵画を数多く収蔵し、その内容の豊かさから、内外屈指の若冲コレクションとして広く知られています。本展では、15点の若冲画を中心に、円山応挙・池大雅ら個性豊かな京の画家たちの絵画、華やかな京の姿を映す遊楽図や祭礼図、古典文学を題材とした物語絵や歌仙絵、そして茶の湯の美術など、「京」の面影を今に伝える古美術94点を一堂に展示します。奇才若冲を生み育んだ、伝統と革新が織りなす「京」の美意識を感じていただけます。

・青森県立美術館「化け物展」
[会期]: 9 月13 日(日)まで
昔から、そして今もなお人間を魅了し続ける存在に「化け物」があります。それは、その時代時代の人々の理解を超越した不可思議な現象に対する恐怖心や、あるいは追究心の表れとして創造されたものです。したがって「化け物」の歴史とは、すなわち人間文化の歴史であり、「化け物」の表現には地域や時代による差異性、そして、その時代時代を生きてきた人間たちの精神性が如実に反映されているといえます。本展では、人間によって創造され、信仰され、且つ畏れられてきた「化け物」という存在の表現をとおして、人間と「化け物」の親密な関係を展観します。

・岐阜県現代陶芸美術館「超絶技巧!明治工芸の粋」
[会期]:9月12日(土)−12月6日(日)
明治の工芸は、精緻きわまりない超絶技巧で私たちを魅了します。しかしその多くは、海外で高い評価を得ながら、日本国内においては全貌を目にする機会がこれまでほとんどありませんでした。忘れかけた明治工芸の魅力を伝えるべく、今や質・量ともに世界随一と評されるコレクションを築き上げたのが村田理如氏。本展では村田氏の収集による京都・清水三年坂美術館の所蔵品から選りすぐりの逸品を一堂に公開。並河靖之らの七宝、正阿弥勝義らの金工、柴田是真・白山松哉らの漆工、旭玉山・安藤緑山らの牙彫、そして薩摩、印籠、刀装具、自在に刺繍絵画。多彩なジャンルにわたる約160点の優品を通して、明治の匠たちが魂を込めた精密で華麗な明治工芸の粋をお楽しみください。

・伊藤忠青山アートスクエア「ニッポンの前掛け展」
[会期]:9月10日(木)−9月27日(日)
前掛けは、屋号や看板商品のロゴマークなど広告としての役割もあり、汚れ防止や腰への負担を軽減する作業着でもありました。需要が減るにつれ、本物の帆前掛けを作れる職人も減り、このまま消えてしまうかに思えた前掛けですが、近年、古くからの良さを受け継ぎつつ、海外へのお土産品、ニューヨークやロンドンのレストランやカフェで使われるなど、全く新しいシチュエーションでの前掛け文化が生まれ、海外からの注目も高まっています。本展は、紡績、織り、染めの技術など、日本の職人技の数々を紹介するとともに、商店のデザインアートという面から日本の商業史を紐解きし、伝統が新たな世界観で受け継がれることで海を越えて広がっていった前掛け文化の世界をお楽しみいただくことができます。


今月の遊びに行こう!riscopeは、
石川県七尾市 のとじま水族館「魚の群れと海藻の海」
高さ7m、幅12mの巨大水槽。群れを成す魚達が離散集合を繰り返すといった海中の様子を再現しています。この水槽では、1日に二回、マイワシのビッグウェーブもご覧頂けます。約1万尾のマイワシが円を描くように群れ、集散を繰り返す生態をご覧いただけます。マイワシの鱗がキラキラと輝き迫力あるウェーブを作りだす、全国でも数少ないショーです。


今月の連載・お読みものは
・リトルモアから出版された「あたまいっぱいの鹿」も好評発売中の赤木仁の「あたまいっぱいの鹿のはなし」第五十二回目。挿し絵も画家赤木仁のオリジナルです。
山口由起子の「ふぃおれら」45ページ目。日々普通の話を綴っていくページ。

以上 
ご紹介させていただきます。
くわしくは webmagazine kimbou HOMEページヘ いこう!

About our articles of this Month, September , 2015 :
[Exhibition] Informations:
・Enosui×Team Lab Night Wonder Aquarium 2015
Venue:ENOSHIMA AQUARIUM
Period: Under holding to Friday, December 25

・ECO EDO Nihonbashi ART AQUARIUM 2015
Venue:Nihonbashi Mitsui Hall
Period: Under holding to Wednesday, September 23

・Nobuyoshi Araki exhibition「淫夏 IMKA」
Venue:art space AM
Period: Under holding to Sunday, October 11

・Between Botany and Art
Venue: Aichi Prefectural Museum of Art
Period: Under holding to Sunday, October 4

・NIKI DE SAINT PHALLE
Venue:The National Art Center, Tokyo
Period: Friday, September 18, to Monday, December 14

・Ex. de Rola SETSUKO
Venue:MATSUYA GINZA
Period: Friday, September 25, to Monday, October 5

Impressionist Masterpieces from Marmottan Monet Museum
Venue:TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM
Period: Saturday, September 19 − Sunday, December 13, 2015

・Last Impressionist − Time of Intimacy (1900-1920's Paris)
Carriere, Aman-Jean, Le Sidanerノ
Venue:Seiji Togo Memorial Sompo Japan Nipponkoa Museum of Art
Period: From September 5th (Sat.) to November 8th (Sun.), 2015

・Ito Jakuchu and the Fine Arts of Kyoto− Masterpieces of the Hosomi Collecion
Venue:SHIMANE ART MUSEUM
Period: September 18th (Fri)November 3rd (Tues/Holiday), 2015

・Ex. BAKEMONO
Venue:AOMORI MUSEUM OF ART
Period: Under holding to Sunday, September 13

・Kogei Superlative Craftsmanship from Meiji Japan
Venue:Museum of Modern Ceramic Art, Gifu
Period: Saturday, September 12 - Sunday, December 6

・Maekake (Japanese Apron) Exhibition
Venue: ITOCHU AOYAMA ART SQUARE
Period: Thursday, September 10 ミ Sunday, September 27


[Work's]
WORK'S Informations:
・FIORENTINA PASTRY BOUTIQUE /GRAND HYATT TOKYO 1F_monte bianco(mont blanc)
・FIORENTINA PASTRY BOUTIQUE /GRAND HYATT TOKYO 1F_Patata formaggi+Bombolone de la castagna
・PETIT PARK Cafe /DOMINIQUE ANSEL BAKERY TOKYO 2F_Baked "Apple Pie" Alaska
・DELREY Cafe& Chocolatier/OMOTESANDO HILLS_marron chocolate mousse with cream cheese's Ice Cream
・TORAYA CAFE/OMOTESANDO HILLS_ Waguri parfait
・Andaz Tokyo Toranomon Hills pastryshop _Sweet Jar
・LOLA'S Cupcakes Tokyo_Show Girl
・ KIHACHI Cafe−Lemon Butter Cake with fig
・ KIHACHI Cafe−Mont Blanc Parfait
・TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM_ Impressionist Masterpieces from Marmottan Monet Museum×Pierre Herm PARIS
・THE DINING ROOM/THE STRINGS BY INTERCONTINENTAL TOKYO_Afternoon tea set shukanoju
・Lounge SOMERHOUSE pastry corner/THE YOKOHAMA BAY HOTEL TOKYU 2F_ Halloween sweets
・Compartes chocolatier_Scull Chocolatier?Happy Halloween
・Compartes chocolatier_Halloween Art palette
・PIROUETTE_ Violeta
・HENRI CHARPENTIER×NIKI CLUB_Paradis Rose

[riscope] Informations:Notojima Aquarium in Ishikawa.

[Zin AKAKI's serial story]「Atama ippai no shika no hanashi」
The 52 stories.Please check out his short serial story.For a must-see Fantasy lovers!
[Yukiko YAMAGUCHI's essay] 「Fiorera 」
The 45 pages.Please check out her short serial story.For a must-see Prose lovers!

............................................................................................etc

Go to webmagazine kimbou:on line free paper !
TOP URL:http://homepage3.nifty.com/rispairka/shopindex.html

TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka