2014.12.10 号 について(Japanese and English)
メリークリスマス そして よいお年を!

今月の職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・ インターコンチネンタル パリ ル グラン _カフェ・ド・ラペ 
「ペブルケーキ バイ ステファン・ローラン」
毎年著名なファッションデザイナーとコラボするカフェ・ド・ラペのオリジナル・デザート モファッションペストリーモ。2014年秋からスタートしたデザートは、2013年自身の名を冠したブランド立ち上げたステファン・ローランがデザインしています。"Pebble cake"と名付けられ、その名の通り玉石をおもわせる楕円形で、なんと金箔で覆われています。ナイフで切るとチョコレートムースに包まれた核にはとろけるチョコレートソースが隠されています。長きに渡りオートクチュールの世界に身を置いていたステファンの、ラグジュアリーな世界観をデザートを通して体験いただけます。

・西武池袋本店「セバスチャン・ブイエ_ブールドネージュ」
[予約受付中]:〜12月19日(金)※ネット受注期間〜12月10日(水)※
[お引渡し]:12月23日(火・祝)〜25日(木)
西武食品館では、とっておきのクリスマスに欠かせないクリスマスケーキのご予約を承っております。なかでもセバスチャン・ブイエは、過去から未来への想いを「未来都市型」ケーキを形に。ビターチョコレートとホワイトピストレ、マロンコンフィ、マロンムースなどを球に込めました。

・アンテノール 「フルーツBOX」
[店頭にて予約受付中]
洋梨を入れたまろやかなバニラババロワとスポンジ、クリームを重ねフルーツを飾って。ちょっとした手土産等にも、クリスマス気分を味わえるお手軽なクリスマスケーキです。お好きなサイズで切り分けてお召しあがりいただけます。

・フレデリック・カッセル「マンジャリ アントルメ」
[販売店]:銀座三越・東急百貨店本店
フレデリック・カッセル店頭では、"マンジャリ"を2名様から楽しめる小さめのアントルメをご用意します。
マダガスカル産最高品質のカカオ豆を使用したヴァローナ社の「マンジャリ」を使用したショコラとフランボワーズのムースは、赤い果実を思わせる華やかな香りと爽やかな酸味が口の中に広がり、さらに中に閉じ込めたフランボワーズクリームが、素晴らしい味わいを奏でます。下に敷いたビスキュイもカカオの香りをさらに引き立てます。ショコラティエでもあるカッセルならではの一品。12月1日〜21日は、小さなサイズのケーキで登場。まずは、味見をしていただき、クリスマス本番のケーキをお選びいただけます。

・フレデリック・カッセル「ミニ クグロフ」
[販売店]:銀座三越・東急百貨店本店
クリスマスリースに見立てた焼き菓子が人気のクグロフ。2014年はホワイトとピンクにデコレーションしました。プチギフトに、またパーティシーンではテーブルやキッチンに並べて彩りを添えれば、クリスマス気分も盛り上がることでしょう。

・パレスホテル東京 ペストリーショップ Sweets & Deli
「エモーション」
[予約受付中]:ご購入日の3日前まで
[販売期間]:12月20日(土)〜12月25日(木)
すべてホワイトチョコレートで作られたギフトボックスをあけると、中から濃厚なショコラのシュークリームを積み上げたクリスマスツリーが登場します。繊細なデザインが描かれた華やかなリボン、ベルやスターなどクリスマスを連想するモチーフがかたどられ、細部までこだわったギフトボックスは食べてしまうのが勿体ないほど。見た目も華やかなクリスマスケーキで、心躍るサプライズを演出いたします。

・栗尾商店「なると金時 阿波鳴」
[販売期間]:11月〜2月(季節限定商品)
さつま芋の女王と呼ばれている鳴門金時をさらに厳選し、一口サイズに手で切り、糖蜜に漬け込んで焼いたお菓子です。昔懐かしい、焼き芋のような香ばしい食感に仕上げました。


今月の展覧会・イベント情報は
・サントリー美術館「天才陶工 仁阿弥道八」
[会期]:12月20日(土)〜2015年3月1日(日)
仁阿弥道八は、関西では「仁阿弥」と呼ばれ、仁阿弥の茶道具は茶席において現在もなお人気があるといいます。しかし意外にも、仁阿弥道八の作品が展覧会でまとめて公開される機会は決して多くありませんでした。本展では、鋭い観察力と卓越した技量を駆使して、真摯に作陶に向き合った仁阿弥道八の技とユーモア冴えわたる作品の数々を一挙にご紹介します。また、ボストン美術館所蔵「モース・コレクション日本陶磁」からも12件の仁阿弥道八作品が里帰りする貴重な機会です。

・国立新美術館「チューリヒ美術館展」
[会期]:〜 12月15日(月)まで
スイスが誇る美の殿堂チューリヒ美術館のコレクションを、日本で初めてまとめて紹介します。出品されるのは、これまでなかなか来日の実現しなかった印象派からシュルレアリスムまでの傑作74点。スケッチや習作がない、まさに「すべてが代表作」といえるラインアップです。 世界的な金融都市でもあるチューリヒの富と、スイスの人々の美への慧眼を象徴するようなチューリヒ美術館展は、日本とスイスの国交樹立150年を記念する展覧会でもあります。

・東京都庭園美術館「内藤礼 信の感情」
[会期]:〜 12月25日(木)まで
じっと目を凝らし息を潜めて捉えようとする。そうして向き合ってようやく認識できたと思っても、またふとした瞬間に遠ざかって行ってしまう。でもそれは確かにそこにある??「地上に存在していることは、それ自体、祝福であるのか」をテーマに探求を続けている現代美術作家 内藤礼の個展を開催します。時間の積層や人の過ごした気配を感じる本館、そしてその先に現れる新館のホワイトキューブ空間に、内藤礼の新作が命と色を吹き込みます。

・細見美術館「仙がいと鍋島 -美と向き合う、美を愉しむ−」
[会期]:〜12月14日(日)まで
臨済宗古月派の僧 仙がい義梵は、博多・聖福寺の住持を20年勤め、洒脱で飄逸な禅画を多く遺しています。職業絵師とはちがった面白さ溢れる作品は、その魅力故に多くの人々に愛されています。一方、鍋島は佐賀・鍋島藩の藩窯で、藩主の所用品や贈答用に製造されてきました。洗練・精巧をきわめた華麗な作風は、現代にも伝承されています。 本展では、神尾勇治氏が40年にわたり蒐集された仙がいと鍋島の名品をご紹介します。コレクターの目を鍛え続けてきた、美の緊張感と面白さ。個性豊かな作品の数々をお愉しみください。

今月のriscopeは、宮城県大崎市「感覚ミュージアム」の香りの森
1本1本紙を縒って作られた紙縒り30万本で構成された、白く柔らかな質感の空間です。樹林に見立てた柱9本のうち7本に穴が開いています。顔を入れるとそれぞれ違う岩出山の自然をもとにした香りや自然の奏でる音が広がります。

以上 
ご紹介させていただきます。
くわしくは webmagazine kimbou HOMEページヘ いこう!

About our articles of this Month, December, 2014 :
[Exhibition] Informations:
・Ninnami Dohachi: An Observant and Brilliant Potter
Venue:SUNTORY MUSEUM of ART
Period: December 20th (Sat.), 2014, to March 1st (Sun.), 2015

・Rei Naito the emotion of belief
Venue:TOKYO METROPOLITAN TEIEN ART MUSEUM
Period:Under holding to December 25, 2014.

・Masterpieces from the Kunsthaus Zurich
Venue:The National Art Center, Tokyo
Period: Under holding to Monday, 15 December , 2014

・The Paintings of Sengai and Nabeshima Ceramics
from the Yuji Kamio Collection:Coming Face-to-Face with Beauty
Venue:HOSOMI MUSEUM
Period: Under holding to Sunday, 14 December , 2014

[Work's]
WORK'S Informations:
・InterContinental Paris Le Grand Cafe de la paix_ Pebble cake By Stephane Rolland
・SEIBU IKEBUKURO Sebastien BOUILLET _ Boule De Neige
・ANTENOR _ fruit box
・Frederic Cassel_ Manjari Entremet
・Frederic Cassel _Mini Kouglof 
・korioshoten _ naruto kintoki awanaru
・PALACE HOTEL TOKYO Pastry Shop Sweets & Deli _ Emotion

[riscope] Informations:KANKAKU MUSEUM in Miyagi

............................................................................................etc

Go to webmagazine kimbou:on line free paper !
TOP URL:http://homepage3.nifty.com/rispairka/shopindex.html


TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka