2014.01.10 号 について(Japanese and English)
2014年最初のゲストは木田龍良さん。(トレモノトレモノは2009 年結成された。2013年タワーレコード主催オーディションにてグランプリを獲得し、同年7月に1stアルバム「TropiCarnival」をリリースしたばかり。タワーレコードのマンスリープッシュアイテム<タワレコメン>に選出されるなどタワーレコードが大プッシュなバンド。また今月からは《音届け者SPECIAL〜トレモノからの挑戦状〜》と銘打った連続2マン・ライヴ企画でSo many tears、bonobos、SCOOBIE DOといった彼らが敬愛して止まないアーティストとの共演を果たすという企画を連発する今注目のライヴバンド!!Vo&Gt担当、沖縄県石垣島出身の木田龍良さんのインタビューです。


・リトルモアから出版された「あたまいっぱいの鹿」も好評発売中の画家・赤木仁の「あたまいっぱいの鹿のはなし」第三十五回目。絵もお話も赤木仁です。

・イラストレーター、山口由起子の「 ふぃおれら 」33ページ目。日々普通の話を綴っていくページ。


今月のヴァレンタイン特集 その1
・ブルガリ イル・チョコラート
チョコレート・ジェムズ 「サン・ヴァレンティーノ 2014 "ルイ・エ・レイ"」
[発売開始]:2月1日より
バレンタインの商品「サン・ヴァレンティーノ」より定番の"ルイ"(彼)と"レイ"(彼女)。2014年、世界で最もロマンチックな都市に挙げられる、フィレンツェと京都をテーマに新しいスタイルで登場します。イタリアはフィレンツェの食材を使用したチョコレート・ジェムズが京都の和紙を用いたボックスに収められています。

・フレデリック・カッセル「Love Stories」
[発売開始]:1月下旬(予定)
ひとくちに"愛"と言っても、多種多様な愛の形が存在します。カッセル氏がお届けする8つの愛のストーリーは、熱く激しい運命の愛や、深くて優しい情愛、また大地や風土への大きな愛を奏でます。シェフがボンボンショコラを創り上げる時、素材の組み合せやデザインを考えながら、そこには常に誰かや何処か、あるいは何かに対する愛に溢れたストーリーが存在しているのです。このたびお届けする「愛」が秘められたボンボンショコラ8種のアソートコフレは、さまざまな愛の物語をアンティーク風の本をモチーフにしたボックスに閉じ込めました。

・パティスリーキハチ「ショコラルージュ」
[販売期間]:1 月8 日(水)〜2 月16 日(日)
ホワイトチョコレートとミルクチョコレートを使った、口どけなめらかな2 種類のムースと、アーモンド生地を何層にも重ねました。間に挟んだブラッドオレンジジュレのすっきりとした酸味が味を引き締めています。バレンタインにぴったりの、ほんのり赤い2 人用サイズのケーキに仕上げました。

・グランド ハイアット 東京 フィオレンティーナ ペストリーブティック
「スフレショコラ」
[販売期間]: 2 月1 日(土)〜 14 日(金)
ベイクドショコラとチョコレートムースの中間のような、濃厚で口当たりの良いチョコレ
ートスイーツです。カカオの芳醇な香りを楽しめる「プレーン」と上品な甘さの中に
ほろ苦さを感じられる「コーヒー」をご用意いたしました。

・100%ChocolateCafe「 214Special」
[発売開始]:1月10日(金)〜
爽やかなシャンパンと濃厚なストロベリーを合わせた、ちょっと贅沢な味わいの『214スペシャル』。お口の中で弾けるシャンパンのようなスパークリング感の理由は、チョコレート生地に練り込まれたキャンデーチップにあり、ストロベリーのフルーティな味わいを、新鮮で楽しい食感でお届けします。

・スイスチョコレートレダラッハ 青山店「 ハニービーランド」
春のフェアリーランドに、ハニービーやフェアリーマウスたちがレダラッハ号に乗って、サッカーの試合に向っています。

・十火JUKKA「 丸 maro スパークリングワイン・ココア」
[販売期間]:1月15 日(水)〜 3 月上旬(予定)
バレンタインにぴったりな、「丸 maro」の期間限定のお味をご用意しました。お口の中でぷちぷち弾ける食感が楽しい、スパークリングワインと、ミルクココアの香り豊かなココアの詰合わせです。

・ 福光屋「 SAKE マロンチョコ」
純米酒にくぐらせた和栗をビターチョコレートでコーティングしました。芳醇な香りが、カカコのほろ苦く深い味わいを引き立てます。


今月の展覧会・イベント情報は
・游龍 EX・LOUNGE
赤木仁展「あなたまはや みたに ふたわたらす」何が見えたのか 何が見えるのか それは何と同じものか
2013年12月20日(金)〜2014年1月下旬(予定)
2013年12月3日(火)〜12月19日(木)同スペースにて開催した個展をひきつづきアポイントメント・オンリーにて展示させていただいております。お問い合わせは游龍 EX・LOUNGEまでお願いします。2008年のシリーズ発表・第一作目からの連作で、比較的早い時期に描かれている作品の中で未発表を中心とした展覧会です。

・東京国立博物館 平成館 特別展示室第1・2室
「クリーブランド美術館展ム名画でたどる日本の美」
1月15日(水)〜2月23日(日)
本展は、仏画に描かれた神仏や肖像画の人物などの人体表現、咲き誇る花々や鳥などの花鳥画、名所や胸中の理想の情景を描いた山水画、そして人と自然が融けあうように表わされる物語絵画の4つのテーマで構成します。日本の絵画のなかで、人や自然の姿が時代ごとにどのように描かれてきたかを、平安から鎌倉、室町、江戸、明治時代までの名品と、雪村周継、渡辺始興、深江蘆舟、曽我蕭白、河鍋暁斎など人気絵師の作品から概観し、日本美術の流れとその魅力に迫ります。

・東京国立博物館 平成館 特別展示室第3・4室
日本伝統工芸展60回記念「人間国宝展−生み出された美、伝えゆくわざ−」
1月15日(水)〜2月23日(日)
日本では、伝統の「わざ」を受け継ぐ優れた工芸家を重要無形文化財の保持者(人間国宝)に認定しています。工芸大国日本ならではの制度といえるでしょう。陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の各分野で多くの人間国宝を育ててきた「日本伝統工芸展」の6 0回記念として、「人間国宝展」を開催いたします。全物故作家の作品約100件、さらに古代から、中世、近世へと連綿と伝えられてきた国宝や重要文化財を含む工芸品約30件を向き合わせて展示し、卓越したわざの美をご覧いただきます。伝統と現代とのつながりを見る、これまでにない画期的な展覧会です。

・千葉市美術館
「江戸の面影−浮世絵は何を描いてきたのか」
1月25日(土)〜3月2日(日)
この展覧会は、幕末〜明治初期に来日した外国人達の日本旅行記や、江戸時代の狂歌や随筆の中の言葉をきっかけに、浮世絵が表現してきた事象を丁寧に解き明かし、その理解を深めようとするものです。浮世絵の美意識や文化を余すところなく伝え、今では失われつつある日本の美徳のありかを思い起こさせてくれようとしているようです。江戸時代中・ 後期の優品を通して、浮世絵が描いてきた江戸の美の本質に迫ります。


今月の 職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・鍵善良房「菊寿糖」
江戸期から続く「鍵善」を代表する銘菓。故事「菊慈童」にちなみ、菊の花をかたどった干菓子。なめらかな口溶けは最高級の和三盆ならでは。昭和初期、まだ和三盆の干菓子が一般的ではなかったころに茶人や通人のあいだで人気がありました。

・福光屋「酒かすていら」
風味豊かな純米酒をブレンドしたシロップに、きめ細かくしっとりと焼き上げた生地を浸した大人のかすていらです。(アルコール約3%含有)

・福光屋「甘酒キャラメル」
伝統の技で丹念に仕込んだ香り豊かな純米酒粕を練りこみ、やさしい甘みに仕上げたソフトキャンディです。甘酒は栄養の宝庫。日本では古くから暑気払いや滋養強壮のために飲まれてきました。

・菓匠 清閑院「椿」
[販売期間]:11月上旬〜2月上旬
香り良い金柑をきざみ、甘く煮詰めた濃厚な味わいを紅色に染めたきんとんにとじ込めました。雪中にあっても鮮やかに咲く、椿の姿に見立てた和菓子です。

・フレデリック・カッセル「ガレット・デ・ロア」
[限定販売]:〜1月13日まで
ガレット・デ・ロワは「王様のガレット」と言う意味のお菓子で、1月6日、キリスト教のエピファニーを祝う、フランスの新年には欠かせないお菓子です。フレデリック・カッセルのガレット・デ・ロワは自慢の香ばしく焼き上げた風味豊かなフィタージュにコクのあるアーモンドクリームを合わせた伝統的なもので、フェーヴの代わりにアーモンドを忍ばせています。

・グランド ハイアット 東京 フィオレンティーナ ペストリーブティック
「ガレット デ ロア」
[販売期間]: 1月1日(水) 〜 31日(金)
フランスで新年に食べられるポピュラーな伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」(アーモンドクリームのパイケーキ)。王冠がのった折りパイに、アーモンドクリームが入っており、さらにフェーヴと呼ばれる陶製の小さな人形を入れて焼き上げています。公現節に家族で切り分けて食べ、フェーヴが当たった人は王冠を被り、祝福を受け、その年の幸運が訪れると言われています。美味しく新年の運だめしができる楽しいお菓子です。

・グランド ハイアット 東京 フィオレンティーナ ペストリーブティック
「フレジェ」
[販売期間]: 1月1日(水) 〜2月28日(金)
国産のイチゴをふんだんに使用し、"ムースリーヌ"というカスタードクリームとバタークリームを合わせたコクのある濃厚なクリームをサンドした新作ケーキ、フレジェ。旬のイチゴの酸味と、滑らかで口当たりの良いクリームのほど良い甘みが絶妙にマッチします。ショートケーキとは一味違うフランス生まれのイチゴのケーキをご賞味ください。

・パティスリーキハチ「むかしバームクーヘン[ウィンター]」
[販売期間]:〜 2 月16 日(日)まで
しっとりとした食感を生み出すために、焼きのタイミングにこだわり、一層一層が弾力のある生地を作り出しています。口どけの良い配合にこだわり、生地に生クリームをプラスすることでコクと深みのある独特の味わいに仕上げています。定番人気のバームクーヘンを季節限定パッケージでご用意しました。

以上 
ご紹介させていただきます。
くわしくは webmagazine kimbou HOMEページヘ いこう!

About our articles of this Month,January, 2014 :
Tatsuyoshi KIDA.(Vo&Gt:TOREMONO)
We have a Japanese interview.Please check out his voice. For a must-see Music lovers!

[story and Essay]
About our Creation's pages of this Month, January, 2014 :
・Zin AKAKI(Painter)「Atama ippai no shika no hanashi」
The 35 stories.Please check out his short serial story.For a must-see Fantasy lovers!

・Yukiko YAMAGUCHI (Illustrator)「Fiorera 」
The 33 pages.Please check out her short serial story.For a must-see Prose lovers!

[ Valentine special 2014]
・ BVLGARI IL CIOCCOLATO_ San Valentino 2014 "Lui e Leiモ
・Frederic Cassel FONTAINEBLEAU_Love Stories
・Patisserie KIHACHI_Chocolat rouge
・GRAND HYATT TOKYO, fiorentina Pastry Boutique_Souffle chocolate
・100%ChocolateCafe_214Special
・Laderach chocolatier suisse_Honey bee Land
・JUKKA_maro, sparkling wine and cocoa
・Fukumitsuya_SAKE Marron Choco

[Exhibition] Informations:
・Admired from Afar: Masterworks of Japanese Painting from
The Cleveland Museum of Art
Venue:Heiseikan Special Exhibition Gallery 1 & 2
TOKYO NATIONAL MUSEUM(Ueno Park)
Period: January 15, 2014 (Wed)-February 23, 2014 (Sun)

・The 60th Japan Traditional Kogei Exhibition: Engendering Beauty, Preserving Techniques: Artworks by Living National Treasures
Venue:Heiseikan Special Exhibition Gallery 3 &4,
TOKYO NATIONAL MUSEUM(Ueno Park)
Period: January 15, 2014 (Wed)-February 23, 2014 (Sun)

・The Nostalgic Images of Edo
Venue:Chiba City Museum of Art
Period: January 25, 2014 (Sat)ハ-ハMarch 2, 2014 (Sun)

・zin AKAKI's exhibition ANATAMAHAYA MITANI FUTAWATARASU
Venue:游龍 EX・LOUNGE
Period: Period: That is the schedule for the end of January 2014.
※Appointment only※

[Work's]
WORK'S Informations:
・kagizenyoshifusa_kikujutou
・Fukumitsuya_Sake Castella
・Fukumitsuya_Amazake Caramel
・Seikanin_Tsubaki
・Frederic Cassel FONTAINEBLEAU_GALETTE DES ROIS
・GRAND HYATT TOKYO, fiorentina Pastry Boutique_Galette des Rois
・GRAND HYATT TOKYO, fiorentina Pastry Boutique_Fraisier
・Patisserie KIHACHI_Baumkuchen, Winter

............................................................................................etc

Go to webmagazine kimbou:on line free paper !
TOP URL:http://homepage3.nifty.com/rispairka/shopindex.html

TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka