2014.08.10 号 について(Japanese and English)
今月のメール・インタビューのゲストは、GONTITI(ゴンチチ)ゴンザレス三上さんとチチ松村さんのおふたりです。ゴンザレスさんは昨年2013年末に還暦を迎えられ、チチさんは今年2014年の9月に還暦を迎えられるそうで、それを記念してのライブ、ゴンチチ創業36周年「GONTITI ダブル還暦フェスティバル」を東阪,共に大ホールで開催される予定だそうです。(チケットご購入の方には、もれなく創業36周年記念手ぬぐい付き!)しかも、ライブを待ち切れないファンのみなさまのために、コンサートに先駆けCD2タイトル同時リリース決定!という、いつもながらに大忙しの中、インタビューにお答えいただきました。

今月の職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・ 西武池袋本店 イケセイ アイス パーク「【栃木】四代目徳次郎/日光天然氷かき氷 」
[期間限定販売]:〜9月 2日まで
「アイス強化月間」として、 期間限定で一度は食べたい、有名店や噂のアイスが続々と、毎週入れ替えしながらオープンしているのが『イケセイ アイス パーク』。 あの感動をもう一度「天然水かき氷」として登場するのは、【栃木】四代目徳次郎の日本に5軒しかない天然氷屋が去年に続き登場。シロップも徳次郎の地元、栃木産素材を使った、「とちおとめ苺」や「和三盆糖蜜」など

・アンテノール「 デザート・フリュイ」
[販売期間]:〜8月末日まで(詳しい事はHPにてお問い合わせください)
バニラ風味のババロワに7種のフルーツ(苺、オレンジ、洋梨、黄桃、ブルーベリー、フランボワーズ、パイン)をとじこめたゼリーを重ねました。 夏の手土産に最適なみずみずしい美味しさです。

・茜庵 「ゆうたま」
茜庵 が位置する四国・徳島は、日本の美味しい食材の宝庫。その四国ゆかりの希少な果実を使った一口菓子 「ゆうたま」。 ころん、と愛らしい形に映える、和の伝統色になぞらえた清らかな5つの果実の色は、すっと目に馴染む優しい風合いです。

・京都北山マールブランシュ 「バームクーヘン・ジャポン」
和三盆糖と米粉が織りなす和のハーモニー。洋の古典を紐とき、懐かしい日本の味に還る、温故知新の上品なおいしさにこだわっています。しっとりジューシーでありながらふんわり軽い、ソフトなメ日本のバームクーヘンモ。焼き加減を火が通るぎりぎりに抑え、目のつまったきめこまやかな味わいに仕上げています。仕上げに白無垢を思わせる和三盆糖の衣をやさしくまとわせています。京料理に見合うような、ふわっと香って、すうっと抜ける。そんな味の余韻をお楽しみください。

・マリオジェラテリア「ジェラートSサイズ(2種類)」
マリオジェラテリアは手作りのジェラート専門店です。厳選された食材のおいしさを活かし、安定剤の使用を最小限に抑えた事による口溶けの良さが自慢です。

・ミルキッシモ「とうもろこしエスティーヴォ」

[提供可能時期]:8月〜9月
遠く離れたイタリアに思いを馳せ、函館近郊の上質な牛乳をはじめ、北海道の大地が生み出す豊かな恵みをジェラートにしています。「とうもろこしエスティーヴォ」は、味の濃さと甘さで人気の北海道産とうもろこしを使用。「ミルキッシモ」のジェラードでしか味わえない特別なおいしさ。

・ミルキッシモ「枝豆エスティーヴォ」
[提供可能時期]:8月〜9月
「ミルキッシモ」は、おいしさだけでなく、華やかでインパクトある盛りつけにこだわっています。目にするだけで大きな感動が訪れ、奥深いジェラードの世界をご堪能いただけます。また、果物や野菜を添えているため、使用している原料もひと目でわかり安心して召し上がれます。「枝豆エスティーヴォ」は北海道産の枝豆にこだわり、手作りでジェラートに仕上げています。夏を思わせる爽やかな味わいを どうぞ。

・祇園きなな本店「ベリーベリーきなな」
「やさしく、おいしく」を終始一貫したテーマに、 厳選された天然素材をふんだんに使用
し、化学的な着色料、保存料を一切使わず、脂肪分も極力抑えて製造されている京きななのアイス。「ベリーベリーきなな」は、ヨーグルト・ラズベリー・ブルーベリー等が入ったヘルシーなパフェです。


今月の展覧会・イベント情報は
・パナソニック 汐留ミュージアム「建築家ピエール・シャローとガラスの家」展
-ポンピドゥー・センター・コレクションが魅せるアール・デコ時代の革新−
[会期]:〜 10月13日(月・祝)まで
本展はパリのポンピドゥー・センターの全面的な協力を得て、1920-1930年代のパリを舞台に、家具とインテリアと建築の3つの分野で比類のない造形を生み出したピエール・シャローを紹介する展覧会です。

・青森県立美術館「美少女の美術史『少女』について考えるための16の事柄」
[会期]:〜 9月7日(日) まで
「美少女」は、世界から注目を集める日本の漫画・アニメにおける特徴的なモチーフです。これは現代に固有の現象ではなく、「少女」という存在は、古くから日本の芸術において重要な役割をはたしてきました。本展では「美少女」をテーマとし、美術、文学、漫画、アニメ、フィギュアなど様々な領域を横断しながら、過去と現在の日本の文化について考えます。

・京都市美術館「バルテュス展 」
[会期]:〜9月7日(日)まで
ピカソをして「20世紀最後の巨匠」と言わしめた画家バルテュス。時が止まったように静謐な風景画や、バルテュス曰く「この上なく完璧な美の象徴」である少女のいる室内画など、どこか神秘的で緊張感に満ちた独特の世界観は、多くの人々に愛され続けています。その世界的な人気ゆえ、作品の所蔵先は世界中に広がっており、彼が愛したこの日本で我々の目に触れる機会は極めて限定的でした。没後初の大回顧展が、ついに実現。世界中から集う40点以上の油彩画に加えて、素描や愛用品など100点以上を紹介します。

・紙の博物館 「紙のおもちゃ」
[会期]:〜8月31日(日)まで
「おもちゃ」と聞いて思いうかべるものは、性別や年代によってさまざまでしょうが、凧・カルタすごろく・紙風船・紙人形など、紙のおもちゃの存在を忘れてはなりません。紙は入手や加工がしやすい、とても身近な素材であり、古くからおもちゃにも使われてきました。中には、子どもの遊び道具としてだけでなく、信仰や年中行事に結びついたものもありました。懐かしくて楽しい紙のおもちゃをご紹介します。

・サントリー美術館「プラハ国立美術工芸博物館所蔵 耀きの静と動 ボヘミアン・グラス」
[会期]:8月2日(土)〜9月28日(日)
カットとエングレーヴィングによって、水晶のように耀くボヘミアン・グラス。13世紀頃に始まるガラス製造は、1670−80年代、透明度が高く、光との共鳴が美しいカリ・クリスタルの開発によって興隆し、18世紀には、ヴェネチアン・グラスが流行するヨーロッパのガラス市場を席巻する勢いとなりました。19世紀に様々な着色・絵付け法が開発されると、モノクロームの美は一転、色彩豊かに変貌します。また20世紀には世界に君臨する「ガラス彫刻」を築き上げ、今もなお発展し続けています。本展は、現在のチェコ共和国周辺に花開いたボヘミアン・グラスの変遷を、15世紀から現代にいたるプラハ国立美術工芸博物館の収蔵品170件でご紹介するものです。静謐に、雄弁に、ダイナミックに、時を追うごとに多彩な表情をみせる造形美をお楽しみください。


・細見美術館「陶磁器に出会うVII デミタス コスモス−宝石のきらめき★カップ&ソーサー−」
[会期]:〜9月28日(日)まで
デミタスはフランス語で半分のカップを意味する小ぶりの器で、食後などに深く濃い味わいのコーヒーを飲むためのものです。掌にすっぽりと収まる大きさにもかかわらず、その形状や加飾は驚くほど多彩です。その美しさ故に多くの人々を魅了しています。本展では、18世紀から20世紀初頭のマイセン、セーヴル、ロイヤルウースター、ミントン、KPMベルリンといったヨーロッパの作品を中心に展観します。優雅で愛らしく、宝石のような煌めきをもつデミタスの数々をお愉しみください。


今月の連載・お読みものは
・リトルモアから出版された「あたまいっぱいの鹿」も好評発売中の赤木仁の「あたまいっぱいの鹿のはなし」第四十二回目。挿し絵も画家赤木仁のオリジナルです。

山口由起子の「 ふぃおれら 」40ページ目。日々普通の話を綴っていくページ。

以上 
ご紹介させていただきます。
くわしくは webmagazine kimbou HOMEページヘ いこう!

About our articles of this Month, August, 2014 :
GONZALEZ Mikami and TiTi Matsumura(GONTITI)
We have Japanese interview.Please check out their voice. For a must-see Music lovers!

[Exhibition] Informations:
・Pierre Chareau, architect of the House of Glass : A Modernist in the time of Art Deco
Venue:Panasonic Shiodome Museum
Period: Under holding to October 13, 2014 (Monday/Holiday)

・Bishojo: Young Pretty Girls in Art History ミ 16 Perspectives for Studying the Idea of the bishojo Duration
Venue:Aomori Museum of Art
Period: Under holding to Sunday, September 7th, 2014.

・Balthus
Venue:Kyoto Municipal Museum of Art
Period: Under holding to September 7(Sunday), 2014.

・PAPER TOY
Venue:PAPER MUSEUM
Period: Under holding to August 31(Sun), 2014.

・The Radiance of Stillness and Motion: Bohemian Glass
from the Collection of the Museum of Decorative Arts in Prague
Venue:SUNTORY MUSEUM of ART
Period: August 2nd (Sat.) to September 28th (Sun.), 2014


[Work's]
WORK'S Informations:
・Ikesei Ice Park _ the fourth Tokujiro From Tochigi-ken
・ANTENOR _ dessert fruit
・AKANEAN _ yuutama
・MALEBRANCHE _ BAUM KUCHEN JAPON
・ MarioGelateria_ The gelato S size
・MILKISSIMO _ MAIS
・MILKISSIMO _ EDAMAME
・kyo-kinana _fberry berry kinana


[Zin AKAKI's serial story]「Atama ippai no shika no hanashi
The 42 stories.Please check out his short serial story.For a must-see Fantasy lovers!

[Yukiko YAMAGUCHI's essay] 「Fiorera
The 40 pages.Please check out her short serial story.For a must-see Prose lovers!

............................................................................................etc

Go to webmagazine kimbou:on line free paper !
TOP URL:http://homepage3.nifty.com/rispairka/shopindex.html


TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka