2013.09.10 号 について(Japanese and English)
9月のメール・インタビュー・ゲストは、中野区カイルズ・グッド・ファインズカイル・セクストンさん。アメリカ生まれのカイルさんが作るホームケーキのお店。日本に居ながらアメリカの家庭の味が楽しめる。チェリーパイやバナナブレッドやブラウニー。ペンシルバニアに昔から伝わるお菓子やニューヨークでよく見かけるお菓子が並んでいる。中でもキャロットケーキは「中野の逸品グランプリ2008 最優秀逸品賞「世界の中野賞」を受賞した逸品だ。はじめて食べたときから、なぜか懐かしくしあわせな気分になるカイルズ・グッド・ファインズ。そのアメリカン・ケーキの醍醐味を味わいに中野に行こう。(オンラインショッピングでも可能)。なお今回の原文は英語です。


・リトルモアから出版された「あたまいっぱいの鹿」も好評発売中の画家・赤木仁の「あたまいっぱいの鹿のはなし」第三十一回目。絵もお話も赤木仁です。

・イラストレーター、山口由起子の「 ふぃおれら 」31ページ目。日々普通の話を綴っていくページ。


今月の展覧会・イベント情報は
・サントリー美術館
「Drinking Glass〜酒器のある情景」
9月11日(水)−11月10日(日)
世界各地のガラス器は、ワインやビールなど、おもに酒の登場する場面で利用されるようになりました。ガラス器の歴史は、Drinking glass(酒器)とともに発展してきたといっても言い過ぎではないでしょう。本展は、そんな酒器の置かれた情景に着目し、古代から現代までのガラス器を紹介するものです。「捧ぐ」「語らう」「誓う」「促す」「祝い、集い、もてなし、愉しむ」といった、人々の生活の様々なシーンに登場するドリンキング・グラスの世界を、お楽しみください。

・福岡市博物館
第25回新収蔵品展「ふくおかの歴史とくらし」
9月14日(土)〜10月20日(日)
福岡市博物館の展示に欠かせない資料、また全国の博物館・美術館から出展依頼を受ける資料の多くは、市民の皆様からご寄贈・ご寄託されたものです。この毎年行われる新しく収蔵された寄贈・寄託品をお披露目する展覧会の第25回目は、平成22年度に収集し、整理と調査を終えた1,596件の資料の中から約100件を初公開します。

・三菱一号館美術館 
「三菱一号館美術館名品選2013 -近代への眼差し 印象派と世紀末美術-」
10月5日(土)〜2014年1月5日(日)
ルノワール、モネら印象派。そしてルドン、トゥールーズ=ロートレック、ヴァロットン。本展では、当館のコレクションの中から、その後の芸術に大きな影響を与えた29人の美術家たちが紡ぎ出した、夢と理想、自由の輝きに満ち溢れた作品群を展示します。収蔵後初公開を含む149点の選りすぐりの名品をご堪能ください。

・山種美術館
「再興院展100年記念 速水御舟−日本美術院の精鋭たち−」
〜10月14日(月・祝)まで
山種美術館コレクションの中でも最も重要な院展画家の一人・速水御舟に焦点をあてた展覧会。本展では、速水の芸術の変遷を、再興院展という同じ舞台で活躍した画家たちとの関わりを中心に展示されます。同館の誇るコレクションから、《翠苔緑芝》(院展出品作)や、《炎舞》【重要文化財】をはじめとする代表作の数々を、同時代の画家たちの作品とともにご覧いただきます。

・パナソニック汐留ミュージアム
「モローとルオー -聖なるものの継承と変容−」
9月7日(土)〜12月10日(火)
フランスの象徴主義の巨匠ギュスターヴ・モローと彼に最も愛された弟子ジョルジュ・ルオー。モロー美術館のフォレスト館長監修による本展はモローと若きルオーの芸術世界と心の交流を紹介する初めての展覧会です。モロー晩年の未公開作品やルオーの美術学校時代の作品、そして二人の交流を示す書簡などが一挙公開されます。

・島根県立美術館
「“天下一”のアイドルの系譜 出雲阿国展 初期歌舞伎図から寛文美人図まで」
9月27日(金) 〜11月4日(月・祝)
本展では、出雲阿国らを描いた初期歌舞伎図を中心に、洛中洛外図・祭礼図・遊楽図・寛文美人図などの華麗な近世初期風俗画を一堂に展示します。劇的な時代の転換期にあたり、現世を懸命に謳歌し、逞しく生きた人々がいかに造形化されてきたか、その人物表現の変遷をお楽しみください。

・野村美術館
「開館30周年記念名品展2」
【前期】9月7日(土)〜10月20日(日)
【後期】10月22日(火)〜12月8日(日)
開館30周年を迎える野村美術館は今回、公開の要望が多い 重要文化財「雪村周継筆 風濤図」、重要美術品「与謝蕪村筆 草廬三顧・蕭何追韓信図屏風」のほか 「北野茄子茶入」「仁清 色絵菊花文水指」 などを期間限定で公開いたします。コレクションの名品中の名品を堪能していただければと思います。ぜひお見逃しなく。


今月の 職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・サントリー美術館 shop×cafe「不室麩パフェ」
生麩、おやつ麩、ふのやきの3種類の麩に加え、自家製わらび餅や豆乳アイスなどを贅沢に盛り付けた、定番の人気メニュー。加賀麩不室屋の伝統の麩を、現代の感覚に合わせて軽食や甘味といった新しいカフェスタイルでお楽しみいただけます。

・菓子工房フラノデリス「たまごのフロマージュ」
北海道の新鮮な空気と大自然の材料を使った美味しいお菓子フラノデリス。たまごのフロマージュはまるで、たまごのようですが、真ん中の黄色いクリームはレモンクリーム、白身の部分はチーズのムース。そして表面は殻を表現してホワイトチョコでコーティング。思わず笑みがこぼれそうな可愛いお菓子です。

・パティスリー モンシェール
「ジャンヌ・ロール」 (期間・数量限定) 
「堂島ロール」で人気の「パティスリー モンシェール」と「プーシキン美術館展」がコラボした、期間・数量限定オリジナル・ケーキ。華やかな作品の色彩をイメージしたケーキは、ピンク色の生クリームを背景に、赤い花びらやフレッシュなフルーツの色合いが映える、見た目にも可愛らしい仕上がりです。

・パティスリー モンシェール
「プティシェール」 (期間・数量限定)
横浜美術館とのコラボ。人気の焼菓子「プティシェール(バラのフィナンシェ)」。ルノワール(プーシキン美術館展)の作品《ジャンヌ・サマリーの肖像》をあしらったオリジナルパッケージが大好評、展覧会場の特設ショップ販売中です。

・ グランド ハイアット 東京
フィオレンティーナ ペストリーブティック「ミルフィーユ タタン」
発売期間:〜 11 月下旬 まで
フィオレンティーナ ペストリーブティックでは、パイ生地とカスタードクリーム、りんごをいく層にも重ねた、新作ミルフィーユ タタンを期間限定でご用意。タルト タタンとはまた違った香ばしさやフレッシュさが味わえ、濃厚なカスタードクリームがバニラアイスクリームのような絶妙な味わいを演出します。


・グランド ハイアット 東京
マデュロ「ブラックトリニティ」
発売期間:9 月1 日(日) 〜 30 日(月)
贅沢な時間が流れる大人のためのシックなバー「マデュロ」で大人の黒を感じられる遊び要素あふれるブラックカクテルを期間限定でご用意。2 種のラムと3 つのベリージュースを合わせたブラックカクテルをお楽しみください。

以上 
ご紹介させていただきます。
くわしくは webmagazine kimbou HOMEページヘ いこう!


About our interview's guest of this Month,September, 2013 :
Kyle Sexton.(Kyle's Good Finds)
We have a English interview and a Japanese interview.Please check out his voice. For a must-see American Baked Goods lovers!


[story and Essay]
About our Creation's pages of this Month, September 2013 :
Zin AKAKI(Painter)「Atama ippai no shika no hanashi」
The 31 stories.Please check out his short serial story.For a must-see Fantasy lovers!

Yukiko YAMAGUCHI (Illustrator)「Fiorera 」
The 31 pages.Please check out her short serial story.For a must-see Prose lovers!


[Exhibition] Informations:
・A Toast to the Drinking Glass-In History and Life
Venue: SUNTORY MUSEUM of ART
Period: Wednesday, 11 September to Sunday, 10 November

・History and Life in Fukuoka
Venue:Fukuoka City Museum
Period: 14 September to 20 October

・Masterpieces from the Collection of Mitsubishi Ichigokan Museum, Tokyo ,2013
Venue:Mitsubishi Ichigokan Museum,Tokyo
Period: 5 October to 5 January 2014.

・Yamatane Museum of Art
Venue:The Centennial of the Saiko Nihon Bijutsuin
(Reestablished Japan Art Institute) Exhibition
Period:10 Augst to 14 October

・Gustave Moreau et Georges Rouault: Filiation
Venue:Panasonic Shiodome Museum
Period:September 7, - December 10.

・The Pedigree of the Best Idols on Earth
Izumo no Okuni Exhibition
Images from Early Kabuki Theatre and of Kambun Era Beauties
Venue:SHIMANE ART MUSEUM
Period:27th September - 4th November

・Exhibition: Memory of the 30th anniversary of the opening
Venue:NOMURA ART MUSEUM
Period:Under holding to December 8 (Sun)


[Work's]
WORK'S Informations:
・ SUNTORY MUSEUM of ART shop×cafe _ Fumuroya's parfait
・ Furano Delice _ Fromages d'oeuf
・ Grand hyatt tokyo
fiorentina Pastry Boutique _ Mille-feuille tatin
・ Grand hyatt tokyo MADURO_Black Trinity
・ Patisserie Mon cher_ Jeanne Roll
・ Patisserie Mon cher_ Petitcher
...........................................................................................etc

Go to webmagazine kimbou:on line free paper !
TOP URL:http://homepage3.nifty.com/rispairka/shopindex.html


TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka