2015.01.10 号 について(Japanese and English)
今月の職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・ ブルガリ イル・チョコラート
チョコレート・ジェムズ「サン・ヴァレンティーノ 2015」
[発売日]:1月31 日〜(1月20日より販売予約開始)
「サン・ヴァレンティーノ2015"ルイ・エ・レイ"」に下記の2つのフレーバーを加え、4つのチョコレートがセットになったスペシャルボックスも登場。オレンジフラワーハニー&ラベンダー、ベルガモット&アールグレイ。

・ ブルガリ イル・チョコラート
チョコレート・ジェムズ「サン・ヴァレンティーノ2015 "ルイ・エ・レイ"」
[発売日]:1月31 日〜(1月20日より販売予約開始)
2015年、バレンタインの商品「サン・ヴァレンティーノ」より定番の"ルイとレイ"(彼と彼女)。ブルガリが誕生した地、イタリアのローマの街のカラーをテーマにした新しいボックスに入って登場します。赤やグリーンがかった美しいゴールドのグラデーションは、ローマでもっともロマンチックな観光地、スペイン階段から見渡す、夕暮れのコンドッティ通りの雰囲気を表現しました。

・フレデリック・カッセル「バラード・ア・フォンテーヌブロー」
[販売店]:ハイアットリージェンシー京都・三越銀座店・東急百貨店 本店
[発売日]:1月下旬〜
「Jardin Aromatique(香りの庭)」がテーマの今回は、フレデリック・カッセルがこよなく愛するフォンテーヌブローや近隣のバルビゾン、ヴォー・ル・ヴィコント城を散歩しながら香りをみつけていくストーリーを閉じ込めたショコラです。フォンテーヌブロー・アヴォン駅に貼られていた古いポスターをモチーフにしたボックスに庭園のデザインを施した色とりどりのショコラを詰めて、カッセル氏の20年の想いを綴ったコレクションです。

・フレデリック・カッセル「パルファン・ド・サンショウ」
[販売店]:ハイアットリージェンシー京都・三越銀座店・東急百貨店 本店
[発売日]:1月下旬〜
伝統的な石臼挽きによって柑橘が鮮烈に香るぶどう山椒は、まさに時代が変わっても守りたい古き良きもの。その香りは、カッセル氏にはギリシャ神話のヘスペリデスの「黄金の林檎」のように衝撃的な魅惑の香りでした。これから得たインスピレーションを生かし、日本人にとっては痺れる辛さがたまらない香辛料の山椒を柑橘と合わせることで、ぶどう山椒が本来持つフルーティな香りが立ち、日本人にもフランス人にも愛される未来へつながるボンボンショコラが誕生しました。

・パレスホテル東京 ペストリーショップ Sweets & Deli
「トリュフ」
[販売期間]:2 月1 日〜2 月14 日
ダークとホワイトがアソートされた香り豊かなトリュフはご希望のメッセージを
添えて。2015 年のバレンタインは、パレスホテル東京の限定スイーツで、大切な方や日頃お世話になっている方へ感謝の気持ちをお伝えください。?メッセージは予約制(3 日前まで12 字以内で承ります)。

・パレスホテル東京 ペストリーショップ Sweets & Deli
「ギモーヴ・ショコラ」
[販売期間]:2 月1 日〜2 月14 日
やわらかな口当たりのギモーヴをホワイトチョコレートで包み込み4 種の
フレーバー(ココア、キャラメル、シュガー、ストロベリー)で仕上げました。
女性同士のプレゼントとしてもおすすめです。

・フィオレンティーナペストリーブティック(グランド ハイアット 東京)
「苺ベリーヌ 」
[販売期間]:1月中旬〜3月31日(火)
透明のグラスに入った見た目も華やかなベリーヌ。ピスタチオムース、苺のムース、苺のコンフィが層になっています。

・フィオレンティーナペストリーブティック(グランド ハイアット 東京)
「苺とスプマンテのベリーヌ」
[販売期間]:1月中旬〜3月31日(火)
スプマンテのゼリーの中にフレッシュな苺が丸ごと4個入ったベリーヌ。

・フィオレンティーナペストリーブティック(グランド ハイアット 東京)
「苺プリン」
[販売期間]:1月中旬〜3月31日(火)
苺のピューレ入りのプリンと、自家製ベリーシロップ入りのキャラメルの相性が絶妙な一品。

・香炉庵「花元町」
横浜港の浮き玉をモチーフに、ひと口サイズのかわいい最中に仕上げました。6種類の餡を、色とりどりの芳しい皮で閉じ込めた新しいタイプのお菓子です。


今月の展覧会・イベント情報は
・DIC川村記念美術館「スサノヲの到来−いのち、いかり、いのり」
[会期]:1月24日(土)〜3月22日(日)
自然や神話に関する精神は、美術において重要なテーマです。当館のコレクションにおいても、たとえばローマ神話の女神を題材としたマイヨールやブールデルの彫刻、旧約聖書のユダヤの王が描かれたシャガールの《ダヴィデ王の夢》などに見ることができます。またロスコは神話に高い関心を寄せていました。今展は、日本における自然と人間の境界に生起する精神と芸術を、「スサノヲ」をキーワードに八つの章立てにより紐解いてゆくもので、縄文土器から現代美術まで200点を超える貴重な資料や作品を、当館のコレクションと並行させながら展観します。

・パナソニック 汐留ミュージアム
「パスキン展 -生誕130年 エコール・ド・パリの貴公子ー」
[会期]:1月17日(土)〜3月29日(日)
ジュール・パスキンは、エコール・ド・パリといわれる主に1920年代にパリに集った異邦人芸術家たちを代表する画家です。繊細で震えるような輪郭線と、淡くそして真珠のような輝きを放つ柔らかな色合いで描かれた女性や子ども達の作品で人気を博しました。 本展では、パスキンの全盛期である1920年代の充実した真珠母色の作品群とともに、ミュンヘン時代の素描、初期の油彩やアメリカ時代の秀作に加えて版画やパステルなど多彩な作品が揃います。エコール・ド・パリの貴公子、パスキンの名品の数々を是非ご覧下さい。

・東京都庭園美術館「幻想絶佳 :アール・デコと古典主義」 
[会期]:1月17日(土)〜 4月7日(火)
急速にモダンに変貌してゆく都市のなかで、両大戦間期の人々は古代ギリシア・ローマを規範とした伝統的な「古典主義」にも新しい関心を向けていました。本展では「古典主義」をキーワードにフランスの美術館コレクションを中心とした約80点の作品から、ジャック=エミール・リュールマン(家具デザイン)、ジャン・デュパ(絵画)、ロベール・プゲオン(絵画)ら、知られざるアール・デコの世界を紹介します。幻想イマジネーションあふれる "絶佳?素晴らしい眺め"をお楽しみください。

・東京都美術館「新印象派−光と色のドラマ」
[会期]: 1月24日(土)〜3月29日(日)
20世紀へつながる絵画の革新を推し進めた運動のひとつ、「新印象派」に注目し、その誕生からの約20年間の流れを時間軸に沿ってご紹介する本展は、印象派のモネの作品から始まり、スーラ、シニャックによる新印象派初期の作品、その後フランスやベルギーで次々と生み出された多様な新印象派の作品、さらにマティス、ドランの色彩溢れる作品をご紹介します。スーラの描いた静かで小さな点が、マティスのダイナミックで強い色彩の表現へ至るまでの変化の軌跡を、世界各国から集結する約100点でたどります。

・日本民藝館「文字の美−工芸的な文字の世界」
[会期]: 1月10日(土)〜3月22日(日)
日本民藝館には絵画や経典に書かれた文字のほか、陶磁器などの器物や拓本に遺された文字が多数所蔵されています。それらの文字は、個性を超え、公の性質をおび、型に深まり、模様にまで煮詰まっていることが特色で、柳宗悦は「工芸的な文字」と呼びその美しさを賞讃しました。館蔵品にあらわれた工芸的な文字の世界をご高覧下さい。

・島根県立美術館
「ポートレイト・イン・ミュージアム〜肖像画の魅力〜−島根県立美術館コレクションを中心に−」
[会期]:〜3月9日(月) まで
美術のジャンルの中でも重要な「ポートレイト(肖像)」をテーマとした展覧会です。絵画・版画・写真など当館の収蔵品を中心に、歴史的人物や役者、芸術家などの有名人から名もなき人々に至るまで魅力的なモデルを表した肖像画を紹介します。ズラリと並んだアートな顔にちょっとドキドキしながらお楽しみください!


以上 
ご紹介させていただきます。
くわしくは webmagazine kimbou HOMEページヘ いこう!

About our articles of this Month, January, 2015 :
[Exhibition] Informations:
・The Coming of Susanoo : The Life, Anger and Prayer
-The realm of spirituality and art between humanity and nature
Venue:Kawamura Memorial DIC Museum of Art
Period: January 24 - March 22,

・Jules Pascin
Venue:Panasonic Shiodome Museum
Period:January 17 (Saturday) - March 29(Sunday)

・The 30th Anniversary of the Tokyo Metropolitan Teien Art Museum
Fantaisie Merveilleuse: Classicism in French Art Deco
Venue:TOKYO METROPOLITAN TEIEN ART MUSEUM
Period: Saturday, January 17 - Tuesday, April 7

・Neo-Impressionism, from Light to Color
Venue:TOKYO METROPOLITAN ART MUSEUM
Period: January 24 - March 29, 2015

・The Beauty of Letters -The World of Craft Letters-
Venue:The Japan Folk Crafts Museum
Period: Jan. 10th (Sat) - March 22nd (Sun), 2015

・Portrait In Museum The Appeal of Portraiture-From The Shimane Art Museum Collection-
Venue: SHIMANE ART MUSEUM
Period: January 2nd (Fri) ~ March 9th (Mon), 2015


[Work's]
WORK'S Informations:
・BVLGARI Il Cioccolato_ San Valentino 2015 "Lui e Lei"
・BVLGARI Il Cioccolato _ San Valentino 2015
・Frrederic Cassel_ Balade a Fontainebleau
・Frrederic Cassel_Perfums de Sansho 
・PALACE HOTEL TOKYO Pastry Shop Sweets & Deli _ Truffe
・PALACE HOTEL TOKYO Pastry Shop Sweets & Deli _ Guimauve chocolat
・GRAND HYATT fiorentina pastry boutique _ Strawberry Verrine
・GRAND HYATT fiorentina pastry boutique _ Strawberry Spumante Verrine
・GRAND HYATT fiorentina pastry boutique _ Strawberry ツlair
・KOURO-AN_ Hana Motomachi

............................................................................................etc

Go to webmagazine kimbou:on line free paper !
TOP URL:http://homepage3.nifty.com/rispairka/shopindex.html


TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka