2014.07.10 号 について(Japanese and English)
今月のメール・インタビューは、京都発の音楽創作ユニット"にげたひつじ"の 岸本卓さん、西村圭さんのお二人。彼らは、全曲新録音源による初の全国流通盤『nigetahitsuji』を今年2月にリリースしたばかり。ソウル/ソフトロック/ブラジルからプログレッシブ・ロックまでといった、深く幅広い音楽嗜好を独自のセンスで良質ポップス作品としてまとめ仕上げる職人的アプローチで、洋邦問わず、ライトユーザーから音楽マニアまでをも唸らせる、メロウでグル−ヴィーな極上のポップ・ミュージックを聞かせてくれる。そんなお二人にインタビューしました。

今月の職人技の光るおすすめの「作品」情報は
マルクト スイーツデザインマーケット「キノッコ」
[期間限定販売]:8月19日まで(瀬戸内レモンのキノッコのみ)
キノッコは可愛らしい見た目とは裏腹な、本格派シュークリームです。小さいけれど、しっかりと味を堪能できるプティシューです。現在販売中の季節のキノッコは瀬戸内レモンのキノッコ。レモンのコンフィチュールとクリームを合わせました。爽やかな酸味が暑い夏にピッタリのお味です。

・ポアール帝塚山「 マルポンム【陸奥林檎のソルベ】」
青森の特定農家より仕入れたリンゴ【陸奥】の特別注文品を使用、アイスクリーム専門の職人『グラシエ』がひとつひとつ丁寧に林檎をくりぬきその香り豊かな果汁をたっぷりと使用、最高のソルベ(シャーベット)に仕上げました。後味のさわやかな、果実よりおいしいこのフルーツシャーベットはギフトとして大変ご好評頂いております。

・ザ・キッショウアン京都「フロマージュビスキュイ」
[販売期間]:〜8/31(日)まで
北海道産の小麦を"丸ごと"挽いた小麦粉を独自ブレンドした"真っ黒"タルト生地。サクッと焼き上げ濃厚チーズケーキをサンドしました。白と黒のモダンな組み合わせが雅な息吹を感じさせる、持ちやすく食べやすい新スタイルのチーズケーキです。モダンな京都の息吹を演出します。

・Harrods 「ハロッズNo.14 ソフトティークリーム 」
ハロッズのベストセラー「Blend No.14」の茶葉をふんだんに使用したオリジナルのソフトクリーム。ソースともに原料から手作りで紅茶の風味もしっかり。カカオ味のコーンがアクセント。ショップでも取扱いの「ティーシガー」(アールグレイの茶葉を練りこんだクッキー)もポイントです。

・日本茶専門店 茶倉SAKURA「自家製抹茶パフェセット 」
茶倉sakuraのお抹茶をたっぷりと使った素材を組み合わせてお茶の香りいっぱいの抹茶パフェに仕上げました。抹茶ゼリー、抹茶ババロア、抹茶求肥、抹茶スポンジ、抹茶クッキー、抹茶アイス、抹茶寒天に桜のアイス、黒糖寒天など和の素材を組み合わせています。あまみを抑えた大人の抹茶パフェです。

・ミルキッシモ「メロンマトゥーロ」
[販売期間]:〜11月まで
旬の北海道産果物や野菜を厳選。素材をたっぷり使ったジェーラートは、果実感や野菜の風味も残った自然な味わいです。「メロンマトゥーロ」は、北海道産の完熟メロンをカットし、新鮮なままジェラードに。リッチな甘みがそのまま生きています。

・祇園きなな本店「できたてきなな」
京きななは京都祇園に店を構えるきなこアイス専門店です。「できたてきなな」は、文字どおり「できたて」の風味と口どけをご賞味いただける当店名物商品です。工房併設の本店ならではの味をぜひご体験ください。味は日替わりになります。

・COLD STONE CREAMERY「アサイー ベリー ボウル」「アサイー シャイニー パッション」
[夏期間限定]
ポリフェノールがブルーベリーの約18 倍も含まれているアサイーとは、ブラジルのアマゾン原産のフルーツです。そのアサイーを使ったハワイで大人気のアサイーボウルをイメージしたクリエーション。たっぷりフルーツとシリアルをミックスし、食感も楽しい。エナジーチャージにもぴったりな「アサイー ベリー ボウル」と、さらにフルーティーな味わいの、マンゴとアロエで見た目もジューシーな「アサイー シャイニー パッション」がこの夏期間限定で発売中です。

・三菱一号館美術館 Cafe1894「Noir」
[販売期間]:〜9月23日(火・祝)まで
「ヴァロットン −冷たい炎の画家」展(会期:〜9月23日(火・祝)迄)の会期限定で、ヴァロットン作品にちなんだランチ、デザートが楽しめます。ノアールは、黒と白のコントラストが革新的なヴァロットンの木版画をイメージした、スタイリッシュでクールな、夏に食べたくなるデザートプレートです。


今月の展覧会・イベント情報は
・東京都美術館「メトロポリタン美術館 古代エジプト展 女王と女神」
[会期]:7月19日(土) ~ 9月23日(火・祝)
アメリカを代表する美の殿堂、ニューヨークのメトロポリタン美術館が誇るエジプト・コレクションをまとまった形で紹介する初めての展覧会です。「女王と女神」をテーマに厳選された約200点の至宝が来日、全点が日本初公開です。

・安曇野ちひろ美術館「ちひろ没後40年 ちひろの歩み−平和を願い子どもを描き続けた画家−」
[会期]:7月25日(金)〜9月16日(火)
戦争体験を経て、平和を願い描き続けたちひろの人生を紹介するとともに、被爆した子どもたちの手記を絵本にした『わたしがちいさかったときに』や、生命感あふれる子どもたちの姿を描いた代表作などを展示し、作品に込められた思いを探ります。

・島根県立美術館「浮世絵の美 −平木コレクションの名品」
[会期]:7月18日(金)〜 9月1日(月)(8月5日[火]に一部展示替え)
「平木コレクション」は、稀少な初期の浮世絵版画から鈴木春信・鳥居清長・喜多川歌麿・東洲斎写楽・葛飾北斎・歌川広重ら浮世絵史上の巨匠たちの代表作まで幅広く網羅し、いずれも摺りや保存状態に優れた国内屈指のコレクションとして、広く知られています。本展では、同コレクションより重要文化財、重要美術品のみ145点を厳選し、浮世絵芸術の精華にふれていただけます。

・国立新美術館 「オルセー美術館展 印象派の誕生 −描くことの自由−」
[会期]:7月9日(水)〜10月20日(月)
"印象派の殿堂"として知られるパリ・オルセー美術館から、珠玉の絵画84点が来日します。テーマは"印象派の誕生"。1874年の第1回印象派展開催から140年 ーーパリの美術界を騒然とさせた"新しい絵画"の誕生の衝撃が、選りすぐりの名画によって東京・六本木に鮮やかによみがえります。マネに始まり、モネ、ルノワール、ドガ、セザンヌら印象派の立役者となった画家たちの作品はもちろんのこと、同時代のコローやミレー、クールベのレアリスムから、カバネル、ブグローらのアカデミスム絵画まで、まさに時代の、そしてオルセー美術館の"顔"ともいうべき名画が集結する本展に、どうぞご期待ください。モネの記念碑的大作、ついに日本初公開!

・兵庫県立美術館 阪神・淡路大震災20年展「東京・ソウル・台北・長春−官展にみる近代美術」
[会期]:6月14日(土)〜7月21日(月・祝)
本展は、20世紀前半の東アジアの近代美術を、官設の公募美術展(官展)という切り口から考える初めての展覧会です。韓国や台湾の研究者・学芸員との共同企画であり、各地の所蔵者の理解と協力により実現しました。東京、および日本の統治下・影響下にあったソウル、台北、長春で開かれた官展の出品作や、審査員をつとめた作家の作品を中心に、各国・地域の近代美術の諸相を約130点の作品で紹介します。


今月のriscopeは「クラゲドリーム館(鶴岡市立加茂水族館)」。クラゲの展示種類数で世界一の水族館。50種類以上のクラゲを展示しており、最大の見どころは、世界最大級・直径5mのクラゲ大水槽。多くのクラゲが泳ぐ姿は幻想的で癒されること間違いなし!また、アシカショーのほか、直接海の生き物に触れることができる「キッズコーナー」なども併設。さらに、クラゲを使った料理を提供するレストラン、売店などもあり、見どころ満載です。

今月の連載・お読みものは
・リトルモアから出版された「あたまいっぱいの鹿」も好評発売中の赤木仁の「あたまいっぱいの鹿のはなし」第四十一回目。挿し絵も画家・赤木仁のオリジナルです。

山口由起子の「 ふぃおれら 」39ページ目。日々普通の話を綴っていくページ。

以上 
ご紹介させていただきます。
くわしくは webmagazine kimbou HOMEページヘ いこう!

About our articles of this Month, July, 2014 :
Suguru Kishimoto and Kei Nishimura(nigetahitsuji)
We have Japanese interview.Please check out their voice. For a must-see Music lovers!

[Exhibition] Informations:
・Ancient Egyptian Queens and Goddesses: Treasures from The Metropolitan Museum of Art, New York
Venue:Tokyo Metropolitan Art Museum
Period: July 19 (Sat) - September 23 (Tue-holiday), 2014

・Commemorating the 40th Anniversary of Chihiro Iwasakiユs Passing
Chihiroユs Journey-An Artist Who Continued to Illustrate Children, Wishing for Peace
Venue:CHIHIRO ART MUSEUM
Period: Friday, July 25 - Tuesday, September 16

・Masterpieces of the Hiraki Collection The Beauty of Ukiyo-e
Venue:SHIMANE ART MUSEUM
Period: July 18th (Fri) ~ September 1st (Mon), 2014

・Naissance de l'Impressionnisme : La liberte de peindre. Collections du musee d'Orsay
Venue:The National Art Center, Tokyo
Period: July 9(Wed.) ミ October 20(Mon.), 2014

・Toward the Modernity:Images of Self&Other in East Asian Art Competitions
Venue:Hyogo Prefectural Museum of Art
Period: Under holding to 21 July 2014


[Work's]
WORK'S Informations:
・MARKT. SWEETS DESIGN MARKET _ KINOCCO
・POIRE _ apple's sorbet
・KIHACHI SOFT CREAM _ Smoothie float
・THE KISSHOAN KYOTO _ Fromage et des biscuits
・ Harrods_ Harrods No.14 Soft Tea Cream
・ SAKURA _ homemade Matcha parfait set
・MILKISSIMO _ MELONE Maturo
・kyo-kinana _freshly kinana
・COLD STONE CREAMERY _ Acai Shiny Passion+Acai Shiny Passion
・Cafe 1894 _ Noir

[riscope] Informations:KAMO aquarium in Yamagata

[Zin AKAKI's serial story]「Atama ippai no shika no hanashi
The 41 stories.Please check out his short serial story.For a must-see Fantasy lovers!

[Yukiko YAMAGUCHI's essay] 「Fiorera
The 39 pages.Please check out her short serial story.For a must-see Prose lovers!

............................................................................................etc

Go to webmagazine kimbou:on line free paper !
TOP URL:http://homepage3.nifty.com/rispairka/shopindex.html

TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka