2011.06.10 号 について(Japanese and English)
・今月のゲスト・インタビューはパティシエで、ル・コルドン・ブルー東京・代官山校教授の パトリック・ルメル さん。フランス・ノルマンディー出身。若くから地元で修行を積み1988年からパリのメゾン・カイザーでシェフとして7年間、他多くの新店舗のオープニング、新しい菓子のコレクションの開発で活躍。お菓子のモダンなデザインや、ジャスミン、ヒナゲシ、野バラ、ラベンダー、スミレといった花の香りをお菓子の味とを融合させることにも興味を持つ彼のお菓子はル・コルドン・ブルー東京・代官山校のラ・ブティックで味わえます。そして ル・コルドン・ブルー東京・代官山校の教授であり直接レッスンも受けられます。詳しい事は問い合わせを。お忙しい中メール・インタビューにお答えいただきました。(フランス語/日本語)

・そして先月からひきつづき ゲスト・インタビューはショコラティエ、パティシエのフランソワ・プラリュさん。今号では日本語版インタビューを公開します。フランソワさんの たくさんの楽しいお話です。

・素敵なお店にいる人に素敵な場所を聞くページ「riscope」
今月は三軒茶屋 klala(クララ)滝沢緑さんです。現在 mina perhonen 白金台ショップスタッフとして働きながら北欧雑貨klalaのお店に立つ滝沢さん。6年前、趣味で始めたネットショップが きっかけでお店を始めたそんな彼女の素敵な場所についての楽しいお話です。

・リトルモアから出版された「あたまいっぱいの鹿」も好評発売中の画家・赤木仁の「あたまいっぱいの鹿のはなし」第五回目。絵もお話も赤木仁です。

webmagazine kimbouの編集もするイラストレーター、山口由起子の「ふぃおれら」5ページ目。日々普通の話を綴っていくページの連載。

今月の展覧会情報は  
京都市美術館
フェルメールからのラブレター展 6月25日ー10月16日
2011年、未だかつて観ることができなかったフェルメール作品が日本にやって来ます。現在アムステルダム国立美術館で修復作業が行われている手紙を読む青衣の女が修復後、世界初公開。この作品はアジアにおいての展示も初公開となり、まさに歴史的来日を果たします。この機会にぜひオランダ絵画の魅力に触れてください。

金沢21世紀美術館
サイレントエコーコレクション展1 7/18(月・祝)まで
「芸術のありかた」そして「創造することの意義」がテーマ。マッカラーズの『心は孤独な狩人』を参照しつつ、展覧会の核となるツェ・スーメイの代表作エコーを含む、作家11人による12点の作品で構成される展覧会。

サントリー美術館
開館50周年記念「美を結ぶ。美をひらく。」ー不滅のシンボル 鳳凰と獅子 7/24(日)まで
古代から現代まで、グローバルに展開する鳳凰と獅子のイメージの変遷を、絵画や工芸、染織などの貴重な作品によってたどります

大阪市立近代美術館展覧会
海と水のものがたり ーシニャック、福田平八郎から杉本博司まで
 6/19(日)まで
大阪市立近代美術館のコレクションを中心に、19世紀から現代までの国内外の作家による、水を題材とした絵画、写真、彫刻、版画など、約60点を展示。水と深いつながりがある都市、大阪でその縁深い「水」をテーマにさまざまなイメージ、水と美術の展覧会。

今月の 職人技の光るおすすめの「作品」情報は 
ル・コルドン・ブルー東京代官山校 サブリナ・レッスン「桃のシャルロット」
ふわふわのキュイエール生地に新鮮な桃のポワレと桃のムースを組みあわせた「桃のシャルロット」。ル・コルドン・ブルーでは、本科の授業以外にも、様々な単発の講座が開講されています。本格的なフランス料理・菓子・パンを楽しむためのサブリナレッスン(1日授業)をご紹介。

ル・ラボ 代官山「フレグランス・キャンドル
ソイワックス100パーセントのハンドメイド・フレグランス・キャンドル。香りは全部で7つ。
ラベルには名前やメッセージが印字できるのも人気のひとつ。

株式会社 イスルギ・soil「SOAP DISH 」
左官の技術や材料を用いてつくられたプロダクト。保湿性や吸水性に優れ、呼吸する素材としても注目される土の特性をそのままに、自然の恵みを凝縮させたナチュラルで心地のよいデザインが特徴です。皮膚の弱い方にも安心してお使いいただけ、リサイクル性に富んでいます。

みなさまへ:
・節電のため、6月も縮小版とさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、皆さまのご理解とご協力をお願い致します。
・美術館情報等は地震の影響により、予告なく開館時間が変更する場合がございます。
お出掛けの際は必ずオリジナルホームページにてご確認ください。

このインフォメーションをご紹介させていただきます。
くわしくは webmagazine kimbouハ HOMEページヘ いこう!


About our interview's guest of this Month,June :
Patrick LEMESLE(Le Cordon Bleu)
We have a Japanese interview and a French interview via email.
Please check out his voice.For a must-see Sweets lovers!

It's an interview of Japanese language via email.
Francois Pralus (Francois Pralus)
This month, we have a Japanese interview.
Please check out his interview. For a must-see Sweets lovers!

And
It's an interview of Japanese language via email.
Midori TAKIZAWA (klala)
This month, we have a Japanese interview.
Please check out her interview. For a must-see Northern Europe lovers!


About our Creation's pages of this Month, June ハ:
Zin AKAKI(Painter)「Atama ippai no shika no hanashi」The 5 stories.
Please check out his short serial story.For a must-see Art lovers!

Yukiko YAMAGUCHI
(Illustrator)「Fiorera 」The 5 pages.
Please check out her short serial story.For a must-see Art lovers!


Exhibition Informations:
Communication:Visualizing the Human Connection in the Age of Vermeer.
Kyoto Municipal Museum of ART

25th June [Saturday ]- 16th October [Sunday]

silent echoes collection 1
21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa.
- 18th July [Monday]

50th Anniversary Commemorative Exhibition"Art revisited, beauty revealed"2,
Symbols of Immortality: The Phoenix and the Lion.
SUNTORY MUSEUM of ART
- 24th July [Sunday]

Expressing Ocean and Water in Modern Art
- Paul Signac, Fukuda Heihachiro, Sugimoto Hiroshi and others
Osaka city museum of modern art
-19th June [Saturday ]


WORK'S Informations:
・LE CORDON BLEU_Charlotte aux peche Lecon de Sabrina

・LE LABO_Fragrance candle

・soil_SOAP DISH
......................................................................etc
Go to webmagazine kimbou interview's page !
TOP URL:http://homepage3.nifty.com/rispairka/shopindex.html


TOPページ
許可のない転載、再発行を禁止します。LINKはTOPからお願いします。その前にご一報願います
No reproduction or republication without written permission.If you wish to link to this website please E-mail us first.
contact us : webmagazinekimbou:on line free paper :This site is maintained by Zin Akaki and Yukiko Yamaguchi.
Studio Ris pa irka