2012.03.10 号 について(Japanese and English)
・今月のゲスト・インタビューは兵庫県三田市・パティシエ エス コヤマの小山進さん。1500坪の敷地の中に四季折々の草花を楽しめるガーデンをはじめ、店舗計画からパッケージに至るまで五感すべてで楽しめる空間づくりを行っている。2011年パリで行われた世界最大のショコラの祭典「サロン・デュ・ショコラ」に出展され、初出展ながらも、日本人初の外国人部門最優秀ショコラティエ賞を獲得したという今話題のパティシエだ。米こうじ味噌、黒大豆醤油、京番茶のショコラ等日本古来の味とショコラとのマリアージュで独自の味を展開されている。

・もう一人のゲスト・インタビューはミュージシャンの青山陽一さん。昨年5 年ぶりの待望のニュー・アルバム「ブルース・フォー・トマト」を発売。ブルースやソウル、ファンクをベースにしつつも、オルタナ〜ポスト・ロック以降の世代や、邦楽リスナーもすんなりと受け入れられるロック、ポップ・ソングを作り上げるその才能、センスはまさしく唯一無二。「日々精進しているのでとにかくライブに来てください」と自他共におすすめなのがライブだ。そのラッシュが今月3月と、4月に来る。是非生演奏を聴きにライブに行ってみよう。


・リトルモアから出版された「あたまいっぱいの鹿」も好評発売中の画家・赤木仁の「あたまいっぱいの鹿のはなし」第十四回目。絵もお話も赤木仁です。

・webmagazine kimbouの編集もするイラストレーター、山口由起子の「ふぃおれら」15ページ目。日々普通の話を綴っていくページの連載。


今月の展覧会情報は
ブリヂストン美術館(東京)
あなたに見せたい絵があります。─ブリヂストン美術館開館60周年記念
3月31日(土)─ 6月24日(日)
今年1月に開館60年を迎えたブリヂストン美術館と石橋美術館が所蔵する絵画の代表作品を約100点を一堂に集めた特別展。

島根県立美術館(島根県)
くらしとデザイン『暮しの手帖』花森安治の世界
4月9日(月)まで
現在も広く愛され続ける雑誌『暮しの手帖』の生誕100年を記念し、花森安治氏の入稿原稿として制作された作品の数々が公開、その魅力の全貌が展示される。

国立新美術館(東京)
セザンヌーパリとプロヴァンス
3月28日(水)ー 6月11日(月)
本展は、セザンヌの芸術的創造の軌跡を、北と南の対比という新たな視座から捉えなおそうという画期的な試みです。

金沢21世紀美術館 (石川県)
モニーク・フリードマン展
3月20日(火) まで
モニーク・フリードマンのこれまでの代表作から、本館の建築空間との対話で生まれた新作インスタレーションまで、計13点の作品が展示される。明るく白に満ちた本館の空間に、フリードマンは独自の色と光を放ち、我々の心と空間に不思議な余韻を残すことでしょう。


ワシントン・ナショナル・ギャラリー(アメリカ)
色彩の世界:伊藤若冲 日本花鳥画展1716ー1800
3月30日(金)ー4月29日(日)
本展は、伊藤若冲の「動植綵絵」と題された花鳥画作品30幅を紹介するものです。日本国外で全作品が一堂に展覧されるのは初めてのことです。また、本来の宗教的な背景を理解してもらうために、京都の相国寺承天閣美術館に所蔵される若冲の釈迦三尊像(「釈迦如来像」「文殊菩薩像」「普賢菩薩像」)もあわせて展示します。


今月の 職人技の光るおすすめの「作品」情報は 
Pernod Ricard Japan(ペルノ・リカール・ジャパン)「サンデマン トウニーポート
チョコレートとの相性が良いと今話題のワインですが他にもクレーム・ブリュレやタルト・タタンのようなキャラメルを使ったデザート、またはロックフォールのような強いブルーチーズと良く合います。少し冷やしてストレートまたはロックでお楽しみください。

一保堂茶舗極上ほうじ茶手付きぬり缶箱
ほうじ茶だけでいただいても十分ですが、味の濃いお菓子と合わせると口の中を すっきりとさせてくれます。和菓子のような豆の甘さにも、バターが効いた香ばしいサブレなどの洋菓子にも相性が良くお茶の時間におすすめです。

宝泉堂本店千代木
バター等がはいっていないのに香ばしくサクサク軽い食感に焼き上げられた上品な甘さのお菓子です。

資生堂パーラーミロワール ドゥ ロオジエ
M.O.F.の称号を持つジャック・ポリーとレストランロオジエのシェフパティシエ谷田代のコラボレーション。レストランでしか楽しめなかった味が資生堂パーラーでお求めいただけます。

エシレ・メゾン デュ ブールケーク オランジュ
知る人ぞ知る究極のバター。そのバターと粉・卵・砂糖をほぼ同量使用した、素材の良し悪しがそのまま現れる四同割のパウンド ケーキ。"ケーク オランジュ"は ほろ苦オレンジが少々大人の味わい。柑橘類がお好きの方におすすめのケーキです


以上 このインフォメーションをご紹介させていただきます。
くわしくは webmagazine kimbou HOMEページヘ いこう!


[Interview]
About our interview's guest of this Month, March.2012 :
Susumu KOYAMA ( PATISSIER es KOYAMA )
We have the japanese interview via email.
Please check out his voices.For a must-see Sweets lovers!

The another one :
Yoichi AOYAMA ( Musician )
We have the Japanese interview via email.
Please check out his voice.For a must-see Music lovers!


[story and Essay]
About our Creation's pages of this Month,March.2012 :
Zin AKAKI (Painter)「Atama ippai no shika no hanashi」
The 14 stories.Please check out his short serial story.For a must-see Art lovers!

Yukiko YAMAGUCHI (Illustrator)「Fiorera 」
The 15 pages.Please check out her short serial story.For a must-see Art lovers!


[Exhibition] Informations:
Bridgestone Museum of Art at Sixty: You've Got to See These Bridgestone Museum of Art
Venue: Bridgestone Museum ( TOKYO ) 
Period: 31th. March.[Saturday] 〜 24th.June.[Sunday]
Hours: 10:00 to 18:00 Friday (except for holidays) is 10:00-20:00
Admissions:800 yen〜

Living and Design"Kurashi-no-Techou" The world of Yasuji Hanamori
Venue: SHIMANE ART MUSEUM ( SHIMANE )
Period: 〜9th. April. [Monday] Admissions:1,000yen 〜
Hours: 10:00 - 18:30 (Last admission to the art galleries is 30 minutes before closing time).
From March - September the closing time will be extended to 30 minutes past sundown.

Cezanne.Paris-Provence
Venue: The National Art Center, Tokyo
Period: 28th.March.[Wednesday] 〜11th. June.[Monday]
Hours: 10:00 to 18:00 (Friday -20:00) Last admission is 30 minutes before closing.
Admissions:1,500yen 〜

Monique Frydman
Venue:21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa
Period: 〜20th. March.[Tuesday]
Hours: 10:00 to 18:00 (Fridays and Saturdays 〜20:00) Admissions:1,000 yen 〜

Colorful Realm: Japanese Bird-and-Flower Paintings by Ito Jakuchu
Venue: National Gallery of Art (United States)
Period: 30th.March.[Friday] 〜29th. April.[Sunday]

[Work's]
WORK'S Informations:
Sandeman _TAWNY PORTO   Pernod Ricard Japan

Hojicha_Extra-Large Can IPPODO TEA

CHIYOKI HOUSENDO

MIROIR DE L'OSIER SHISEIDO PARLOUR

Cake orange MAISON DU BEURRE ECHIRE


...........................................................................................etc

Go to webmagazine kimbou:on line free paper !
TOP URL:http://homepage3.nifty.com/rispairka/shopindex.html

TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka