2014.11.10 号 について(Japanese and English)
今月のゲストは 湘南のジェラテリア:ザ・マーケット・エスイーワン新 安夫さん。新さんは、F1チームの専属シェフで世界各国を帯同後、湘南に、ジェラテリアをオープン。江ノ島駅から腰越駅の間の車窓から見えるかわいいお店で,地元の人でなくとも海水浴帰りにはぜひチェックして欲しい...といいたいのですが、なんと毎年クリスマスにデコレーション・アイスという企画を企ててるそうで、冬でも暖房のきいた店内でのおいしいジェラートという贅沢をぜひ 味わいに行ってみてください。


今月の職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・ フィオレンティーナ ペストリーブティック「ベリープティング」
[予約受付]:−12月15日(月)まで(オンライン・店頭)
[お引渡し]:12月19日(金)−12月25日(木)(店頭)
赤ワイン、オレンジジュース、ラズベリー、赤スグリで作ったミックスベリーシロップにたっぷり漬けた自家製ブリオッシュ生地の中に、クリームブリュレとベリーフィリングをサンドしました。ベリーの爽やかな酸味とクリームブリュレの濃厚な甘みのコントラストが楽しい一品。

・ペストリーショップ Sweets & Deli_パレスホテル東京 
「ボネ・ド・ペール・ノエル」
[予約受付中]:〜ご購入日の3日前まで
[お引渡し]:12月20日(土)−12月25日(木)
サンタの赤い帽子の中に、サンタクロースを模したショコラをしのばせたチーズケーキ。赤いチョコレートで仕上げられた帽子、ベースとなるやわらかい甘さの白いチーズケーキもすべて召し上がれます。遊び心あふれるルックスがパーティーで目を引くこと間違いなし。サプライズあふれる仕掛けは、子どもから大人まで温かな笑顔を誘います。

・ペストリーショップ Sweets & Deli_パレスホテル東京 
「スフェール」
[予約受付中]:〜ご購入日の3日前まで
[お引渡し]:12月20日(土)−12月25日(木)
「ボスフェール」
クリスマスオーナメント型のチェリーコンポートムースを飾った、チョコレートケーキ。ナッツが香るチョコレートを贅沢に使用した、大人な味わいです。聖なる夜を華やかに彩るクリスマスケーキやお菓子を囲んで、家族や友人、大切な方々と素敵なクリスマスをお過ごしください。

・ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー_ANAインターコンチネンタルホテル東京
「ピスターシュマンダリン」
[予約受付]:−12 月12 日(金)
[販売(受け取り)期間]:12月20日(土)−12月25日(木)
世界を舞台に11 店舗のレストランを展開する3 つ星シェフ、ピエール・ガニェール氏がプロデュースする「ピスターシュマンダリン」。ピスタチオ風味のタルトの上に、丸みが愛らしいマンダリンオレンジ&プラリネのムースと、ピスタチオ&フランボワーズのムースを赤いチョコレートのプレートでつなげ、華やかなクリスマスリースを表現しました。ガニェール氏の芸術的な世界を表現する逸品です。

・ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー_ANAインターコンチネンタルホテル東京
「クリスマスプディング 」
※予約限定※
[予約受付]:−12 月12 日(金)
[販売(受け取り)期間]:12月20日(土)−12月25日(木)
ご家族やお仲間、恋人と過ごすクリスマスのひとときに、見た目のみならず味わいに驚きと感動を呼び醒ますピエール・ガニェールのクリスマスプディング。ドライフルーツがたっぷり入ったイギリスの伝統的なクリスマス菓子をどうぞお楽しみください。

・オリジナルパンケーキハウス 吉祥寺店
「ダッチベイビー」
伝統を守り続けて60年、アメリカの手作りパンケーキ専門店「オリジナルパンケーキハウス」。なかでも『ダッチベイビー』は自慢のメニューのひとつだそうだ。オーブンでじっくり焼き上げたジャーマン生地のパンケーキです。ホイップバター、レモン、粉砂糖とともに、どうぞ本格的な味をお楽しみ下さい。

・フルーツパーラー クリケット
「クリケット ゼリー」
オレンジやレモンやグレープフルーツの中身をくりぬいて、そこにそれぞれの果肉で作ったゼリーが入っています。ホイップした生クリームをのせて食べていただくと柑橘系の酸味と甘みと生クリームの豊かさが口の中に広がって、絶妙な味わいです。口に入れると瞬間にとろけるゼラチンだけで作るさわやか爽やかなゼリーです。


今月の展覧会・イベント情報は
・東京都庭園美術館「アーキテクツ/1933/Shirokane アール・デコ建築をみる」
[会期]:11月22日(土)− 12月25日(木)
今回の展覧会では、朝香宮邸建築に関わったアーキテクツ(設計者・技術者たち)に焦点をあて、彼らが1933年にこの白金の地で何を目指して、何を実現したのかを紹介します。彼らの目を通して、このアール・デコ建築が生まれるストーリーを追いかけます。

・ポーラ美術館「紙片の宇宙 シャガール、マティス、ミロ、ダリの挿絵本」
[会期]:− 2015年3月29日(日)まで
本展覧会では、ポーラ美術館のコレクションの中から挿絵本の黄金期にきらめく代表作をひもとき、初公開の挿絵を含む約50点の挿絵本と、関連する絵画作品をご紹介します。
めくるめく、「絵画」と「書物」の出逢いをご堪能ください。

・三菱一号館美術館「ボストン美術館 ミレー展 -傑作の数々と画家の真実」 
[会期]:− 2015年1月12日(月・祝)まで
本展では、ミレー生誕200周年記念として、『ボストン美術館3大ミレー』と言われる《種をまく人》、《刈入れ人たちの休息(ルツとボアズ)》、《羊飼いの娘》をはじめ、選りすぐりのミレーの作品25点を中心に、バルビゾン村で活動したコロー、ディアズ、ルソーらバルビゾン派の画家、また、ミレーの影響を受けたクロード・モネらフランスの画家の作品など、総点数64点を展覧します。

・竹中大工道具館開館30周年記念巡回展「日中韓 棟梁の技と心」
[会期]:11月1日(土)−12月28日(日)
本展で紹介するのは、日中韓の各国を代表する三人の棟梁。紫禁城、景福宮、薬師寺という東アジアを代表する建築ゆかりの最高峰の職人たちです。本展では、棟梁たちが手がけた迫力の建築模型や大工道具、設計図などが海を渡って一堂に会し、それぞれの「腕の見せどころ」を際立たせます。また、棟梁のことばを織り交ぜながら、日中韓に脈々と受け継がれてきた棟梁たちの精神にも迫り、三か国の棟梁の技と心が交流する場を創出します。


今月のriscopeは、宮城県大崎市「感覚ミュージアム」のハートドーム
感覚ミュージアムは五感をテーマにした体験型の美術館です。見る、聞く、触れるといった感覚体験を通し、感じるチカラに磨きをかけ、想像力を高めることができます。館内には、ハートドームというハート型をしたドームがあります。感覚ミュージアムのシンボルとなっております。ドームの中は、お風呂に見立てた漆塗りの湯船がしつらえてあり、ゆったりと身体を横たえ、音と光のシャワーで「精神浴」を楽しんでいただく空間となっています。以上 
ご紹介させていただきます。


くわしくは webmagazine kimbou HOMEページヘ いこう!

About our articles of this Month, November, 2014 :
Yasuo ATARASHI(The Market SE1)
We have Japanese interview.Please check out hisvoice. For a must-see Sweets lovers!

[Exhibition] Informations:
・Artiists Books by 20th Century Masters
Venue:POLA MUSEUM OF ART
Period: Under holding to March 29, 2015.

・Architects/1933/Shirokane Look at Art Deco Architecture
Venue:TOKYO METROPOLITAN TEIEN ART MUSEUM
Period:November 22- December 25, 2014.

・Millet, Barbizon and Fontainebleau
Venue:Mitsubishi Ichigokan Museum, Tokyo
Period: Under holding to Monday, 12 January , 2015 (holiday)

・Master Carpenters in Japan, China, and Korea
Venue:TAKENAKA CARPENTRY TOOLS MUSEUM
Period: November 1 - December 28, 2014.


[Work's]
WORK'S Informations:
・fiorentina Pastry Boutique _ Berry pudding
・Pastry Shop Sweets & Deli _ Bonnet de Pere Noel
・Pastry Shop Sweets & Deli _ Sphere
・PIERRE GAGNAIRE PAINS et GATEAUX_ pistache mandarin
・PIERRE GAGNAIRE PAINS et GATEAUX _ Christmas pudding
・Original PANCAKE HOUSE _ DUTCH BABY
・Fruits Parlor CRICKET _ CRICKET JELLY

[riscope] Informations:KANKAKU MUSEUM in Miyagi.

...........................................................................................etc

Go to webmagazine kimbou:on line free paper !
TOP URL:http://homepage3.nifty.com/rispairka/shopindex.html
TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka