2012.04.10 号 について(Japanese and English)
・今月のゲスト・インタビューはフランス・パリにあるパティスリー・デ・マルティール・ド・セバスチャン・ゴダール(Patisserie des MartyrsdeSebastien Gaudard)のセバスチャン・ゴダール氏。ピエール・エルメ氏の後任としてフォションのエグゼティフ・パティシエに1997年26歳で就任。その後2003年にル・ボン・マルシェ内に「デリカバー」をオープン。2009年に「Le meilleur des desserts」をフランソワーズ・ベルナール氏と共著。2011年に現在のパティスリー・デ・マルティール・ド・セバスチャン・ゴダールをオープンしたパティスリー界のスター・パティシエだ。シンプルで上品で懐かしい感じのお菓子。パリに行く際には要チェックのお店です。

・それからもうお一人、ゲスト・インタビューは大阪・中国茶館「無茶空茶」の黄安希(ファン アキ)氏。南森町駅にある「無茶空茶」は明治末期の日本家屋で雰囲気がとても良い場所。お茶ももちろん評判で、茶事監修をされている黄安希氏は中国茶をめぐる暮らしと喫茶の現場を求めて、北京、上海、香港、台湾、シンガポールに渡航、研究。「別冊太陽・中国茶で楽しむ十二か月」を2003年平凡社より出版の他、アサヒビール大山崎山荘美術館での季節の茶会を始めとし、中国茶における現代のお茶事を提案する「満月会」など、多彩な活動を通じて中国茶とその暮らしを伝えている。なお5月には第二十回大山崎春茶会を予定している。


今月の素敵な場所からの絵はがきとしてのメール・インタビュー:riscopeは 桜林 直子さん(渋谷区・SAC about cookies)「テオブロマ」で10年間働いた経験を持つ桜林 さんのおすすめは「nicoクッキー」という笑った顔の付いたクッキー。ジャムやチョコレートをサンドしていて国産の小麦粉やきび砂糖などを使ったやさしい美味しさで人気の味です。


もう一人の素敵な場所からの絵はがきとしてのメール・インタビュー:riscopeは 岡田れい子さん(石川県・GALERIE Noyau)作家ものの陶器中心のセレクトショップで、名古屋で人気のコーヒーカジタが飲めるお店。3席だけのイートイン・スペースがあるそうです。


・リトルモアから出版された「あたまいっぱいの鹿」も好評発売中の画家・赤木仁の「あたまいっぱいの鹿のはなし」第十五回目。絵もお話も赤木仁です。

・webmagazine kimbouの編集もするイラストレーター、山口由起子の「ふぃおれら」16ページ目。日々普通の話を綴っていくページの連載。


今月の展覧会情報は
・千葉市美術館
「蕭白ショック!!」 曾我蕭白と京の画家たち
4月10日(火)〜 5月20日(日)
江戸時代中期の京都で活躍した画家、曾我蕭白。巧みな技術に裏付けられた独特の作品世界は現代人をも魅了する。本展では、修復を終えた斎宮の旧家永島家伝来の障壁画(全44面、重要文化財)を中心に蕭白の画業を振り返る。首都圏では1998年以来久々の蕭白展となります。

・三菱一号館美術館(東京)
「KATAGAMI Style 」世界が恋した日本のデザイン もうひとつのジャポニスム
4月6日(金)〜5月27日(日)
本展は、19世紀末から20世紀初頭にかけて西欧に渡った日本の美術工芸品の中でも特にこの型紙に注目し、型紙が西欧の芸術家たちの創作活動にどのような影響を与えたのかを紹介する日本で初めての試みです。日本で生まれた型紙が海を渡り、染色という本来の用途を超えて自由に解釈され、アール・ヌーヴォーをはじめとする西欧の美術工芸改革運動の中で豊かな広がりを見せていった様相を、約400点の作品とともに俯瞰する展覧会です。

・三鷹市美術ギャラリー(東京)
芸術家の肖像 〜写真で見る19 世紀、20 世紀フランスの芸術家たち〜展
4 月14 日(土)〜6 月24 日(日)
今回ご紹介するフランス近代を代表する芸術家たち40名の肖像写真100点は、フランス在住のコレクターが所蔵するもので日本では初公開となります。アングルからブランクーシまで、激動の19〜20世紀を生きた芸術家たちの〈もうひとつのフランス近代史〉としての展覧会。

・LIBRAIRIE6 /シス書店 (東京)
☆LIBRAIRIE6/シス書店 第10回企画〜赤木仁「夜見るモノ」展☆〜アンコール
4/15(日)まで
恵比寿のギャラリーLIBRAIRIE6/シス書店にて2月15日〜3月11日に行われた赤木仁個展のうち4点が好評に付き常設展に混ざって同ギャラリーに4/15(日)まで飾られています。

・国立新美術館 (東京)
「 大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年 」
4月25日(水)〜7月16日(月・祝)
エルミタージュ美術館はロシアのサンクトペテルブルクに位置し、ロマノフ王朝の歴代皇帝の宮殿からなる建物と、300万点を超える所蔵作品とが見事な調和を織りなす、世界有数の美術館。本展覧会では16世紀から20世紀初頭における西欧美術の「顔」ともいうべき名作全89点を紹介。特に注目されるのは、マティスの《赤い部屋(赤のハーモニー)》。東京では実に約30年ぶりの展示となります。

・細見美術館 (京都)
琳派展14 生誕250年記念展「酒井抱一と江戸琳派の全貌」
4月10日(火)〜5月13日(日)
本展では、浮世絵に始まる抱一の琳派傾倒以前の初期作から、最も得意とした華麗で写実的な花鳥図の数々、出家後に手掛けた仏画の優品など、抱一の多岐にわたる作品を展示いたします。また抱一の有力な弟子、鈴木其一、池田孤邨らを始め、百年以上にわたる江戸琳派の活躍の軌跡も辿ります。総点数 約130点。


今月の 職人技の光るおすすめの「作品」情報は 
・フィオレンティーナペストリーブティック「チェリータルト」
初夏の訪れを知らせるメチェリーモは、旬の期間が短く、楽しめる期間はわずかです。この時期にしか食べられない旬のチェリースイーツをお楽しみください。

・MoMA デザインストア「ニットウェア カップ」
瀬戸の成形職人の手によって、陶器の表面にケーブルニットやラタンの編み模様をリアルに再現しています。見た目に暖かいイメージのテクスチャーと、手に取った時のひんやりとなめらかな陶器の質感の決定的な違いは、生活を彩る楽しいフェイク。

・マリアージュ フレール「サクラ2012 -グリーンティー& ホワイトティー」
ヴィンテージ2012 の緑茶は、シルバーに縁どられたイエローカラーの桜が華やかに舞うデザインで登場。そして白茶は、黄金に輝く艶やかな大輪の桜をまとう、官能的なデザイン。口に含めばこのお茶は生き生きとし、贅沢でエレガントな味わいを醸し、清々しく甘さに満ちた花の香りが豊かに広がっていく

・老松 「橙糖珠(だいとうじゅ)」
金柑を約10日間、毎日糖度を少しずつ上げた蜜に入れ替えて蜜漬けにしてから、すり蜜漬けにしています。「すり蜜」は、砂糖を溶かして、長い時間をかけて白くなるまですりこぎで擂って作られます。洋菓子ではfondanと言われるもので、明治期に「本山(ほんざん)」と訳され、現在もその名称で呼ばれています。お茶事の八寸の山のものにもお使いいただけます。

以上 このインフォメーションをご紹介させていただきます。
くわしくは webmagazine kimbou HOMEページヘ いこう!


[Interview]
About our interview's guest of this Month, April.2012 :
Sebastien Gaudard ( Patisserie des Martyrs deSebastien Gaudard )
We have the French interview via email.
Please check out his voices.For a must-see Sweets lovers!

The another one :
HUANG AKI ( chugokuchakan muchakucha )
We have the Japanese interview via email.
Please check out her voice.For a must-see Chinese tea lovers!

[Interview:riscope]
About our riscope's interview guest of this Month, April.2012 :
Naoko SAKURABAYASHI ( SAC about cookies )
We have the Japanese interview via email.
Please check out her voices.For a must-see Sweets lovers!

The another one :
Reiko OKADA ( GALERIE Noyau )
We have the Japanese interview via email.
Please check out her voice.For a must-see Art lovers!

[story and Essay]
About our Creation's pages of this Month, April.2012 :
Zin AKAK (Painter)「Atama ippai no shika no hanashi」The 15 stories.Please check out his short serial story.For a must-see Art lovers!

Yukiko YAMAGUCHI(Illustrator)「Fiorera 」The 16 pages.Please check out her short serial story.For a must-see Art lovers!


[Exhibition] Informations:
SHOHAKU SHOCK!!
Venue: Chiba City Museum of Art
Period: 10th. April.[Tuesday] ~ 20th.May.[Sunday]
Hours: 10:00 to 18:00 Friday and Saturday are 10:00-20:00
Last admission: 30 minutes before closing
Admissions:¥1,000〜

KATAGAMI Style
Venue: MITSUBISHI ICHIGOKAN MUSEUM, TOKYO
Period: 6th. April.[Friday] ~ 27th.May.[Sunday]
Admissions:¥1,400〜
Hours: Wed.-Fri.: 10:00-20:00; Tue., Sat., Sun., and hol.: 10:00-18:00
(Last ent30 minutes prior to closing time.)

Les artistes photographi市 par leurs contemporains
Venue: MITAKA CITY GALLERY OF ART
Period: 14th.April.[Saturday] 〜24th. June.[Sunday]
Hours: 10:00 to 20:00 Last admission is 30 minutes before closing.
Admissions:¥600〜

Zin AKAKI's Exhibition YORUMIRUMONO~Encore
Venue:LIBRAIRIE6 , TOKYO
Period: 〜15th. April.[Sunday]
Hours: Wed.-Sat.12:00-19:00; Sun. 12:00-18:00
Admissions:free

400 Years of European Masterpieces from the State Hermitage Museum
Venue: THE NATIONAL ART CENTER, TOKYO
Period: 25th.April.[Wednesday] 〜16th. July.[Monday・holiday]
Hours: 10:00 - 18:00 (Fridays 10:00 - 20:00)
Last admission: 30 minutes before closing
Admissions:¥1,500〜

・<b> Celebrating the 250th Anniversary of Sakai Hoitsu's Birth Sakai Hoitsu and the Edo Rimpa School </b>
Venue: HOSOMI MUSEUM
Period: 10th.April.[Tuesday] 〜13th. May.[Sunday]
Hours: 10:00 - 18:00
Last admission: 30 minutes before closing
Admissions:¥1,000〜


[Work's]
WORK'S Informations:
Cherry Tarte  Fiorentina Pastry Boutique_Grand Hyatt Tokyo(Roppongi Hills)
Knit Wear Ceramic Cup MoMA DESIGN STORE
SAKURA 2012 ー green tea & white tea MARIAGE FRERES  
daidoju oimatsu(KYOTO)

............................................................................................etc

Go to webmagazine kimbou:on line free paper !
TOP URL:http://homepage3.nifty.com/rispairka/shopindex.html



TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka