2013.05.10 号 について(Japanese and English)
5月のメール・インタビュー・ゲストは保坂シゲル さん(コンフィチュール アッシュ)。カリスマパティシエ 辻口博啓シェフの人気店「コンフィチュール アッシュ」が、東京都世田谷から三重県菰野町のアクアイグニス内に移転し、ますますパワーアップしているそうです。アクアイグニスは、アーティスティックな空間が今話題の温泉。店舗の前のファームで朝摘みした「甘熟イチゴ」を使って、「安心、安全、健康」をテーマにしたスイーツ作りを志しているのがコンフィチュール アッシュ。(保坂シェフはトレードマークとしていつも苺を持っているのだそうです。) 広い店内に冷蔵ケースが一列に並ぶ光景は圧巻。色とりどりのコンフィチュール(ジャム)やケーキ、ショコラなどは店内のカフェでも堪能できるそうです。


5月の素敵な場所からの絵はがきとしてのメール・インタビュー:riscopeは高岡要吏子(たかおか よりこ)さん( カフェ フルーク )。東京神田神保町の路地裏にあるカフェ&バー。「古書が並び過去と未来を繋いでいるような神保町の独特の文化的雰囲気が好きなのと、都心のオアシス的な路地裏の空気感に惚れたので。」と、2008年6月に神保町にお店をオープン。旅が好きで、特にチェコやドイツの文化・歴史・ビールの探求をライフワークにしているそうです。


・リトルモアから出版された「あたまいっぱいの鹿」も好評発売中の画家・赤木仁の「あたまいっぱいの鹿のはなし」第二十八回目。絵もお話も赤木仁です。

・イラストレーター、山口由起子の「 ふぃおれら 」28ページ目。日々普通の話を綴っていくページ。


今月の展覧会・イベント情報は
・TRAUMARIS
赤木 仁 個展「あなたまはや みたに ふたわたらす」
6月19日(水)〜7月21日(日)
画家・赤木仁の6年ぶりの新作展。タイトル「あなたまはや みたに ふたわたらす」とは、古事記に遺る、神の現われを歌った現存する最古の歌の1つです。「2008年より描いている連作が この歌を知ることにより 何を描こうとしているのかに気付かされたのです 描いたのは神そのものではありません ある条件での現れの感覚です 毎日空を見ます 今日はどこかに現れないかと(赤木 仁)」

・丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
「MIMOCA'S EYE vol.3 フランシス・アップリチャード展 ポテトポエム 」
6月30日(日) まで
世界で高い注目を集める若手作家、フランシス・アップリチャードの日本における初個展。わたしたちの既存の認識や異なる文化への理解を新たな視点でとらえ直そうとするアップリチャードの作品は、その裏に潜む無数の解釈や世界の広さを見せてくれるでしょう。新作を含めた38点を出品中です。

・森美術館
「六本木ヒルズ・森美術館10周年記念展 LOVE展:アートにみる愛のかたち-シャガールから草間彌生、初音ミクまで」
9月1日(日)まで
愛は人間にとってかけがえのないものです。森美術館は10周年を記念して、この「愛」というテーマを掲げ、美術史を彩る名作や意欲的な新作を含む約200点を通して、愛のかたちを探ります。あなたにとって「愛」とは? 今もう一度、アートを通して愛を体験してみませんか?

・島根県立美術館
「古典から抽象へ 堂本印象展 -新たなる美の創造をめざして-」
6月10日(月) まで
大正から昭和後期にかけて、帝展・日展を中心に活躍した日本画家・堂本印象。特定のジャンルに拘らないその幅広くエネルギッシュな美術活動は、「日本のピカソ」と称せられた所以です。本展では、一括保管していた自作を基に、印象が構想し建築デザインも行った京都府立堂本印象美術館(京都市北区)のコレクションを中心に紹介。また、京都・奈良の寺院に揮毫した襖絵を特別に借用し、初期から晩年に至る日本画の代表作60点を一堂に展示します。また下絵、スケッチや油彩、水彩、木彫、陶芸等の美術作品も併せて紹介し、多彩な印象芸術の魅力に迫ります。

・東京藝術大学大学美術館
「夏目漱石の美術世界展」
5月14日(火)〜7月7日(日) 
近代日本を代表する文豪・夏目漱石。今展覧会は、漱石の美術世界に焦点をあてるものです。漱石が日本美術やイギリス美術に造詣が深く、作品のなかにもしばしば言及されていることは多くの研究者が指摘するところですが、実際に関連する美術作品を展示して漱石がもっていたイメージを視覚的に読み解いていく機会はほとんどありませんでした。今展覧会は、漱石の文学作品や美術批評に登場する画家、作品を集め漱石美術世界の全貌に迫る試みです。

・福岡市博物館
特別展「日本最初の禅寺 博多・聖福寺」展
6月16日(日)まで
福岡市博多区に広大な伽藍を構える聖福寺は、鎌倉時代の建久6(1195)年に栄西(ようさい)禅師が開いた日本で最初の禅宗寺院です。江戸時代には、「博多の仙ガイさん」こと僊ガイ義梵(せんがいぎぼん)が多くの親しみ深くユーモアあふれる禅画を残したことでも知られています。平成26(2014)年、栄西禅師の800年大遠諱を迎えることを記念し、門外不出の名宝を含む寺宝約200点を公開します。

・兵庫陶芸美術館 
特別展「尾形周平」展
5月26日(日)まで
周平の作品は、成形や絵付けの細部にまで神経が行き届いた、精巧なつくりの煎茶器を主とします。それらは江戸後期における文人趣味の隆盛を反映し、中国陶磁から図様を引用・翻案したものが中心ですが、なかには西洋風の人物を描いた異国趣味に溢れる作例も存在しています。本展は、尾形周平を主にとりあげた初めての企画であり、初公開を多数含む初代の作品のみならず、周平が関わった各地の窯や、同時代に活躍した陶工の作品、初代の跡を継いだ2代の作品も併せて紹介します。


今月の 職人技の光るおすすめの「作品」情報は
・エルキューイ・レイノー「ジャルダン・セレステ カップ アンド ソーサー」
フランス語でメ天空の庭モを意味するジャルダン・セレステはフランス人デザイナー オリヴィエ・メイルファー氏によってデザインされました。この庭園は風や雨によって運ばれてきた種子が根づき、強木となって岩に深く定着する、そしてそこにある全てが太古の清らかな世界のまま存在し、賢人が真理を求めて瞑想する場所、として描かれております。オリヴィエは霧の中に見え隠れする樹木が器の上で巧みにバランスを取ることによってこの独創的な天の山景観を象徴的に表現しております。

・カフェ・セレ「歌舞伎パフェ」
美しい花魁のスタイルをイメージしたパフェ。醤油を加えて甘辛でクリーミーに仕上げたみたらし風味のアイスクリームが全体の味わいを引き立てます。和傘をデコレーションし、かんざしや着物帯に見立てた焼き菓子、ラズベリー風味の求肥など、艶やかなトッピングが目を楽しませてくれます。 歌舞伎座新開場を記念したコラボレーションデザートです。

・六本木ヒルズアート&デザインストア、森美術館ミュージアムショップ
草間彌生 アートエディション 「私の大好きな私」
限定各500個 
前衛芸術家、草間彌生氏のティーセットを六本木ヒルズ・森美術館開館10周年を記念し、販売いたします。 草間彌生がピュアホワイトのティーウェアに直接描いた、水玉、女性の横顔、目、有機的なライン等溢れるイメージを忠実に再現しました。 ふんだんに金をあしらった、煌びやかなゴールドの器は、これまでにない草間彌生のティーウェアです。 約100年続く国内の陶磁器ブランド石川県にあるニッコー株式会社が、細部に亘って高度な技術を使い製造されました。

・鶴屋吉信「落とし文」
販売期間:6月1日〜15日
こしあんを葉の意匠のこなしで巻いたものです。俳句の季語にも使われる、初夏の風情です。

・GRANO DELICATESSEN BAR 銀座
「特製!薄焼きパンケーキ」
何層にも重なったGRANO特製の薄焼きパンケーキは、全粒粉の味がしっかりとした自慢の一品。季節のフルーツなどを使用したスイーツ仕立てのメニューやデリとの相性もよく、一緒に美味しく召し上がっていただけます。テイクアウトも可能です。

・フィオレンティーナ ペストリーブティック
「グランド ハイアット 東京開業10 周年記念スイーツ シェフズ タイムライン」
[販売期間]: 11 月30 日(土) まで
グランド ハイアット 東京の開業10 周年を記念して、これまで様々な世界・国際大会で受賞してきたパティシエ達のコンクール作品がセットになった夢のコラボレーション企画。10 周年にちなんで10 種類のケーキを10 周年ロゴ入りカラーボックスに入れてご用意いたします。今しか
味わうことのできないアニバーサリーイヤー限定のお薦めスイーツです。

以上 
ご紹介させていただきます。
くわしくは webmagazine kimbou HOMEページヘ いこう!



About our interview's guest of this Month, May, 2013 :
Shigeru HOSAKA( Confiture H )
We have a Japanese interview.
Please check out his voice. For a must-see Sweets lovers!

About our interview's guest of this Month, May, 2013 :
[riscope : Picture postcard] :
Yoriko TAKAOKA ( +cafe Flug )
We have a Japanese interview.
Please check out her voice. For a must-see Beer lovers!

[story and Essay]
About our Creation's pages of this Month, May 2013 :
Zin AKAKI(Painter)「Atama ippai no shika no hanashi」
The 28 stories.Please check out his short serial story.For a must-see Fantasy lovers!

Yukiko YAMAGUCHI (Illustrator)「Fiorera 」
The 28 pages.Please check out her short serial story.For a must-see Prose lovers!


[Exhibition] Informations:
・Zin AKAKI Exhibition_Anatamahaya mitani futawatarasu
Venue:TRAUMARIS|SPACE
Period: June19 - July 21

・MIMOCA'S EYE vol.3 Francis Upritchard: Potato Poem
Venue:Marugame Genichiro-Inokuma Museum of Contemporary Art
Period: Under holding to July 30

・Roppongi Hills and Mori Art Museum 10th Anniversary Exhibition
All You Need Is LOVE: From Chagall to Kusama and Hatsune Miku
Venue:Mori Art Museum (53F, Roppongi Hills Mori Tower)
Period: Under holding to September 1

・From Classic To Abstract: : Insho Domoto Exhibition Aiming To Create A New Beauty
Venue:SHIMANE ART MUSEUM
Period: Under holding to June 10

・Natsume Soseki and Arts
Venue:The University Art Museum, Tokyo University of the Arts
Period: May 14日 - July 7 

・THE FIRST ZEN TEMPLE SHOFUFUKUJI
Venue: FukuokaCity Museum
Period: Under holding to July 16

・Ogata Shuhei and his contemporaries
Venue: The Museum of Ceramic Art, Hyogo
Period: Under holding to May 26


[Work's]
WORK'S Informations:
・ Jardins Celestes (ERCUIS/RAYNAUD )_ cup and saucer
・ Cafe Serre_ KABUKI parfait
・ ROPPONGI HILLS ART&DESIGN STORE/MORI ART MUSEUM SHOP
  _ Kuama Yayoi Art Edition"The Me That I Adore".
・ Tsuruya Yoshinobu _ OTOSHIBUMI
・ GRANO DELICATESSEN BAR GINZA _ Premium Pancake
・ fiorentina pastry Boutique(GRAND HYATT TOKYO)
_ 10thanniversary sweets chef's timeline

...........................................................................................etc

Go to webmagazine kimbou:on line free paper !
TOP URL:http://homepage3.nifty.com/rispairka/shopindex.html


TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka